mineoへ乗り換え

au版iPhone6で使える格安SIMは?今ならmineo(マイネオ)の「非VoLTE SIM」で蘇ります!

らくSIM マイネオ
昔、auで購入したiPhone6をお持ちの方は現在はWiFi専用機として使っていますか?

iPhone6の時代にはまだSIMロック解除ができなかったので、au版のiPhone6/6 PlusはauのSIMでしか使うことができません。

そして格安SIMが人気となった現在、au版iPhone6/6Plusで使えるau回線の格安SIMはなくなってしまうかもしれません。

この記事では、au版iPhone6/6Plusをお持ちの方に向けて、お持ちのiPhone6/6Plusを格安SIMで使うための情報をまとめています。

au版iPhone6が使えるのはmineoだけ
契約できるうちに契約しておこう!
mineo(マイネオ)

au版iPhone6/6Plusの残念な特徴

SIMロック解除ができない

au版のiPhone6/6PlusはSIMロック解除ができません。au版に限らず、ドコモ・ソフトバンク版でもiPhone6/6Plusの時代にはSIMロックの解除ができません。

つまり、au版iPhone6/6Plusを格安SIMで使いたいと思ったときには、au回線の格安SIMから選ぶことになります。

auの古い通信規格(非VoLTEモデル)

auの回線サービスには古い通信規格と新しい通信規格が混在していて、それぞれ別のSIMが提供されています。

新しい通信規格はデータ通信も音声通話も4G(LITE)で行う「VoLTE SIM」です。

古い通信規格はデータ通信は4G(LTE)で行い、音声通話は3Gで行う「非VoLTE SIM」です。

そして、au版iPhone6/6Plusは、この2つの通信規格のうちの古い規格である「非VoLTE SIM」しか使えないスマホです。

au版iPhone6/6Plusを格安SIMで使うための条件

現在となってはとても残念なiPhone6/6Plusの特徴は以下の2つです。

  • SIMロック解除ができないのでau回線しか選べない
  • しかもauの古い通信規格「非VoLTE SIM」でしか通信できない

このため、auの古い通信規格「非VoLTE SIM」を提供している格安SIMならau版iPhone6/6Plusで使用することができます。

そして、現在(2019年11月時点)で「非 VoLTE SIM」を提供しているau回線の格安SIMはmineo(マイネオ)のau回線(Aプラン)だけしかありません。


\au版iPhone6が使えるのはmineoだけ!/

mineo(マイネオ)を申し込む

契約できるうちに契約しておこう!


auの2つの通信規格「非VoLTE SIM」と「VoLTE SIM」

auのVoLTE SIMとは

auの現在の主流となっている通信方式は「au VoLTE」です。

「au VoLTE」の規格は、データ通信も音声通話も4G(LTE)で通信します。

4G(LTE)の大容量・高速なデータ通信と、クリアで聞き取りやすい音声通話VoLTE(Voice Over LTE)が利用できる規格で、今後はすべてのスマホが「au VoLTE」対応スマホへとなっていきます。

この「au VoLTE」対応スマホが使用するau回線のSIMを「au VoLTE SIM」と言います。

auの「非VoLTE SIM」とは

一方で少し古いauの通信規格に対応したSIMが「非VoLTE SIM」です。

名前の通り「非VoLTE」なので音声通話にVoLTE(Voice over LTE)は使えず、音声通話は3Gによる通信となります。データ通信は4G(LTE)です。

「非VoLTE SIM」は終了の方向で進んでいる

auは早くからこの「非VoLTE」の通信規格を終了させ「VoLTE」へ統一する方向性を示しています。つまり、今後「非VoLTE」の通信サービスは終了していく方向で、よってau本家でも格安SIMでも「非VoLTE SIM」の入手は困難となっていきます。

au本家ではすでに「非VoLTE SIM」の提供を終了しています。

また、格安SIMでもUQモバイルとmineo(マイネオ)が非VoLTE SIMを提供していましたが、UQモバイルでは2019年9月30日で「非VoLTE SIM」の新規受付を終了しました。

よって、現在「非VoLTE SIM」を契約できるのはmineo(マイネオ)だけとなってしまいました。

au「非VoLTE SIM」しか使えないau版iPhoneは?

auが販売しているiPhone

auではiPhone4SからiPhoneの取り扱いを開始しました。

iPhone4Sに始まり、最新のiPhone11に至るまでの「非VoLTE対応」「VoLTE対応」をまとめると、以下のようになります。

モデル VoLTE対応状況 備考
iPhone11 VoLTE対応
iPhoneXR/XS VoLTE対応
iPhoneX VoLTE対応
iPhone8 VoLTE対応
iPhone7/7Plus 非VoLTE対応 SIMロック解除すれば「VoLTE対応」
iPhoneSE 非VoLTE対応 SIMロック解除すれば「VoLTE対応」
iPhone6S/6S Plus 非VoLTE対応 SIMロック解除すれば「VoLTE対応」
iPhone6/6Plus 非VoLTE対応 SIMロック解除不可
iPhone5/5S 非VoLTE対応 SIMロック解除不可
iPhone4S 3G専用機のため利用不可 SIMロック解除不可

au版iPhone4Sは3G専用スマホ

iPhone4Sは時代的にまだ3G通信時代のスマホなので「3G専用スマホ」となります。au版iPhone4Sも3G専用スマホです。

このため、現在auの3Gデータ通信サービスは終了してしまったので、au版iPhone4Sで使用できる通信サービス(SIM)はありません

au版iPonne5/5Sは「格安SIMで使うのは現実的ではない」

au版iPhone5からは4G(LTE)対応となりました。しかし、iPhoneの仕様上、auの4G(LTE)にはほとんど対応できておらず、主に3G通信が中心となっています。

このため、au版iPhone5/5Sはau版の「非VoLTE SIM」を使って通話(3G)・通信(4G)が使えますが、あまり現実的ではありません。

また、iPhone5/5Sは使用上SMS(ショートメッセージ)を3Gデータ通信を使って通信しているため、auではすでに3G通信サービスが終了していることから「SMSも利用できない」となります。

iPhone6/6Plusは非VoLTE SIMで利用可能

au版iPhone6/6Plusは非VoLTE対応モデルです。auの「非VoLTE SIM」によってデータ通信も音声通話も利用することができます。

ただし、先述のようにauでは「非VoLTE」通信サービスは終了の方向性となっており「非VoLTE SIM」を提供しているのは格安SIMのmineo(マイネオ)のみとなっています。

そして、近い将来、mineo(マイネオ)でも「非VoLTE SIM」の提供が終了することが予想されます。

iPhone6S/SE/7はSIMロック解除で「VoLTE対応」

au版iPhone6S/SE/7はSIMロックの解除ができるようになりました。

au版iPhone6S/SE/7は基本的に「非VolTEモデル」であり、「非VoLTE SIM」でデータ通信や音声通話(3G)が利用可能です。

そして、面白いのはSIMロックを解除することで「VoLTE対応SIM」が使えるようになり、「VoLTE対応スマホ」へ変身してしまいます。

つまり、au版iPhone6S/SE/7はそのまま(auのSIMロックが掛かったまま)では「非VoLTE SIM」でしか動作しませんが、SIMロックを解除すれば「VoLTE SIM」が利用できるようになります。

au版iPhone8以降は「au VoLTE対応スマホ」

au版のiPhone8以降は「au VoLTE対応スマホ」となりました。

SIMロックを解除しても解除しなくても「au VoLTE SIM」が利用できます。逆に「非VoLTE SIM」ではSIMを認識しません

auではiPhone8以降のモデルは完全に今後の方向性に合致した「VoLTE対応スマホ」となった点が特徴です。

非VoLTE対応SIMなら今のうちに契約しておこう

このように、以下のモデルはauの「非VoLTE SIM」があれば今でもデータ通信や音声通話が可能です。

  • au版iPhone5/5S(実用的ではありませんが)
  • au版iPhone6/6Plus
  • au版iPhone6/SE/7(SIMロック解除していない場合)

もし、これらの状態のau版iPhoneをお持ちの場合、auの「非VoLTE SIM」が入手できるうちに入手しておくと良いでしょう。

mineo(マイネオ)の特徴

ドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリア

mineo(マイネオ)は格安SIMでは珍しい「ドコモ・au・ソフトバンク」の回線を提供しているトリプルキャリアの格安SIMブランドです。

運営は関西電力系の大手通信事業者「オプテージ」です。旧社名は「ケイ・オプティコム」です。

ドコモ回線を「Dプラン」、au回線を「Aプラン」、ソフトバンク回線を「Sプラン」と言います。

mineo(マイネオ)が提供するSIMの種類

mineo(マイネオ)では「Dプラン(ドコモ)」「Aプラン(au)」「Sプラン(ソフトバンク)」をれぞれに「デュアルタイプ」「シングルタイプ」のサービスがあります。

「デュアルタイプ」は音声通話とデータ通信ができるSIMです。

「シングルタイプ」はデータ通信のみができるSIMです。

Aタイプ(au回線)にはさらに「VoLTE対応SIM」と「VoLTE非対応SIM」

そしてmineo(マイネオ)は、この記事で説明しているau回線の「非VoLTE SIM」を提供している唯一の通信キャリアです。

「非VoLTE SIM」は本家auでも手に入らないので、現在唯一入手できる通信事業者と言えます。

au版iPhone6/6Plusで使えるSIMの選び方

このように、mineo(マイネオ)では「プラン」「タイプ」「SIM」の3つを選ぶことになり、au版iPhone6/6Plusで使えるSIMは以下のものになります。

選択項目 選択肢 au版iPhone6/6Plusで選ぶべきSIM
プラン Aプラン(au回線)
Dプラン(ドコモ回線)
Sプラン(ソフトバンク回線)
Aプラン(au回線)
タイプ デュアルタイプ(音声通話・データ通信)
またはシングルタイプ(データ通信専用)
どちらでも可
SIM au VoLTE対応SIM
nano SIM(VoLTE非対応)
micro SIM(VoLTE非対応)
nano SIM(VoLTE非対応)

まとめ

au版iPhone6/6Plusがよみがえる格安SIM

昔使っていたいau版iPhone6/6Plusは今でもau回線の「非VoLTE SIM」ならデータ通信も音声通話も十分使うことができます。

「非VoLTE SIM」はauの古い通信規格に対応したスマホ向けのSIMであり、今後サービス終了の方向性が打ち出されています。

愛着があるiPhone6/6Plusをいつまでも使える状態にしておきたい場合、「非VoLTE SIM」が入手できるうちに契約しておくと良いでしょう。

「非VoLTE SIM」を提供しているのはmineo(マイネオ)だけ

そして、現在(2019/11現在)この「非VoLTE SIM」を提供しているのはmineo(マイネオ)だけです。本家auでも提供を終了しています。

auが「非VoLTE」の通信サービス終了を目指していることから、今後mineo(マイネオ)でも「非VoLTE SIM」の提供(新規受付)を終了することが予想されます。

愛着があるau版iPhone6/6Plusもmineo(マイネオ)の「非VoLTE SIM」で復活させることができます。

au版iPhone6が使えるのはmineoだけ
契約できるうちに契約しておこう!
mineo(マイネオ)

-mineoへ乗り換え

Copyright© 格安スマホのマニュアル , 2019 All Rights Reserved.