03 povo(ポヴォ)へ乗り換え

au新プラン「povo」のメリットとデメリット、220円で1日データ使い放題の魅力(旧プランpovo1.0情報)

2021年7月16日

au新料金プラン「POVO(ポヴォ)」

本ページ記載のサービス提供価格は特記がない限り消費税込みの価格です

2021年3月、KDDIから新しい通信サービスのブランド「povo」が提供開始されました。

「20GB/月で月額2,728円」と、それまでのauブランドの料金プランからは考えられなかったコスパの高いブランドです。

発表時の「トッピングで人それぞれのプランにできる」ということから「トッピング」という言葉がメディアでも話題となりました。

povoはKDDIが提供する料金プランでありながら、従来のauブランドや格安ブランドのUQモバイルとは大きく違います。

この記事では、KDDIの新ブランド「povo」のメリット・デメリットを詳しく見ていきます。

たっぷり使える20GB/月
1日使い放題で220円のトッピング
povo

目次

au新プラン「povo」の料金とサービス

auから登場した「20GB/月で月額2,728円」という驚きの料金プラン「povo」のスペックは以下の通りです。

費用項目 povo
月額費用 基本料金 2,728円/月
データ
通信
通信サービス 4G/5G通信
※5G通信は2021年夏以降順次
基本容量 20GB/月
超過時速度
(低速通信)
1Mbps
高速・低速
切替
非対応
余ったギガの
翌月繰り越し
非対応
テザリング 利用可能(無料)
追加チャージ ・データ追加1GB:1回(1GB)=550円(31日間有効)
・データ使い放題24時間:220円(24時間使い放題)
MMS
(キャリアメール)
提供なし
海外利用 非対応
音声通話
サービス
基本通話料 22円/30秒
無料通話
オプション
別途有料
・5分以内通話かけ放題:550円/月
・通話かけ放題:1,650円/月(国内完全かけ放題)
留守番電話 提供なし
着信転送 提供なし
付帯
サービス
複数回線
割引
「家族割」適用対象外
光回線
セット割
「auスマートバリュー」適用対象外
※契約回線数にもカウントされない
割引 複数回線
割引
「家族割」適用対象外
※契約回線数にもカウントされない
※ただし2021年夏までの契約者はカウント対象(特別特典)
光回線
セット割
「auスマートバリュー」適用対象外
ハートフル割引 対象外
家族間無料通話 対象外
契約条件 初期費用 無料
SIMカード条件 物理SIMカード/eSIM選択可能
※契約後の物理SIMカードからeSIMへの変更不可
契約期間 契約期間の定めなし
※縛りなし
解約金 不要
MNP転出 無料
※au/povo/UQモバイル間の番号移行も無料

povoはこれまでのauサービスとは大きく違ったサービスです。

今まででは考えられなかったほどの低価格で登場したかわりに、今までは常識的に使えていたサービスに大きな変更があります。

「良い・悪い」ではなく、最初に「今までのauサービスとの違い」をまとめておきます。

オンライン専用プラン

povoはオンライン専用プランとして提供されます。

契約手続きや各種変更手続きはもちろんのこと、困ったときの質問・依頼などもすべてネット上で行われます。

全国のauショップではpovoに関する手続き・サポートは受けられません。

提供されないサービス

MMS(キャリアメール)が提供されない

povoではキャリアメール(ezweb.ne.jp)は提供されません。

現在auスマホをご利用の方はpovoへ乗り換えることで「ezweb.ne.jp」のメールアドレスは解約となります。

留守番電話サービスが提供されない

povoでは留守番電話サービスや着信転送サービスは提供されません。

「家族割プラス」が適用されない、家族間無料通話も対象外

複数回線割引サービス「家族割プラス」の割引が適用されません。

また、家族間の無料通話・無料SMSの対象にもなりません。

注意点として「契約回線数にもカウントされない」という点に注意が必要です。

現在家族で「家族割プラス」の割引サービスを受けている場合、あなたがpovoへ乗り換えることで家族の契約回線数が1回線減ることとなり、家族の割引額が減少する場合があります。

ただし、現在「2021年夏までのpovo契約者は契約回線数にカウントする」となっています。もし現在家族で「家族割プラス」の適用を受けており、povoへの乗換を検討しているなら、早めの乗換が良いでしょう。

「auスマートバリュー」が適用されない

光回線セット割引「auスマートバリュー」が適用されません。

スマホセット購入ができない

povoでは契約時にスマホを同時購入する、または契約者が機種変更(追加購入)する、ということができません。

povoは回線サービスのみを提供、スマホの販売は行っていません。

auの継続利用期間はリセットされる

永くauを使っている人は特に「auの継続利用期間がリセットされる」という点に注意してください。

正直、今の大手キャリアのサービスは長く契約していてもなにもメリットはないので、継続利用期間リセットされても問題ないとおもいます。

が・・・継続利用期間を気にする人は注意です。

povoで使えるスマホ

povoではスマホは販売していない

povoではスマホを販売していません。

povoの契約時にスマホセットで契約することはできないし、povoをご利用の方がpovoで機種変更(スマホ追加購入)することもできません。

povoで使えるSIMフリースマホ

povoで使えるスマホは基本的に「au回線に対応(周波数帯)」かつ「SIMフリースマホ」です。

今お使いのスマホがSIMフリーのiPhoneであればそのままpovoで利用できるし、ドコモやソフトバンクで購入したiPhoneでもSIMロックを解除すればpovoで使えます。

AndroidスマホであってもSIMフリー(SIMロック解除済)であればpovoで使えますが、au周波数帯に対応しているかどうかの問題があります。

povoが動作確認しているスマホはpovoの公式サイトで確認してみてください。

対応端末・対応機種 | povo

auのスマホがそのまま使える

povoではauでお使いのスマホ・auで購入したスマホがそのまま利用できます。

auのSIMロックがかかったままでもpovoで使えます


\20GB/月で月額2,728円(税込)/

povo公式サイトへ

Wi-Fiいらず!1日データ使い放題で220円


povoのデメリット(注意点・留意点)

デメリット1:店舗・電話サポートが使えない

まず最初に、povoはオンライン専用プランです。

契約はもちろん各種変更手続きや質問・相談たまにはクレームなどすべてオンライン利用となり、店舗サポートや電話でのサポートは受けられません。

ある程度ネットに慣れている人なら「オンラインで問題ない」と考える人が多いと思います。

ですが、本当に困ったとき(細かな説明が必要)など本当に電話や店舗が使えなくてもいいですか?という点を再認識する必要があります。

また、povoはスマホ販売を行っていないのでスマホの使い方やスマホに起因する(と思われる)障害などもサポートの対象外となります。

やはり、いざという時に店舗・電話でのサポートがあったほうが良い、という方はUQモバイルをおすすめ

デメリット2:auの割引サービスが適用されない

「家族割プラス」「auスマートバリュー」適用対象外

「家族割プラス」「auスマートバリュー」など、従来の割引サービスが一切適用されません。

「家族割プラス」の契約回線数にもカウントされない

「家族割プラス」は家族での契約回線数に応じて割引額がかわります。

契約回線数 割引額
2回線 550円/月
3回線 1,100円/月
4回線以上 1,100円/月
~2,200円/月

家族割プラス | au

そして、povoは「家族割プラス」の契約回線数にもカウントされません。

もし現在家族で「家族割プラス」の割引適用を受けている場合、あなたがpovoに変更することで契約回線数が1回線少なくなり、家族の割引額が小さくなる場合もあります。

2021年夏までは「家族人数カウント対象」のキャンペーン

ただし、2021年夏(詳細は不明)までにauからpovoへ乗り換えた方については、キャンペーン特典として「契約回線数にカウントする」という特典があります。

なお、povoはauの「家族割プラス」の家族人数のカウント対象外となりますが、2021年夏までにpovoを契約いただいたお客さまについては、早期申込特典として「家族割プラス」の家族人数のカウント対象となります。
例えば、3人家族で2人がauの「使い放題MAX 5G」を契約し、1人がpovoを早期申込特典期間に契約した場合、「家族割プラス」の割引が適用されるお客さまの割引額は、auを3回線契約いただいている場合と同様となります。
「povo、3月23日から提供開始 | KDDI」より抜粋

家族間無料通話も対象外

家族で複数回線契約している場合は「家族割」として家族間は無料通話・無料SMSが提供されます。

povoに変更すると家族間無料通話・無料SMSは適用されなくなります。

あなた(povo)から家族(au)、家族(au)からあなた(povo)どちらも無料通話・無料SMSの対象外です。

デメリット3:メールアドレス「ezweb.ne.jp」が使えない

povoではキャリアメール(ezweb.ne.jp)が提供されません。

すでにスマホをご利用の方はGメールなどへ移行済の方が多いでしょうから、あまり問題にはならないと思います。

ですが、メール連絡の相手にガラケーを利用している人がいる場合など、迷惑メールにならないようにキャリアメールが必要な場合もあります。

現在キャリアメールをご利用の方は注意してください。

現在auスマホをご利用の方がpovoへ乗り換えると、当然ながらキャリアメール(ezweb.ne.jp)は解約となります。

デメリット4:留守番電話・着信転送が使えない

povoでは留守番電話や着信転送サービスが提供されません。

この点についてもあまり影響ある人は少ないと思いますが、特に仕事で使う電話の場合に「留守番電話」「着信転送」が必要であれば留意点となります。

こんな人はUQモバイル「くりこしプラン(M/L)」も検討!(料金同じくらい)

  • 20GB/月程度で十分
  • かけ放題・留守番電話が必要
  • MMS(キャリアメール)が必要

デメリット5:料金プランが20GB/月の1種類のみ

povoが提供するプランは「20GB/月で月額2,728円」のひとつです。

今までスマホを使ってきて「20GB/月で十分!」という方にはぴったりですが、「10GB/月でいいんだけど」という場合には無駄なプランとなります。

手数料無料で乗換可能

  • 大容量~無制限のauブランド
  • 中容量(20GB/月)のpovoブランド
  • 小容量~中容量(3GB/月~25GB/月)のUQモバイル

デメリット6:海外データ通信が利用できない

povoは海外でのデータ通信利用ができません。

短期間の海外渡航などで簡単・手軽に海外ローミングを利用したい、という場合はahamo(アハモ)またはLINEMOを検討すると良いでしょう。

  • ahamo(アハモ)なら20GB/月を海外でも利用可能
  • LINEMOなら「海外パケットし放題」が利用可能

なお、音声通話・SMSの海外ローミングサービスは利用可能です。

デメリット7:auからの乗換はeSIM契約ができない

povoはeSIMでの契約に対応しており、iPhone(XR以降)のeSIM機能を利用して「物理SIMカード+eSIM」で2回線を1台のiPhoneで利用できます。

ですが、eSIMでの契約は新規/MNPでの申し込み時のみ可能、auからの乗換の場合はeSIMでの契約ができません

現在auでiPhoneをご利用の方がpovoへ乗り換えてeSIMで使いたい、ということができません。

auからeSIM契約でpovoへ乗り換えたい場合は、一旦UQモバイルへ乗り換えてから(手数料無料)povoへ乗り換える、などの手順が必要

デメリット8:物理SIMカードからeSIMへ変更できない

一度povoを物理SIMカードで契約した場合、物理SIMカードからeSIMへの変更ができません

物理SIMカードからeSIMへ変更したい場合は、一旦UQモバイルへ乗り換えてから(手数料無料)再契約、などの手順が必要(正直、面倒)

なお、最初にeSIMで契約した場合のeSIM再発行(機種変更など)は手数料無料で可能です。

デメリット9:auからpovoへの乗換でSIMカード交換が必要かも

auからpovoへ乗り換える場合、現在auスマホでご利用のSIMカードによってはpovoで発行されるSIMカードへ交換が必要な場合があります。
※逆に言えば、SIMカードそのままで使える場合もある

デメリットまとめ:正直、UQモバイルの方が良い人が多いかも?

店舗・電話サポート(フリーダイアル)が利用できる

UQモバイルなら全国2,300か所に展開するauショップ・UQモバイルショップでの店舗サポートを利用することができます。

また、専用フリーダイアルによる電話サポートも従来通り利用することができます。

店舗・電話サポートが必要ならUQモバイル

留守番電話・着信転送・MMS(キャリアメール)が使える

UQモバイルでは留守番電話サービスをはじめ、三者通話・迷惑電話撃退サービスを「電話基本パック(418円/月)」として提供しています。

また、別途有料となりますがUQモバイルではMMS(キャリアメール)「@uqmobile.jp(220円/月)」を提供しています。

仕事などでも従来サービスを使える安いスマホとして、UQモバイルも検討することができます。

通話サービス povo
無料通話オプション
UQモバイル
無料通話オプション
留守番電話 なし 電話基本パック(418円/月)
・留守番電話
・三者通話
・迷惑電話撃退
MMS(キャリアメール なし 「@uqmobile.jp」220円/月

かけ放題オプションが充実(ちょっと高い)

UQモバイルでもかけ放題オプションが選べます。

povoよりも少しオプション料金が高いですが、無料通話は充実しています。

povo
無料通話オプション
UQモバイル
無料通話オプション
  • 通話準かけ放題(5分かけ放題):550円/月
  • 通話かけ放題(国内通話かけ放題):1,650円/月
  • かけ放題(10分/回)放題(10分かけ放題):770円/月
  • かけ放題(24時間いつでも):1,870円/月
  • 通話パック(60分相当割引):550円/月

特に、UQモバイルの「通話パック(550円/月)」は月の音声通話料金総額(請求額)から2,640円(60分相当)を割引、差し引き2,090円確実にお得になる無料通話オプションです。

「電話はあまり使わないけど、たまに長電話する」という人におすすめです。

3GB/15GB/25GBのプランが選べる

UQモバイルでは「3GB/月」「15GB/月」「25GB/月」の3つのプランを自由に選ぶことができます。

月額料金としてはpovoと同額で「プラン(M)」も検討対象となります。

povo UQモバイル
2,728円/月(20GB/月) (S):1,628円/月(3GB/月)
(M):2,728円/月(15GB/月)
(L):3,828円/月(25GB/月)

余ったギガの翌月繰り越しができる

UQモバイルなら余った基本データ容量の翌月繰り越しができます。

ギガが余っても無駄なく使うことができます。

低速通信(1Mbps)の使い勝手が良い

UQモバイルならアプリで高速通信・低速通信の切替が自由自在です。

日常の待ち受けを低速通信(1Mbps)に設定しておくなど、低速通信をうまく使ってギガを節約することができます。


\20GB/月で月額2,728円(税込)/

povo公式サイトへ

Wi-Fiいらず!1日データ使い放題で220円


povoのメリット

メリット1:通信の混雑時間帯でも通信速度が速い

povoはauのメインブランドと同じ通信回線を利用します。

そのため、通信混雑時間帯(お昼・夜)でも通信速度の低下がなく動画視聴も快適です。

メリット2:ギガを使い切っても1Mbpsで速い

また、「20GB/月を使い切った」という場合でも、低速通信1Mbpsが使い放題。

1Mbpsの通信速度があれば、標準画質の動画は十分視聴することができます。

メリット3:高速5G通信が使える

povoでは2021年夏以降、auの高速5G通信が利用できるようになります。

5G通信を利用するためには5G通信対応スマホ(iPhone12シリーズなど)が必要です。

メリット4:画期的な「1日データ通信し放題(220円/1日)」

povoは通常の「オプションサービス」を「トッピング」と表現しています。

無料通話オプションも「トッピング」です。

そしてpovoのトッピングでもっとも画期的なのが「データ使い放題24時間」というトッピングです。

220円のオプション料金で、アプリからのオプション手続き後24時間のデータ通信が使い放題となります。

月20GBのデータ容量が残っている状態で「データ使い放題24時間」を利用すると、月20GBの基本容量を消費せずに24時間のデータ通信が使い放題になります。

「週末にまとめて動画を見まくる」「短期の旅行・出張などでデータ通信量が大きくなる」などの場合に非常に便利!

メリット5:KDDIブランド内(au・povo・UQモバイル)での乗り換え無料

KDDIの3つのブランド「au・povo・UQモバイル」間の乗換・番号移行はすべて無料で乗り換え自由です。

KDDIのブランド間乗換(番号移行)では、すべて(移行元・移行先)で「初期費用無料」「違約金無料」「MNP(番号移行)手数料無料」となり、もちろん「契約期間の縛りなし」です。

KDDIのブランド間乗換は無料

  • 大容量のメインブランド「au」
  • 中容量の新ブランド「povo」
  • 小~中容量でサービス充実「UQモバイル」

ただしMNP予約番号がちょっと面倒

このようにKDDIグループ内(au/povo/UQモバイル)間での乗り換えはすべて無料(乗り換え元・乗換先)ですが、手続き上はちょっと注意が必要です。

povoを乗換先・乗換元とした場合の「MNP予約番号」の要・不要は以下のようになります。

乗換 MNP予約番号の要・不要
au⇒povo 不要
UQモバイル⇒povo 必要
他社⇒povo 必要
povo⇒au 不要
povo⇒UQモバイル 必要
povo⇒他社 必要

同じKDDIグループ内でもUQモバイルは取り扱いが少し違う(MNP予約番号必要)のが面倒です。

メリット6:手数料無料が多い

KDDIの3つのブランド間乗換だけでなく、povoは契約時・解約時の手数料がありません。

初期費用(契約時) 無料
※他社からの転入や新規も無料
契約解除料(違約金) なし
※契約期間の縛りがないため
MNP転出手数料 無料
※他社への転出時も無料

KDDIの3つのブランド間の乗換だけでなく、他社への乗換・他社からの乗換でもpovo側での手数料は無料です。

メリット7:auスマホがSIMロック解除なしで使える

auスマホをご利用の方がpovoへ乗り換える場合、auのSIMロックがかかっていてもそのままpovoで使うことができます。

  • でもSIMロックは解除しておいたほうが後々便利ですよね
  • auからpovoへ乗り換え後でもauショップでSIMロック解除できます(手数料3,300円)

メリット8:auスマホの分割払い中でもpovoへ乗り換えられる

現在auをご利用の方はauスマホのスマホ代を分割払い中であってもpovoへ乗り換えることができます。

auで分割払い中のスマホ代は、そのままpovoへ引き継がれます。

メリット9:「auかんたん決済」の支払い情報がpovoへ引き継げる

povoはキャリア決済「auかんたん決済」が利用できます。

auで「auかんたん決済」をお使いの方、「auかんたん決済」で年会費や月会費などの継続支払いで利用している方など、au時代に使っていた「auかんたん決済」の情報はそのままpovoへ引き継がれます。

※「auかんたん決済」は「au ID」と紐づいているので、「au ID」が変わらないならauでもpovoでも同じということです。

メリット10:口座振替払いができる

povoではクレジットカード払いの他、口座振替払いができます

povoでの支払い方法の選択はちょっと面倒で、以下のような注意点があります。

  • auからpovoへ乗り換える方はau時代の支払方法を引き継げる
  • 新規や乗換(MNP)の方は契約申し込み時はクレジットカード払いのみ選べる
  • povo契約後に支払い方法を口座振替払いへ変更できる


\20GB/月で月額2,728円(税込)/

povo公式サイトへ

Wi-Fiいらず!1日データ使い放題で220円


povoのまとめ

最大の特徴「1日単位で無制限(220円/日)」のトッピング

トッピングで機能拡張

povoの発表時に話題になったのが「トッピング」という機能です。

auでは「トッピングの拡張により、個人個人にあったサービスになる」としており、また「トッピング」という新しい言葉がメディアでも話題になりました。

しかし、「トッピング」とはただの「オプションサービス」です。

他社にないサービス「データ使い放題24時間

auの新プラン「povo」で一番魅力的なのが「データ使い放題24時間(220円/日)」というトッピング(オプション)です。

必要な時に24時間単位で「データ使い放題」ができる、今までにない・他社にもないサービスです。

トッピング(オプション)追加手続きから24時間のデータ通信が使い放題となり、基本データ容量(20GB/月)が残っていてもそれを消費しません。

たとえば「今週は週末にまとめて動画を見よう」「夏に数日の旅行に行こう」「新しいゲームソフトをダウンロードしよう」など、通常のデータ使用量とは異なる場合の使い勝手が大きく変わってきます。

毎月のデータ使用量が月によって大きく変わるような使い方の人にはとても魅力的なサービスです。

auの小容量プランやUQモバイルでも導入してほしいオプションですね

「データ使い放題24時間」こそ最大の魅力

povoはNTTドコモが先に発表した「ahamo(アハモ)」対抗プランで、ahamo(アハモ)やLINEMOと同じです。

正直、povoでなくてもahamo(アハモ)やLINEMO、さらにはUQモバイルの方が魅力的な場合もあります。

しかし、「データ使い放題24時間(220円/日)」こそ、他社にないpovoだけのオプション機能であり、これだけでもpovoを選ぶ価値があります。

よってpovoは「自宅にWi-Fiがない人はおすすめ」

自宅に光回線やポケットWi-Fiなどがある人には、povo以外にもいくつかの選択肢があり、povoがベストとは言えません。

しかし、「データ使い放題24時間(220円/日)」が使えることで、自宅にWi-Fiがない場合でも「日常の外出先利用」と「自宅での大きなデータ通信」を両立させることができます。

日常の利用はpovo標準の「20GB/月で月額2,728円」で利用し、自宅で大容量データ通信が必要な場合は「データ使い放題24時間(220円/日)」を活用することで自宅の光回線のコストを削減することができます。

自宅にWi-Fiがない人にはpovoはおすすめです。

「オンライン専用プラン」は問題ない?でも忍耐が必要?

povoはオンライン専用プランということで、各種手続きやサポートはすべてネット上で行われます。

多くの手続きなどは通常プランでもネット上での手続きが多くなっているので、「手続きはオンライン」はあまり問題にならないと思います。

また、ちょっとした「わからないこと(質問事項)」はネットで検索すれば回答・解決策がでてくるし、povoのチャットサポートで聞くこともできます。

なので、今までもネットで手続きなどしてきた人には「オンライン専用プラン」はあまり問題にはならないと思います。

ですが、「今まで店舗やサポートで面倒な相談・質問したことありませんか?」ということになります。

やはりいざという時は直接会話して細かな事情・状況を伝える必要はありませんか?

こんな心当たりがある人、povoではチャットサポートになります。

直接会話できず、チャットでのやりとりなので、実際にやってみると「忍耐」が必要です(かなりイライラします)。

povoと合わせてUQモバイルの検討もおすすめ

先に説明したように、povoは先行発表されたNTTドコモ「ahamo(アハモ)」への対抗プランであり、ほとんどがpovoである必要はありません。

最大の特徴は「データ使い放題24時間(220円/日)」のトッピングです。

KDDIでは従来より格安プランとしてUQモバイルを提供しており、「月20GB」クラスではUQモバイル「くりこしプラン(M/L)」がほぼ同額で使えます。

またUQモバイルの方がデータ通信サービスの使い勝手が良かったり、povoでは提供されない従来サービスが提供されたりします。

povoを検討する場合には従来の格安プラン「UQモバイル」も併せて検討してみると良いでしょう。


\20GB/月で月額2,728円(税込)/

povo公式サイトへ

Wi-Fiいらず!1日データ使い放題で220円


たっぷり使える20GB/月
1日使い放題で220円のトッピング
povo

5G対応「くりこしプラン+5G」登場
今なら最大13,000円キャッシュバック

格安スマホプランとセットでおすすめの光回線

安くて速いフレッツ光コラボ2選

人気の格安スマホプラン(アハモ・povo・LINEMO・UQモバイル・ワイモバイル)とのセット利用にぴったりの「安くて速いフレッツ光コラボ」2選をご紹介します。

シンプル料金体系で月額料金最安級(月額1,000円ほど安い)フレッツ光コラボです。

最低利用期間なし・違約金なしの「enひかり」

enひかり

  • 最低利用期間なし・違約金なし
  • v6プラスとTransixが選べる
  • v6プラス固定IPアドレス対応
  • ahamo/UQモバイルとのセット割

戸建てマンション
新規
工事費
16,500円
月額
料金
4,620円/月3,520円/月
v6プラス
オプション
v6プラス:198円/月
※Transixも選べる
v6プラス固定IPアドレス:770円/月
割引ahamo/UQモバイルセット割「勝手に割り」
※110円/月のセット割引
契約最低利用期間なし
違約金なし

工事費無料で最安の「GMO光アクセス」

  • 基本工事費無料
  • 最低利用期間なし・違約金なし
  • 月額料金最安級
  • v6プラス無料・v6プラス対応ルーターも無料
  • v6プラス簡単接続

戸建てマンション
新規
工事費
無料無料
月額
料金
4,818円/月3,773円/月
v6プラス
オプション
v6プラス無料
v6プラスルーター無料レンタル
契約最低利用期間なし
違約金なし
※キャンペーン適用により

最速!最安!縛りなし!「enひかりクロス」

enひかりクロス「最速10Gbps・最安5,700円」

  • 最速10Gbpsのフレッツ光クロス
  • 最低利用期間なし・違約金なし
  • v6プラスとクロスパスが選べる
  • ahamo/UQモバイルとのセット割
  • 工事費無料キャンペーン!

戸建て
新規
工事費
16,500円
工事費無料キャンペーン実施中
月額
料金
6,270円/月
v6プラス
オプション
v6プラス:無料(標準装備)
※クロスパスも選べる
v6プラス固定IPアドレス:770円/月
割引ahamo/UQモバイルセット割「勝手に割り」
※110円/月のセット割引
契約最低利用期間なし
違約金なし

-03 povo(ポヴォ)へ乗り換え

© 2021 格安スマホのマニュアル