docomo with(ドコモウィズ)とセットでお得なドコモ光のセット割と、速くて安いドコモ光を徹底解説

ドコモ光

ドコモのスマホをお使いの方が、自宅のネット回線もドコモ光にすると毎月最大3,500円もの割引「ドコモ光セット割」を受けることができます。

ドコモ光というサービスはフレッツ光回線を使ったサービスをドコモのブランドで提供している光回線サービスなので、現在フレッツ光回線をお使いの方はプロバイダーをドコモ光対応プロバイダーへ変更することで、このお得なドコモ光セット割を受けることができるようになります。

この記事では、ドコモ光の対応プロバイダーとドコモ光セット割の割引の仕組みを詳しく説明しています。


「ドコモ光」とは

フレッツ光の高速回線

「ドコモ光」とはドコモのブランドで提供しているフレッツ光を使った自宅光ネット回線で、ドコモの携帯・スマホをご利用の方が申込できる自宅ネット回線です。

ドコモと提携したプロバイダーがフレッツ光回線を「ドコモ光」という商品としてサービスを提供しています。

よって、「ドコモ光」と言っても多くのプロバイダーがドコモ光を提供している一方で、毎月の請求はドコモから携帯・スマホの代金と一緒に請求されます。

つまり、サービス提供は提携プロバイダー、契約と請求はドコモ、となります。

ドコモ光の料金の仕組み

このように、ドコモ光は多くのプロバイダーがサービス提供していますが、料金はドコモが定めた統一料金でありどのプロバイダーを使っても同じ料金となります。

ただし、ドコモが定めた料金体系は「タイプA」「タイプB」「タイプC」「独立タイプ」という4つの料金タイプがあり、ドコモ光の提供プロバイダーごとにどれかの料金タイプに属しています。

ドコモ光の料金タイプ

ドコモ光「タイプA」と「タイプB」

ドコモ光の「タイプA」と「タイプB」はどちらもフレッツ光回線を使った同じサービスとなります。

ドコモとプロバイダー間の契約によって「タイプA」または「タイプB」のどちらかに属しており、同じサービスでも「タイプA」の方が安い月額料金に設定されています。

「タイプA」対応プロバイダー

ドコモ光「タイプA」対応プロバイダーは以下の通りです。
ドコモ光「タイプA」対応プロバイダー

「タイプB」対応プロバイダー

ドコモ光「タイプB」対応プロバイダーは以下の通りです。
ドコモ光「タイプB」対応プロバイダー

ドコモ光「タイプC」

ドコモ光には「タイプC」という料金タイプの回線サービスがあります。

ドコモ光「タイプC」は、ドコモが地域ケーブルテレビ系の会社と提携して展開しているドコモ光であり、一部を除きフレッツ光ではなくケーブルテレビの回線を使ったネット回線となります。

料金的には「タイプA」と同じ料金で安い設定となっているものの、ケーブルテレビ系であることから地域限定であったり回線品質がフレッツ光回線に劣るなどの理由から、限られた条件の方へ向けたサービスとなります。

「タイプC」提携ケーブルテレビ

ドコモ光「タイプC」として提携している地域ケーブルテレビ系のネット回線サービスは以下の通りです。
ドコモ光「タイプC」対応プロバイダー1
ドコモ光「タイプC」対応プロバイダー2

ドコモ光「単独タイプ」

ドコモ光には「単独タイプ」という契約形態もあります。

この「単独タイプ」はドコモ光の例外的な存在だといえます。

ドコモ光は多くのプロバイダーが提供しているサービスですが、プロバイダーサービスと回線サービス(フレッツ光回線)の両方をドコモが提供する契約となります。

「単独タイプ」はプロバイダーサービスのみドコモと契約し、回線サービス(フレッツ光回線)は別途NTT東西との契約となります。

どの料金タイプを選ぶべきか

このように、ドコモ光には「タイプA」「タイプB」「タイプC」「単独タイプ」の4つがありますが、まずはフレッツ光の高速回線をつかい料金も安い「タイプA」のプロバイダーから選ぶべきです。

「タイプB」は「タイプA」と同じサービスながら、ドコモとの契約により「タイプA」よりも少し月額料金が高くなっています。

「タイプC」はフレッツ光回線ではなく、地域ケーブルテレビ系のネット回線なので、すでにお住まいの場所にケーブルテレビが導入されており、かつ賃貸契約の事情等によりフレッツ光回線の工事ができない場合などに限り、利用するべきでしょう。

また「独立タイプ」は一見料金が安く見えますが、別途フレッツ光回線の利用料金をNTT東西へ支払う必要があるため、かなりの割高となります。

ドコモ光はフレッツ光の高速・高品質回線を使い、料金も最も安い「タイプA」から選ぶべきです。

ドコモ光の契約の仕組み

ドコモの携帯・スマホ契約が必要

ドコモ光はドコモがドコモの契約者向けに提供しているネット回線サービスです。

そのため、ドコモ光の申し込み時にはドコモの契約がある電話番号が必要となります。

一方で、ドコモのスマホとドコモ光をセットで使っていた人がドコモのスマホを解約しても、料金はかわらずそのまま使い続けることはできます。

ただし、当然ながら「ドコモ光セット割」の適用はありません。

ドコモ光の申し込みは店頭またはネット

ドコモ光の申し込みは実店舗またはネットでの申込となります。

実店舗で申し込む場合、ドコモショップで店員と相談しながらプロバイダーを選ぶことができる一方で、多くの場合にはドコモ自体がプロバイダー運営している「ドコモnet」での契約となるか、または現在お使いのプロバイダーがドコモ光を提供している場合にはそのプロバイダーへと誘導されます。

ネットで申し込む場合には、ご希望のプロバイダーからドコモ光を申し込むことになります。メリットとしてはプロバイダーがネット限定で提供しているお得なキャンペーン(キャッシュバックやルーター無料提供など)のサービスを受けることができます。

基本料金はドコモからの請求

ドコモ光はドコモブランドとして統一料金になっており、毎月の月額利用料金はドコモから請求されます。

つまり、ドコモの携帯・スマホとドコモ光の月額料金、そしてドコモ光セット割の割引が合算されてドコモから請求される仕組みです。

ただしドコモからの請求は月額基本料金のみであり、プロバイダーの有料オプションを契約している場合にはそのオプション料金はプロバイダーから請求されます。

たとえば、有料のメールアドレスサービス・セキュリティサービス・ルーター等接続機器のレンタル料金、などはプロバイダーからの請求となります。

契約時の「新規契約」と「転用契約」

ドコモ光に限らず、フレッツ光回線を使ったコラボ商品には「新規契約」と「転用契約」があります。

まず、現在ドコモ光をはじめとするフレッツ光回線の契約が無い場合にドコモ光へ申し込む場合には「新規契約」となります。

一方で、現在フレッツ光回線をお使いの方がプロバイダーだけをドコモ光対応プロバイダーへ乗り換えて「ドコモ光」を契約する場合には「転用契約」となります。

つまり、今フレッツ光回線の回線契約が無い場合には「新規」、フレッツ光回線契約がある場合には「転用」といいう申込形態となります。

「転用契約」とは携帯電話で言えば「MNP」にあたります。

現在契約しているフレッツ光回線に対して「転用番号(MNP番号に相当)」をNTTからもらい、その「転用番号」をプロバイダーへ伝えることでフレッツ光回線契約をNTT(または現在お使いのプロバイダー)からドコモ光対応プロバイダーへ移行する仕組みです。

つまり、すでにフレッツ光をお使いの方がドコモ光へ「転用契約」する場合にはNTT東西から「転用番号」をもらう必要があります。

「ドコモ光」のまとめ

速くて安いドコモ光

ドコモ光は多くのプロバイダーがドコモブランドで提供しているフレッツ光回線サービスです。

ここまで説明してきたように基本的な回線サービス自体には違いがないため、フレッツ光回線で料金が安く設定されている「タイプA」対応のプロバイダーから選ぶと良いでしょう。

そのため、「安くて速いドコモ光」は料金タイプ「タイプA」対応のプロバイダーとなります。

さらにプロバイダーごとのお得なキャンペーンやプロバイダーが独自に導入している新技術なども考慮した、「もっとも安くて速いドコモ光」の検討記事については、こちらを参考にしてみてください。

ドコモ光セット割

セット割引の概要

ドコモのスマホ・携帯と自宅ネット回線のドコモ光をセットで使うと「ドコモ光セット割」という割引を受けることができます。

割引額は最大で毎月3,500円となり、スマホ代金から割引されます。

さらにドコモスマホの継続利用期間による「ずっとドコモ割」という割引も合わせて適用されるため、非常にお得な割引サービスとなっています。

ドコモ光セット割の仕組み

ドコモ光セット割はスマホの料金プランによって割引額が変ってきます。

また、契約しているドコモ光が戸建住宅用であっても集合住宅用であっても、割引額は変わりません。

シェアパックの場合の割引額

料金プラン シェア容量 月額料金 ドコモ光セット割
ウルトラシェアパック100 100GB 25,000円 3,500円
ウルトラシェアパック50 500GB 16,000円 2,900円
ウルトラシェアパック30 30GB 13,500円 2,500円

一人で使う場合の割引額

料金プラン シェア容量 月額料金 ドコモ光セット割
ウルトラデータLLパック(30GB) 30GB 8,000円 1,600円
ウルトラデータLパック(20GB) 20GB 6,000円 1,400円

さらに「ずっとドコモ割プラス」

ドコモのスマホを長期利用している方には、利用期間に応じて「ずっとドコモ割プラス」という割引サービスが適用されます。

「ずっとドコモ割」はドコモ携帯・スマホの継続利用期間(年数)によって適用される割引なので、ドコモ光を利用しなくても割引適用されますが、当然ながらドコモ光をご利用の場合には「ドコモ光セット割」と「ずっとドコモ割プラス」が同時に適用されます。

ドコモ光のおすすめプロバイダー

ドコモ光のプロバイダーの選び方

速くて安いドコモ光を選ぶポイント

ドコモ光は多くのプロバイダーがサービス提供していますが、料金体系はドコモが決めた統一した料金プランが適用されます。

そのため、月額料金についてはどのプロバイダーを選んでも料金タイプごとに同じです。

しかし、ドコモ光の料金タイプは複数あり、「速くて安いドコモ光」を選ぶためにはやはりコツが必要です。

安くて速いドコモ光を選ぶ場合には、料金タイプが「タイプA」対応のプロバイダーから選ぶべきです。

「タイプA」のプロバイダーはフレッツ光の高速回線を使ったサービスでありながら、同じサービスの「タイプB」よりも安い月額料金に設定されているからです。

ドコモ光「タイプA」対応プロバイダー

「タイプA」と「タイプB」はどちらもフレッツ光回線の高速回線サービスですが、月額料金が安いのは「タイプA」です。

「タイプA」対応プロバイダーは以下の20社となります。

ドコモ光「タイプA」対応プロバイダー

さらにプロバイダーのキャンペーン特典も検討

ドコモ光の「タイプA」対応プロバイダーは、ドコモ光の中でもっとも安くて速いドコモ光の料金タイプと言えます。

ただし、これは「月額料金に関して同じ料金」となります。

ドコモ光は「タイプA」対応プロバイダーを選んでおけば間違いありませんが、この「タイプA」の中からさらに「安くて速いドコモ光」を検討している以下の記事も参考にしてみてください。

もっとも「速くて安い」ドコモ光

安くて速い「タイプA」対応のドコモ光の中から、プロバイダー独自のキャンペーンや高速化サービスなどまでを比較・検討した結果のおすすめプロバイダー2社をご紹介します。

GMOとくとくBB × ドコモ光

  • ドコモ光のタイプAプロバイダーで料金最安
  • V6プラス標準対応の高速通信
  • V6プラス対応ルーターがレンタル料永年無料
  • 最大15,000円キャッシュバック(必須オプション有)
    他社徹底対抗宣言で「オプションなし」となる(かも)
  • V6プラス対応ルーターは設定済で送付
  • 速くない月(100Mpbsを下回る)は実質100円割引

So-net × ドコモ光

  • ドコモ光のタイプAプロバイダーで料金最安
  • V6プラス標準対応の高速通信
  • V6プラス対応ルーターがレンタル料永年無料
  • 現金15,000円キャッシュバック
  • V6プラス対応ルーターは自動設定機能つき



投稿日:2018年8月26日 更新日:

Copyright© 格安スマホのマニュアル , 2018 All Rights Reserved.