イオンモバイルは実店舗充実で安心

イオンモバイル

イオンモバイルは2014年に格安SIMに参入し、流通大手の知名度で一気に「格安スマホ」「イオンスマホ」という言葉を広めました。現在は楽天を始めとして大手・中小が入り乱れて価格競争・サービス競争を行っていますが、イオンモバイルはちょっと他の格安スマホ・格安SIMのMVNOとは違うイメージがあります。

イオンモバイルは全国各地の実店舗(イオングループ)を利用した対面での販売や説明に力を入れています。格安スマホや格安SIMというものがどんなものかを、対面できっちり説明して販売していく戦略のようで、主にイオンモールなどの実店舗利用者をターゲットとしているようです。

その反面として、たとえば最新型スマホはウェブでの販売を行わず、店舗販売のみなどの限定を設けており、ウェブでの契約手続きで完結したい場合には少々不便な点もあります。

実店舗で説明を受けながら、納得して格安スマホ・格安SIMへ乗り換えたい方には親切なMVNOだと言えます。


イオンモバイルの特徴

イオンモバイルのサービスの概要(大枠)を説明します。

業界でも最安値クラス

イオンモバイルは実店舗でのサービスに力を入れているといっても、「その分料金が高い」ということはありません。むしろ、SIMの価格においては業界でも最安値クラスです。

格安SIMで最も契約者が多いと言われているは月3GBのプランですが、イオンモバイルでは他社の月3GBプランより安い価格で月4GBプランを提供しています。

全国に実店舗展開

全国のイオンモールやイオングループの店舗にイオンモバイルのカウンターを設けて、対面でのサービス説明やアフターサービスを提供しています。

ウェブでの手続きや電話のみでのアフターサービスに心配な方には安心なサポート体制です。

通信品質が良い

イオンモバイルが上位ネットワークとして利用しているのは、高い技術力で評価の高いIIJ(インターネット・イニシアティブ・ジャパン)の設備です。

IIJが提供する高度な技術「バースト転送機能」ももちろん利用できるうえ、格安SIMでしばしば問題となる混雑時の通信速度低下などにおいても、安定した品質(速度)のサービスを提供しています。

データ通信プランに「Type2」登場

そして、データ通信プランに「Type2」というプランができました。今までのプランが「Type1」です。

大きな違いは上位ネットワーク(MVNE)が違うこと。「Type1」がIIJのネットワークを利用していたのに対し、「Type2」ではOCN(NTTコミュニケーションズ)がネットワークを提供しています。

この結果、「Type1」と「Type2」に料金面の違いはありませんが、以下の仕様が異なってきます。

Type1(IIJ回線) Type2(OCN回線)
初月データ通信容量 日割り計算 日割計算なし
低速時(200Kbps)通信制限 366MB/3日間 制限なし
高速容量追加購入 480円/1GB
月間購入回数に制限なし
480円/1GB
月間6回(6GB)の購入まで

そもそも、IIJ回線もOCN回線も、低速通信時でも高度な技術でそこそこ快適な通信ができることがウリです。そして「Type2」ではその低速通信時の通信制限がありません。

つまり、「Type2」回線はSNSや動画(標準画質)・音楽などの比較的低速での利用、かつ無制限通信ができることが特徴です。「Type2」は音声通話プランはないため、タブレットなどで「実質、低速通信無制限」の利用に向いているプランです。

大容量プラン

イオンモバイルでは20GB/30GB/40GB/50GBという格安SIMでは「超」がつくような大容量のプランを用意しています。

50GBプランが月額1万円ほどで提供されており、使い方では自宅での固定回線と合わせてイオンモバイルで済ませることもできます。

データ容量追加が安い

イオンモバイルでは、月のデータ容量が不足した場合に追加購入できるデータが「1GB/480円」と業界最安クラスです。

通話完全定額「050かけ放題」

格安SIMではめずらしい、音声通話かけ放題の「050かけ放題」をオプションとして提供しています。

かけ放題の仕組みとしては、050番号を使ったIP電話となりますが、OCN(NTTコミュニケーションズ)が提供するIP電話の仕組みであり、実績もあるサービスです。

格安通話の「イオンでんわ」も開始

IPでんわによる「050かけ放題」とは別のサービスとして、「イオンでんわ」が始まりました。

アプリを使って相手先電話番号の先頭にプレフィクス番号をつけることで、高品質な通話回線での格安通話ができるサービスです。

通話料金は10円/30秒と、通常通話料金の半額とお得になります。

「10分かけ放題」も開始

さらに、この「イオンでんわ」に「イオンでんわ10分かけ放題」という月額850円のサービスも始まりました。

1回10分までの通話が何回でも無料、10分超過分の通話料金はもちろん10円/30秒と格安なサービスです。

音声通話プランでの縛りなし

格安SIMでは、データ通信専用SIMでの最低利用期間(縛り)がないのが一般的となってきました。

イオンモバイルでは、データ通信専用SIMのみでなく、音声通話SIMにおいても最低利用期間を設けていません。使ってみて利便性が低ければ、いつでも解約金なしで解約することができます。

イオンモバイルの注意点

ウェブ申込では最新型スマホを取り扱わない

イオンモバイルでは、SIMとセットでスマホの販売も行っています。店舗で契約すると、面倒な通信設定も行ってくれます。

ですが、最新型のスマホは店舗での取り扱いに限定しており、ウェブ申込ではそれらのスマホを購入できません。

スマホは少々高い

通信費(SIM)については業界最安クラスのイオンモバイルですが、同時販売しているスマホは少々高めの価格設定です。

「スマホが高い」というよりも、楽天・Y!mobile・UQモバイルなどの大手が頻繁にキャンペーンを打ってスマホを格安で販売することが多くなっている状況の中で、あまりキャンペーンなどを実施しないのがイオンモバイルとなります。

イオンモバイルの料金体系

初期費用

費用項目 料金 説明
初期費用 3,000円

月額基本料

イオンモバイルの料金プランには、大きく「データプラン」「音声プラン」「シェア音声プラン」の3つがあり、「データプラン」については「Type1」と「Type2」があります。

データ容量 データプラン
(Type1/2)
音声プラン シェア音声プラン
0.5GB - 1,130円 3/1値下 -
1GB 480円 1,280円 -
2GB 780円 1,380円 -
4GB 980円 1,580円 1,780円
6GB 1,480円 1,980円 2,280円
8GB 1,980円 2,680円 2,980円
12GB 2,680円 3,280円 3,580円
20GB 3,980円 3/1値下 4,680円 3/1値下 4,980円 3/1値下
30GB 5,380円 3/1値下 6,080円 3/1値下 6,380円 3/1値下
40GB 7,480円 7,980円 8,280円
50GB 10,300円 10,800円 11,100円

データプラン

データ通信専用プランです。SMSご利用の場合はオプション料金月額480円。

「Type1(IIJ回線)」と「Type2(OCN回線)」がありますが、高速通信を活用したい方は、実質速度が速い「Type1」がおすすめ、低速通信(200Kbps)をほぼ無制限で使いたい方は「Type2」の最安プラン(480円)を選ぶと良いでしょう。

音声プラン

音声通話(090/080/070)が可能なプラン、MNPでの転入も可能です。

特筆すべきは、音声プランであっても「最低利用期間(いわゆる縛り)」がないことです。使ってみて、不満であればいつでも違約金等なしで解約することができます。

音声通話プランで最低利用期間が設定されていないのは、イオンモバイルだけでしょう。

シェア音声プラン

「音声通話SIM1枚+データプランSIM2枚」や「音声通話SIM1枚+データプランSIM1枚」といった、サブ機としてタブレットなどでデータ容量をシェアしたい場合に便利なプランです。

通話・通信料金

費用項目 料金 説明
通話料金 国内通話20円/30秒
イオンでんわ利用時は10円/30秒
SMS(ショートメッセージ) 送信 3円/通
受信 無料
追加データ容量 1GB/480円 購入当月末まで有効

通話オプション

通話サービス 月額料金
050かけ放題 1,500円/月
イオンでんわ 無料
イオンでんわ5分かけ放題 850円/月
スマート留守番電話 300円/月
留守番電話 300円/月
割込通話 200円/月

その他オプション料金

オプションサービス 料金 説明
イオンスマホ安心保証 350円/月 端末修理サービスおよび盗難・紛失時の補償サービスをご提供します。
イオンスマホ電話サポート 300円/月 スマホやアプリ設定のサポートサービスを電話サポートでご提供します。
イオンスマホセキュリティ 150円/月 スマホのセキュリティソフト
イオンスマホ安心パック 600円/月 上記の安心保証・電話サポート・セキュリティのパックサービス
アプリ超ホーダイ 360円/月 有料アプリダウンロードし放題サービス
子どもパック 200円/月
ビデオマーケットプレミアムコース 500円/月

事務手数料

事務手続き 手数料 説明
SIM変更 3,000円円 SIM再発行(変更・交換・サイズ変更など)

解約規定

プラン 事務手続き 手数料 説明
データ通信SIM 解約手数料 なし
音声通話通信SIM 解約手数料 なし
MNP転出手数料 8,000円(契約から180日以内)
3,000円(契約から181日以降)

イオンモバイルのオプションサービス

イオンスマホ安心保証

イオンモバイルで購入したスマホの故障・破損・水没などの場合に修理・交換サービスを提供してくれます。

スマホにより、月額350円と月額450円の料金があります。

イオンスマホ電話サポート

スマホの設定やアプリの設定などで分からないことがあった場合に、電話による「操作サポート」、リモート操作による「遠隔サポート」、自宅へ伺って「出張サポート」などの手厚いサポートを提供してくれます。

月額300円ですが、「出張サポート」の場合には別途利用料金が発生します。

イオンスマホセキュリティ

スマホのセキュリティを守るセキュリティソフトを提供してくれます。

月額150円です。

イオンスマホ安心パック

「イオンスマホ安心保証」「イオンスマホ電話サポート」「イオンスマホセキュリティ」の3点セットで割引してくれるパックです。

個別に計算すると3つのサービスで800円(一部のスマホでは900円)のところ、3点セットで600円(一部のスマホでは700円)とお得になるパックです。

050かけ放題

050IP電話で、時間・回数無制限の完全かけ放題を実現したオプションサービスです。実績のあるOCN(NTTコミュニケーションズ)のIP電話サービスがベースになっており、品質的にも安心です。

イオンモバイルでは、050かけ放題の1契約でも複数のスマホで共有利用する提案も行っており、複数のスマホでも他社の格安SIMでも、もちろんWi-Fi利用時でも使うことができるIP電話サービスです。

アプリ超ホーダイ

月額360円で有料アプリ100タイトル以上が使い放題となるサービスです。

子どもパック

子どもがスマホを利用する上でのアプリやサービスをパックにしたオプションです。

カテゴリ アプリ・サービス 説明
安全に使うために スマモリ
スマートフォンセキュリティ
Filii(フィリー)
超blueライト削減
学習のために えいご上手
ジーニアウ英和・和英・国語
超便利ツールズ
スマートステラ
Tap10

スマート留守電

通常の留守番電話として利用できる他、留守電録音内容をテキストとしてメールで読めるなどの付加機能があります。

月額290円です。

ビデオマーケット・プレミアムコース

動画レンタル配信サービスの「ビデオマーケット」のサービスです。

月額500円ですが、現在30日間おためし無料、登録時に2,000円分の動画視聴ポイントプレゼント中です。




投稿日:2016年12月25日 更新日:

Copyright© 格安スマホのマニュアル , 2018 All Rights Reserved.