まめ知識

日本通信とU-mobileがソフトバンクの格安SIM販売開始、データ通信専用1GBで880円より

投稿日:2017年2月1日 更新日:

U-mobile S 「ソフトバンク回線の格安SIM」

ソフトバンク回線を使った格安SIMがやっと登場しました。

日本通信とソフトバンクの合意により実現したソフトバンクMVNOですが、日本通信(b-mobile)での直販もあるものの、実質的にはU-mobileとの連携による多店舗展開が主軸となる模様です。

現時点では、音声通話機能なし、SMS機能なしの「iPhone/iPad向けデータ通信専用SIM」のみの提供となりますが、プレスリリース他機種・音声通話SIMなども追って発売と読み取れます。

まずは、ソフトバンクのSIMロックが掛かったiPadユーザー向けの製品発表と言えます。

本日(3/22)時点では、日本通信による「b-mobile 開幕SIM」と、U-mobileによる「U-mobile S」としてウェブ販売が行われており、同日より販売開始をアナウンスしていたスマモバは公式サイトでのアナウンスがありません。


U-mobile S 料金プラン

初期費用

初期費用として以下のものが必要です。

費用項目 費用
事務登録手数料 3,000円
SIM発行手数料 384円

料金プラン

3/22より提供されるソフトバンクSIMは、「データ通信専用SIM」となります。

SMS機能付のデータ通信SIMや、音声通話SIMの提供はありません。

プラン(データ通信専用) 月額料金
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

現時点でのU-mobile Sは「プラン変更」ができません。契約時のデータプラン(通信容量)に不都合(不足や余り)があれば「解約→新規」となります。

また、プランのデータ容量を使い切った場合の通信速度は低速通信(200Kbps)に制限されますが、高速通信と低速通信の切り替えや、月の余ったデータ通信容量を翌月に繰り越すなどのサービスも(現時点では)ありません。

まだまだ始まったばかりのサービスなのでこれからのサービス拡充に期待したいところです。

対応機種(パッケージ情報)

ソフトバンク版iPhone ソフトバンク版iPad(Wi-Fi+Cellularモデル)
対応機種 iPhone5/5S/5C
iPhone6/6Plus
iPhone6S/6S Plus
iPhone7/7Plus
iPhoneSE
iPad Air
iPad Air2
iPad mini(Wi-Fi+Cellular)
iPad mini3
iPad mini4
iPad mini Retina
iPad Pro
iPad Pro 9.7インチ
iPad
iPad2
iPad3
iPad4(Wi-Fi+Cellular)
SIMサイズ ナノSIM ナノSIM マイクロSIM

U-mobile S まとめ

公式サイト記載事項および諸情報をまとめてみます。

U-mobie S注意点

  • 現時点では、SMS機能なし、音声通話機能なし
  • 縛りなし、最低利用期間・解約違約金なし
  • (3日制限などの)短期速度制限なし
  • 余ったデータの翌月繰越なし
  • テザリングの利用不可
  • 低速通信時200Kbps、追加チャージ不可

他社比較

DMMモバイル・イオンモバイルと比較

U-mobile Sは初めての「ソフトバンク回線を使った格安SIM」であり、SIMロック解除ができないソフトバンクiPhone/iPadをご利用の方にとっては唯一のサービスなので、他社比較はあまり意味はないと思いますが、値ごろ感としての確認のため、U-mobile Sと同容量程度のプランを持っている「DMMモバイル」と「イオンモバイル」を比較してみます。

データ容量 U-mobile S DMMモバイル イオンモバイル
1GB 880円 480円 480円
3GB 1,580円 850円 -
4GB - - 980円
7GB 2,980円 1,860円 -
8GB - - 1,980円
20GB - 3,980円 3,980円
30GB 4,980円 - 5,380円

低・中容量(1GB/8GB)までは少々高いな、という感じですが、大容量の30GBプランであれば、DMMモバイルの20GBプランやイオンモバイルの30GBプランと比べてもお得な値段になっています。

ただ、テザリングができないことや余ったデータを翌月繰越できないこともあり、いきなり大容量プランを選択するのも勇気がいる気がします。

ソフトバンクと比較

ソフトバンクでは「データ通信SIMのみ契約」ができませんが、iPhone向け料金プランからデータ定額サービスの料金と比較してみます。

データ容量 U-mobile S ソフトバンク
データ定額サービス
1GB 880円 2,980円
2GB - 3,500円
3GB 1,580円 -
5GB - 5,000円
7GB 2,980円 -
30GB 4,980円 8,000円

さすがにソフトバンクとの比較においては、圧倒的にU-mobie Sの安さが光ります。

お手持ちの(旧型の)iPhone/iPadを甦らせるには、唯一のサービスだと言えます。

ソフトバンク格安SIMまとめ

SIMロック解除できる場合

料金的にもドコモ系格安SIMと比べると、やはり割高となっています。

また、サービス内容についてもパケットの翌月繰越・不足時の追加チャージ、高速・低速切替など、ドコモ系格安SIMのサービスにまだ追いついていない状況です。

SIMロック解除ができるiPhone/iPadであれば、ソフトバンク回線の格安SIMを利用する必要はあまりないと考えられます。

SIMロック解除できない場合

一方で、SIMロック解除ができないiPhone6/6Plus以前の場合、かつて使っていたiPhoneを蘇えらせたい場合にはやっと選択肢ができたという状況です。

本家ソフトバンクと比べても圧倒的に安くでデータ通信が利用可能となります。

音声通話とサービス向上に期待

iPhone6/6Plusの2年契約が終了する人が出てきています。

今後、本格的に普及するのは、音声通話SIMが提供されてからとなるでしょう。また、ドコモ系含めて、今後のサービス向上にも期待したいところです。



-まめ知識

Copyright© 格安スマホのマニュアル , 2018 All Rights Reserved.