92 ホームルーター

ドコモホームルーター「home5G」使い放題プランとルーターの使い勝手を徹底レビュー、キャンペーン情報まとめ

2021年9月15日

ドコモホームルーター「home5G」

本ページ記載のサービス提供価格は特記がない限り消費税込みの価格です

au系列のWiMAXやソフトバンクのSoftbank Airなど、電波を使った自宅向けのWi-Fiが人気です。

光回線のように回線工事の必要がないので使いたいときにすぐ(契約後)に使える点や工事のために人を自宅に挙げる必要がないという点が魅力です。

なにより、2020年から始まった大手キャリアの5Gサービスにより、光回線を超える通信速度が期待できるうえ、各社とも5G通信に加えて4G通信においても劇的に速度制限を緩く(または無制限)してきました。

工事不要ですぐ使える、5G対応により4Gエリア内においてもギガ無制限、と今後の自宅Wi-Fiでは大きな選択肢のひとつとなっています。

そして、ついに最大手NTTドコモからも5G/4Gの電波を使った自宅向けWi-Fiがサービス開始です。

サービス名称は「ドコモ home 5G」、サービス開始は2021年8月下旬となっています。

この記事ではNTTドコモの新しいWi-Fiサービス「ドコモ home 5G」の最新情報を詳しく説明していきます。

工事不要!ルーター代金実質無料!
どれだけ使っても速度制限なし!

目次

工事不要のWi-Fiルーター「ドコモ home 5G」

ドコモから工事不要で使えるホームルーターサービス「home5G」が提供開始されました。

「home 5G」の提供を開始 | NTTドコモ

今まではホームルーターと言えばau(UQコミュニケーションズ)が提供するWiMAXまたはソフトバンクが提供するソフトバンク・エアーが定番でした。

home5Gによりドコモがその市場に参入したということになりますが、4Gエリアにおいてもすでに「PREMIUM 4G」が全国に広がっていることから「十分な準備を経ての参入」と言えます。

ここからはドコモのホームルーターサービス「home5G」の特徴を説明していきます。

用語の事前学習

  • home5G:ドコモのホームルーター通信サービス(サービス名)
  • HR01:home5G専用のシャープ製ホームルーター(機器名)

光回線なみの高速ホームルーター

home5Gはドコモの5Gエリア/4Gエリアに対応したホームルーターです。

5Gエリアはまだまだ限定的ですが、home5Gはドコモが全国に展開している4G高速通信「PREMIUM 4G」に対応、4Gエリアにおいても光回線と同等の通信速度が期待できます。

どれだけ使っても速度制限なし

au(UQコミュニケーション)が提供するWiMAXは「3日で15ギガ制限」、ソフトバンクエアーは制限値を明記していませんが多くの地域・利用者で「夜間は1桁Mbpsで使い物にならない」というのが実態です。

ドコモhome5Gも「3日間で使い過ぎの場合は速度制限の可能性あり」と注意書きがありますが、具体的な閾値は公開していません。

現在まだ始まったばかりのサービスですが、ドコモhome5Gは「使い過ぎによる速度制限」を行っていない、と報告されています。

工事不要ですぐにWi-Fiが使える

ドコモhome5Gはドコモの無線を使ったホームルーターです。

光回線のように自宅に光回線を引き込む工事などが不要、ルーターを買ってきてコンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになります。

管理人
本当は「コンセントに挿してすぐ使える」とはなりません。
コンセントに挿してドコモに電話して開通してもらう、という手順になります。

すぐに使える

光回線の工事は、申し込んでから大体1~2か月程度の期間が必要です。

つまり、Wi-Fiが使いたいと思ってから2か月後くらいにならないと使えない、ということです。

ドコモhome5Gならルーターを購入(契約)したらコンセントに挿すだけですぎにWi-Fiが使えるようになります。

例えば「賃貸契約上、光回線の工事ができない」「工事の人を自宅に入れたくない」「ADSLが終了するのですぐにでも代わりが欲しい」という場合に大きな選択肢となります。

工事不要、工事費無用で初期コスト削減

光回線を自宅に引き込む場合、フレッツ光だと戸建て向けで19,800円、集合住宅向けで16,500円の工事費が必要となります。

また、場合によってはサービスを解約する場合に引き込んだ光ケーブルの撤去費用なども必要となります。

ドコモhome5Gなら工事不要(工事費不要)、撤去も不要(撤去費不要)なので初期コストも撤去コストもかかりません。

登録住所のみで利用可能

ドコモhome5Gの注意点として「登録住所でのみ利用可能」という点があります。

契約時またはその後に登録する「利用場所住所」以外で通信サービスを利用した場合にはドコモから警告が来て、最悪通信サービスが停止されます。

たとえば、「自宅と仕事場で持ち運んで使いたい」「夏休みの帰省時に実家で使いたい」などの使い方はできません。

利用場所は月に1回変更可能

ドコモhome5Gの「利用場所住所」は初期値としては契約時の登録住所となりますが、使い始めた後でも「My Docomo」から利用場所の住所変更することができます。

ネット上で月に1回までは利用場所住所の変更手続きができるので、「自由に持ち運んで使う」という使い方には向いていませんが、ある程度(1か月程度)の間隔で利用場所を変えることはできます。

なお、「利用場所を黙って変更してもわからないだろ!」と思っても、そうはいきません。

ドコモhome5Gの専用ルーター「HR01」では、定期的に(1時間間隔)GPSで場所情報を取得してドコモへ送信しています。

大きく場所が外れると確実にドコモにばれます。

ドコモ home 5Gのメリット

ドコモhome 5Gは自宅でWi-Fiを使うためのサービスです。

本来、自宅でWi-Fiを使ったりパソコンなどを接続するためには光回線を検討することになります。

この点において、特に光回線に対するドコモhome 5Gのメリットとして以下のような点を挙げることができます。

  • 工事不要!コンセントに挿すだけでWi-Fiが使える
  • データ通信量無制限!速度制限なし
  • 5G高速通信対応、もちろん4Gでも使える
  • ドコモのスマホとセットで割引
  • 契約期間の縛りなし、いつでも無料で解約できる

こららの(主に光回線に対する)ドコモhome 5Gのメリットについて、ひとつずつ説明していきます。

工事不要!コンセントに挿すだけでWi-Fiが使える

自宅でWi-Fiを使いたい、という場合の選択肢の一番はやはり「光回線を導入する」というのが一般的です。

しかし、光回線を導入すると近くの電柱から自宅・自室内へ光回線を引き込む工事が必要であり、複数回(下見や工事など)のNTT業者が自宅を訪問してきます。

さらに、現在光回線を申し込んでから工事が終わるまでの待ち期間は3か月ほどと長期にわたります。

ドコモの電波を使ったhome 5Gは電波を使った通信であることから、光回線が不要、つまり工事不要で工事完了までの待ち時間も不要です。

ドコモhome 5Gは専用ルーター「HR01」をコンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになります。

Wi-Fiを使いたいと思った時にドコモショップや家電量販店などでhome 5Gを契約することで、すぐにWi-Fiを使い始めることができます。

データ通信量無制限!速度制限なし

home 5Gは「データ通信量無制限」「速度制限なし」で使えます。

一日中YouTubeなどの動画を垂れ流して使っていても通信量が増えることで速度制限を受けるということがありません。

※ただし、常識を超える大量通信の場合には規制され、以下の注意書きがあります。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

「直近3日間のデータ利用量が多費人」「一定時間内での大量通信」に対する速度制限などは明記されておらず、当サイトではサービス開始以降にレビューしていきます。

5G高速通信対応、もちろん4Gでも使える

2020年に始まったドコモの超高速・大容量通信「ドコモ5G」による通信が可能、光回線を超える通信速度とギガ無制限での利用ができます。

5Gエリアはまだまだ全国に広がっていませんが、それでも(4G利用)でもメリットがあります。

home 5Gは5Gエリア以外(4Gエリア)でももちろん利用可能、その場合においても「下り最大1.7Gbps」という光回線を超える通信速度やギガ無制限での利用ができます。

ドコモのスマホとセットで割引

ドコモのスマホプラン「ギガホプレミア(5G/4G)・ギガライト(5G/4G)」をご利用であれば、home 5Gと一緒に使うことで「home 5Gセット割」が適用され、スマホの月額料金が最大1,100円/月も割引されます。

ドコモ契約プラン 割引額
5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
1,100円/月(永年)
5Gギガライト
ギガライト
ステップ4:~7GB/月

1,100円/月(永年)
ステップ3:~5GB/月

1,100円/月(永年)
ステップ2:~3GB/月

550円/月(永年)
ステップ1:~1GB/月

-(対象外)

割引対象となるのはhome 5G契約者と同一の「ファミリー割引」グループに属している最大20台までのドコモのギガプラン、しかも同一世帯だけでなく遠くで離れて暮らしている家族(祖父母や単身赴任者、学生など)も割引対象となります。

契約期間の縛りなし、いつでも無料で解約できる

ドコモhome 5Gプランは契約期間の縛りがありません。

つまり、いつ解約しても解約時に違約金などが発生することがありません。

ドコモ home 5Gのデメリット(注意点)

一方で、デメリットというほどではありませんが「利用上の注意」として以下の点が挙げられます。

  • 専用SIM(契約)と専用ルーターが必要
  • 専用ルーター「HR01」が高価
  • 自宅専用、契約住所以外での利用はできない

これらの注意点について説明します。

専用SIM(契約)と専用ルーターが必要

ドコモhome 5Gのサービス利用には専用プラン「home 5Gプラン」契約と専用ルーター「HR01」購入が必須です。

home 5Gプランで契約したSIMカードを専用ルーター以外のスマホやSIMフリールーターに挿しても動作しません。

また、専用ルーター「HR01」に(たとえば)スマホの「5Gギガホプレミアプラン」のSIMを刺してもデータ通信できません。

専用ルーター「HR01」が高価

home 5Gの利用で必須となる専用ルーター「HR01」は別途購入が必要です。

しかも、提供価格(正価)は約70,000円とかなり高額なルーターとなります。

home 5Gの実際のサービス提供開始は2021年8月下旬となります。

サービス開始時にキャンペーンなどで専用ルーター「HR01」のキャンペーン販売があるかもしれませんが、現時点では不明です。

自宅専用、契約住所以外での利用はできない

home 5Gの利用はhome 5G契約時に記載した契約者の自宅住所に限られます。

ホームルーターなので(モバイルルーターのように)外に持ち出して使うことはできませんが、同様に他の住所で使うこともできません。

この点については、規約上の制限なのか、基地局制限(実際の設置場所を特定する)になるのかは明記されていません。

なお、引っ越しの場合にはドコモへ住所変更届を出すことで、引き続き新住所で利用することができます。


\工事不要!ルーター代金実質無料!/

home5Gを申し込む

アマギフ18,000円還元


ドコモ5G専用ルーター「home 5G HR01」

ドコモhome 5Gを利用するためには、5G専用のルーター「home 5G HR01」が必要です。

ここからは、home 5Gの専用ルーター「HR01」の仕様について説明していきます。

home 5G 基本スペック

まずは「HR01」の基本スペックを見てみましょう。

製造メーカー シャープ
本体サイズ 高さ 170mm
95mm
厚さ 95mm
重量 720g
通信方式
(4G/5G)
5G 5G対応
最大受信速度 4.2Gbps
最大送信速度 218Mbps
4G LTE 4G LTE対応
最大受信速度 1.7Gbps
最大送信速度 131.3Mbps
通信方式
(Wi-Fi/LAN)
IEEE802.11a 最大伝送速度 最大54Mbps
IEEE802.11b 最大伝送速度 最大11Mbps
IEEE802.11g 最大伝送速度 最大54Mbps
IEEE802.11n
(Wi-Fi 4)
最大伝送速度 最大300Mbps(2.4GHz)
最大300Mbps(5GHz)
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
最大伝送速度 最大867Mbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
最大伝送速度 最大573Mbps(2.4GHz)
最大1201Mbps(5GHz)
Wi-Fi接続台数 最大64台
セキュリティ WPA2
WPA3
WPA/WPA2 Mixed
WPA3/WPA2 Mixed
有線LAN
※1ポート
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-T)
電源 100~120V,50Hz/60Hz
SIMカード nanoUIMカード
※home5G専用SIM

home 5G HR01 | NTTドコモ

home 5G 対応周波数

「HR01」の対応する周波数帯は以下のようになります。

5G n78(3.7GHz)
n79(4.5GHz)
※n257(ミリ波)は利用不可
4G(LTE) FD-LTE Band1(2.0GHz)
Band3(1.7GHz)
Band19(800MHz)
Band21(1.5GHz)
Band28(700MHz)
TD-LTE Band42(3.4.0GHz/3.5GHz)

ドコモの5G通信と4G通信に対応

「HR01」の対応周波数の特徴としては、ドコモの5Gおよび4Gに対応しています(当たり前)。

注意点としては、5G通信においてはSUB6(n78/79)のみ対応、ミリ波(n257)には非対応、となります。

また、旧世代の3G通信(いわゆるFOMA)にも対応していません。

目玉の高速5G通信ですが、現時点(2021年6月)では5Gエリアはまだまだ局所的であり、利用の中心は4G(LTE)となるでしょう。

そして、4G(LTE)についてはドコモフル対応、プラチナバンドに加えてTD-LTE(Band42)まで対応しています。

※なお、4G規格でのCA(キャリアアグリケーション)については不明

5Gのミリ波(n257)には非対応

5G通信にはSub6と言われる周波数帯とミリ波と言われる周波数帯があります。

Sub6は5Gにおいて比較的低周波数帯であり、繋がりやすく4G転用可能でエリア拡大が容易というメリットがある反面、通信速度は少し遅くなります。

ミリ波は5G通信の「高速・大容量」の本命となる周波数帯ですが、現在はほぼエリアが展開されていません。

「HR01」はドコモ5GのうちSUB6(n78/79)にのみ対応、ミリ波(n257)には対応していません。

ドコモ「PREMIUM 4G」対応で最大1.7Gbps

HR01は4Gエリアにおいても「PREMIUM 4G」対応での高速通信が可能です。

ドコモ「PREMIUM 4G」は4Gエリアでも下り最大1.7Gbpsの高速通信が可能なCA(キャリアアグリケーション)通信サービスであり、すでに全国で広いエリアをカバーしています。

「5Gエリアじゃないから遅いだろう?」と思う方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

5GエリアでなくてもPREMIUM 4Gエリアであれば下りでも実測200Mbps~500Mbpsほどの光回線と同等かそれ以上の通信速度が出ます。

最新Wi-Fi規格「Wi-Fi6」対応

HR01は最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6」に対応、Wi-Fi6対応のスマホで使えば下り最大1.2Gbpsでの通信ができます。

自宅内にあるファイルサーバー(NAS)の利用や動画再生などもサクサク通信することができます。

また、HR01のWi-Fi6は2.4GHz帯と5GHz帯に対応しています。

5GHz帯のWi-Fiは電子レンジなどの電波との競合がなく遠くまで電波が届くというメリットがある反面、壁などの障害物に弱いというデメリットがあります。

自宅内の見通しの良い場所では5GHz帯のWi-Fi6を利用、壁や天井で遮られている部屋では2.4GHz帯のWi-Fi6を利用などの使い分けができます。

ギガ対応の有線LANポート

HR01は有線LANポートが1口あります。

100BASE/1000BASE両対応なので自宅内で1Gbps対応ネットワークを構築することができます。

複数台の有線LAN機器を利用する場合には、HR01の有線LANポートの下にスイッチングハブを接続することで、LANポートの口数を増やすことができます。

LAN側IPアドレス範囲は192.168.0.0

HR01で設定可能なLAN側IPアドレス範囲は192.168.0.0~192.168.255.255の範囲内に限定されます。

当然ながら、HR01が持っているDHCPサーバー機能で配布可能なIPアドレス範囲も上記に準拠します。

このため、たとえば自宅のネットワークで「10.0.*.*」や「172.*.*.*」などのアドレス範囲を利用している場合にはIPアドレス範囲の変更または別途ルーターを介してアドレス変換をする、などの対処が必要となります。

再起動するとLANポートのMACアドレスが変わる

HR01のちょっとクセのある部分として「ルーターを再起動するとLANポートのMACアドレスが変わる」という点があります。

実用上の問題はありませんが、この特性によって以下の点みたいな現象が起こります。

HR01のちょっとしたクセ

  • ルーターを再起動するとWindows10のネットワークが追加される
  • HR01の下にルーターを接続している場合、再起動時に見失うことがある

SPモード接続、WAN側プライベートIPアドレス

home5GはSPモードでインターネットに接続します。

ルーターに配布されるWAN側のIPアドレスはSPモードのプライベートアドレスとなります。

ただしスマホのSPモード「172.*.*.*」ではなく「10.*.*.*」のプライベートIPアドレスとなるため、スマホのSPモードとは何か違うのかもしれません。

また、ルーター機能としてポート開放や静的ルーティングの設定機能はありません。

home5Gでできないこと

  • ゲームなどで特定ポートの開放はできない
  • VPNサーバーやWEBサーバーなどの外部公開はできない

光回線をグローバルIPアドレスや固定IPアドレスでご利用の方がhome5Gに乗り換える場合には、ご利用目的に注意が必要です。

HR01はSIMフリールーター

ドコモホームルーター「HR01」はSIMロックのかかっていない、いわゆる「SIMフリールーター」です。

通信機器としては珍しく取扱説明書にも明記しています。

ドコモhome5G専用端末HR01「取扱説明書」

  • 本端末は、5G・LTE・無線LAN方式に対応しているSIMロックが設定されていない端末です。

このため、home5G専用SIMの代わりにドコモのギガホプレミア契約SIMや他社のSIM(楽天モバイルなど)でも通信サービスを利用することができる仕組みです。

なお、home5G専用SIMをドコモのスマホに差し替えても通信サービスを利用することはできません。

home5Gのここに注意!

  • HR01はSIMフリールーター、他社SIMでも動作する
  • home5G契約SIMはHR01専用SIM、HR01以外では動作しない

1時間ごとに位置情報取得・送信

HR01をhome5G専用SIMで利用している場合、1時間ごとにGPS位置情報を取得しています。

この位置情報はドコモへ送信(報告)されている、と想像できます。

home5G通信サービスは「登録した利用場所でのみ利用可」という制限があり、そのための動作だとわかります。

「どうせどこで使ってもわからないだろ!」と思っていると大間違い!ということですね。


\工事不要!ルーター代金実質無料!/

home5Gを申し込む

アマギフ18,000円還元


ドコモ home 5Gの料金体系

料金体系

ドコモ「home 5G」の利用に必要な料金は以下のようになります。

費用項目 金額
初期費用 契約事務手数料 3,300円
機種代金
(5GルーターHR01)
39,600円
月額費用 月額基本料金 4,950円/月
契約形態 契約期間 契約期間の縛りなし
解約時違約金 解約違約金なし

月額料金(通信サービス利用料)は「ずっと4,950円/月」というシンプルかつ比較的安価な料金体系になっています。

事務手数料はオンラインショップなら不要

home5Gの契約においては契約事務手数料として3,300円が必要、初回の料金請求時に合算請求されます。

この契約事務手数料3,300円はドコモ公式オンラインショップで契約申し込みすると無料となります。

ルーター代金は分割払い可能

home5G向けの専用ルーターHR01は端末代金3,9600円(税込)となっています。

この端末代金は契約時の一括購入の他、分割払い(12回/24回/36回)での購入もできます。

支払い方法 支払額/支払い回数 支払い総額
一括払い 3,9600円 3,9600円
分割払い 12回払い 3,300円/月 × 12回 39,600円
24回払い 1,650円/月 × 24回
36回払い 1,100円/月 × 36回

分割払いの場合にはhome5Gプランの月額4,950円に端末代金割賦金額が加算されて請求されます。

端末実質無料!月々サポートで3年間1,100円の割引

hom5Gでは専用端末HR01の支払方法によらず(どの支払い方法でも)、毎月1,100円の月々サポートが36か月間適用されます。

毎月1,100円の月々サポート(端末代金補填)が36回(3年間)受けられることで、総額39,600円の月々サポートなります。

つまり、3年間の利用を前提として専用ルーター「HR01」は実質無料となる、ということです。

端末を36回分割払いで購入した場合の毎月の支払イメージは以下のようになります。

基本料金 4,950円/月
端末代金
割賦金
1,100円/月
月々サポート -1,100円/月
支払合計 4,950円/月

ドコモ home 5Gのオプションサービス

ケータイ補償サービス(550円/月)

「ケータイ補償サービス」は専用ルーター「HR01」のもしものときのトラブルを補償してくれるオプションです。

ケータイ補償サービス | NTTドコモ

ネットワークセキュリティ(385円/月)

「ネットワークセキュリティ」は家庭内のネットワークをウィルス・スパイウェア・ネット詐欺・不正アクセスなどから保護する機能を提供するオプションサービスです。

具体的には専用ルーター「HR01」を使ったネットワークを守る仕組みと、PCにインストールするセキュリティソフト(McAfee)から成り立ちます。

  • PCセキュリティ
  • ルーターセキュリティ

ネットワークセキュリティ | NTTドコモ

PCセキュリティ Powered by McAfee

お使いのPCをウィルス・スパイウェア・ネット詐欺・不正アクセスから守ります。

WindowsおよびMacにインストールして利用することができます。

ルーターセキュリティ

ルーター本体内にセキュリティ機能が搭載され、ルーター配下のネットワーク(家庭内ネットワーク)をインターネットの脅威から守ります。

ルーターへの不正接続アクセス(家族外のアクセス)や、ネットワーク内の機器(スマホ・テレビ・AV機器・Webカメラなど)についても不正な操作などの脅威から守ってくれます。

home 5Gパック(770円/月)

「home 5Gパック」は「ケータイ補償サービス(550円/月)」と「ネットワークセキュリティ(385円/月)」の2つのオプションがセットになったオプション商品です。

2つのオプションを個別に契約すると935円/月となりますが、「home 5Gパック」としてセットで契約することで770円/月と大幅に安くなります。

home 5G パック | NTTドコモ

割引サービス「home 5G セット割」

ドコモのスマホには「ファミリー割引グループ」という割引サービスがあります。

家族内で複数のドコモ契約がある場合、「ファミリー割引グループ」として契約をまとめることでスマホの月額料金から割引が受けられるサービスです。

この「ファミリー割引グループ」の中にhome 5G契約がある場合には「home 5Gセット割」が適用され、その割引額はスマホの契約プランによって以下のようになります。

ドコモ契約プラン 割引額
5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
1,100円/月(永年)
5Gギガライト
ギガライト
ステップ4:~7GB/月

1,100円/月(永年)
ステップ3:~5GB/月

1,100円/月(永年)
ステップ2:~3GB/月

550円/月(永年)
ステップ1:~1GB/月

-(対象外)

home 5Gセット割 | NTTドコモ

割引対象は「ファミリー割引グループ」最大20台まで

「home 5Gセット割」の適用対象となるスマホ契約は、上記のスマホプラン「ギガホプレミア(5G/4G)」「ギガライト(5G/4G)」となります。

「ファミリー割引グループ」には最大20台までのドコモスマホ契約を含めることができ、しかも同一住所の家族だけでなく祖父母・単身赴任・学生など遠くで離れて暮らす家族も「ファミリー割引グループ」に含めることができます。

ファミリー割引 | NTTドコモ

ドコモ光とhome5Gの場合は「ドコモ光セット割」が適用

ドコモ提供の光回線「ドコモ光」とドコモのスマホをセットで使っている場合には「ドコモ光セット割」が適用されます。

この状態でさらにhome 5Gを契約した場合、ドコモ光セット割とhome 5Gセット割の割引額は以下のようになります。

ドコモ契約プラン 割引額
home 5Gセット割 ドコモ光セット割
5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
1,100円/月(永年) 1,100円/月(永年)
5Gギガライト
ギガライト
ステップ4:~7GB/月

1,100円/月(永年) 1,100円/月(永年)
ステップ3:~5GB/月 1,100円/月(永年) 1,100円/月(永年)
ステップ2:~3GB/月 550円/月(永年) 550円/月(永年)
ステップ1:~1GB/月 -(対象外) -(対象外)

このように、ドコモ光セット割とhome 5Gセット割の割引条件は全く同じです。

同一の「ファミリー割引グループ」内でドコモ光とhome 5Gの契約がある場合には、どちらの割引が適用されても同じ割引条件となりますが、契約上は「ドコモ光セット割」が適用されます。

ドコモ光セット割 | NTTドコモ

ドコモ光ミニとhome5Gの場合は「home 5Gセット割」が適用

ドコモ光のサービスには「ドコモ光ミニ」というサービスがあります。

ドコモ光ミニはドコモ光を定額制(使い放題)プランではなく、従量制(使っただけ)プランの2段階料金での契約になります。

この「ドコモ光を2段階従量制」で契約している場合のスマホセット割はhome 5Gセット割と比べて以下のようになります。

ドコモ契約プラン 割引額
home 5Gセット割 ドコモ光セット割
(ドコモ光ミニ契約)
5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
1,100円/月(永年) 550円/月(永年)
5Gギガライト
ギガライト
ステップ4:~7GB/月

1,100円/月(永年) 550円/月(永年)
ステップ3:~5GB/月 1,100円/月(永年) 550円/月(永年)
ステップ2:~3GB/月 550円/月(永年) 220円/月(永年)
ステップ1:~1GB/月 -(対象外) -(対象外)

もし「ファミリー割引グループ」内でドコモ光セット割(ドコモ光ミニ契約)とhome 5Gセット割が混在する場合には、割引額の大きいhome 5Gセット割が適用されます。

「8日以内のキャンセル」対応

ドコモhome5Gは「8日以内のキャンセル対応」となっており、契約後に自宅(利用場所)に十分な電波が届かないなどの理由において契約のキャンセルが可能です。

法的な規定としては「確認措置」の対象サービスということになります。

ただし、home5Gにおいて「確認措置」規定を前提とした8日以内の契約キャンセルはあまり意味がありません。

home5Gのキャンセルはあまり意味がない?

  • ホームルーター「HR01」も返却
  • 基本料金はキャンセル前日までの日割り計算
  • 機器代金・割引もキャンセル前日までの日割り計算
  • ドコモショップ契約の場合は電波理由でのキャンセル不可

そもそも「初期契約解除制度」や「確認措置」などを根拠とした「8日以内のキャンセル」対応は、通信サービスなどで一般的となっている長期契約縛りから消費者を保護するための法律です。

home5Gは長期契約もなければ解約時の違約金もありません。

つまり、「8日以内のキャンセル」などを利用しなくても解約したいときに解約すればよいというサービスにとって、「8日以内キャンセル」はあまり意味がありません。


\工事不要!ルーター代金実質無料!/

home5Gを申し込む

アマギフ18,000円還元


ドコモ「home 5G」まとめ

ドコモ home 5Gはこんな人向け

ドコモ「home 5G」は電波を使いながらもモバイルではない自宅専用のホームルーターです。

電波を使いながらも5G対応により「下り最大4.7Gbps」という超高速、4G(LTE)接続時でも「下り最大1.7Gbps」という速度が期待できます。

このため、ドコモ「home 5G」は光回線の代替サービスとして検討されることが多いでしょう。

よって、ドコモ「home 5G」は以下のような方へのおすすめサービスとなります。

  • 引っ越しが多い人、自宅に工事の人を入れたくない!
  • 集合住宅で光回線を引けない人やVDSL接続の人
  • すぐにWi-Fiが使いたい人、ドコモのスマホを使ってる人

高品質ドコモの電波ですぐに使えるWi-Fiサービス

全国の人口カバー率99%を超えるドコモの高品質通信が使えるホームルーターの「home 5G」は、今後の光回線をはじめとする固定回線の代替サービスとして期待できます。

自宅に安定した回線のWi-Fiを設置したいけど、光回線・固定回線を引く(工事する)までに時間がかかったり、女性の一人暮らしなどで自宅に工事や下見の人をあげたくない、という場合、home 5Gは有効な通信サービスになります。

5Gだけでなく4Gエリアにおいても光回線を超える通信速度が期待できることから、少し古い集合住宅など、光回線・固定回線を引いても自室までVDSL(電話線)接続になるような場合だと、あきらかにhome 5Gを利用したほうが高速で快適な通信速度を期待することができます。

特に、2023年までのサービス終了が予定されているADSL回線をご利用の方など、今後はhome 5GやWiMAX +5Gなどの電波を使ったホームルーターは光回線・固定回線に代わるサービスと言えます。

ドコモのスマホとセットで高額割引

ドコモ「home 5G」の「home 5Gセット割」はドコモのスマホ利用者にとっては大きな割引サービスとなります。

家族で最大20回線までのスマホが毎月最大1,100円もの割引となります。

いままでのセット割引だった「ドコモ光」に頼らず、手軽に導入できる「home 5G」で「ドコモ光」と同じ割引サービスを受けることができます。


\工事不要!ルーター代金実質無料!/

home5Gを申し込む

アマギフ18,000円還元


home5Gでキャッシュバック特典

home5Gの契約窓口

ドコモhome5Gの契約窓口は大きく以下の3つになります。

home5Gの契約窓口

  • ドコモオンラインショップでネット契約
  • ドコモショップ(実店舗)や家電量販店で契約
  • 販売代理店でネット契約

どの窓口で契約しても通信サービスや料金プランに変わりはありませんが、窓口ごとに個別のキャンペーンを実施しているのでご自分に合ったキャンペーンを選ぶと良いでしょう。

契約窓口 主な特典
ドコモオンラインショップ
  • 事務手数料3,300円が無料
ドコモショップ(実店舗)
  • dポイント10,000ptプレゼント
家電量販店(実店舗)
  • 量販店独自の特典
    ※家電同時購入割引など
ネット販売代理店
  • 販売代理店独自の特典
    ※現金やポイントでのキャッシュバック

アマギフ18,000円相当プレゼント「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB「ドコモhome5G」アマギフ18,000円還元キャンペーン

高額な特典としてはGMOとくとくBB経由でhome5Gを申し込むことでアマゾンギフト券18,000円がもらえるキャンペーンがあります。

GMOとくとくBBを経由してhome5Gを申し込んでも、通信サービスや料金体系は全く同じで独自特典としてのアマギフ18,000円が追加されるだけです。

費用項目 費用
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 39,600円
※12/24/36回分割可能
月額費用 基本料金 4,950円/月
月々サポート -1,100円/月
端末割賦金
※分割払いの場合
  • 3,300円/月(12回払い)
  • 1,650円/月(24回払い)
  • 1,100円/月(36回払い)
契約形態 契約期間 最低利用期間なし
解約時違約金 解約違約金なし
独自特典 アマギフ18,000円還元

特典となるアマギフはhome5Gの開通月の4か月後にメールで送付されてきます。

たとえば今月(2021年9月)開通したとするとアマギフは2021年12月にもらえることになります。

現金15,000円キャッシュバック「アイ・ティー・エックス」

ITX「ドコモhome5G」現金15,000円キャッシュバックキャンペーン

「アマギフ18,000円」の特典に対して「現金15,000円キャッシュバック」の特典を提供している販売代理店がアイ・ティー・エックスです。

金額的には少し落ちますがアマギフではなく現金という点がポイントです。

こちらも当然ながら通信サービス・料金プランは同じで特典の「現金15,000円キャッシュバック」がついてくるだけの違いです。

費用項目 費用
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 39,600円
※12/24/36回分割可能
月額費用 基本料金 4,950円/月
月々サポート -1,100円/月
端末割賦金
※分割払いの場合
  • 3,300円/月(12回払い)
  • 1,650円/月(24回払い)
  • 1,100円/月(36回払い)
契約形態 契約期間 最低利用期間なし
解約時違約金 解約違約金なし
独自特典 現金15,000円キャッシュバック

特典となる現金15,000円はhome5Gの開通月の翌々月に銀行振り込みで送金されます。

たとえば今月(2021年9月)開通したとするとキャッシュバックは2021年11月にもらえることになります。

窓口別の特典まとめ

home5Gはどの契約窓口で契約しても通信サービスや料金プランに違いはないので、窓口独自の特典で気に入ったところを選ぶと良いでしょう。

契約窓口は多岐にわたりますが、大きく分類すると以下のようになります。

契約窓口 主な特典
ドコモオンラインショップ
  • 事務手数料3,300円が無料
ドコモショップ(実店舗)
  • dポイント10,000ptプレゼント
  • 期間限定・用途限定ポイント
  • 最短で開通月を含む3か月後にもらえる
    ※2021年9月開通なら2021年11月にもらえる
家電量販店(実店舗)
  • 量販店独自の特典
    ※家電同時購入割引など
ネット販売代理店 GMOとくとくBB
  • アマギフ18,000円相当プレゼント
  • 開通月を含む4か月後にもらえる
    ※2021年9月開通なら2021年12月にもらえる
アイ・ティー・エックス
  • 現金15,000円キャッシュバック
  • 開通月を含む3か月後にもらえる
    ※2021年9月開通なら2021年11月にもらえる


\工事不要!ルーター代金実質無料!/

home5Gを申し込む

アマギフ18,000円還元


工事不要!ルーター代金実質無料!
アマギフ18,000円還元!

工事不要!ルーター代金実質無料!
現金15,000円キャッシュバック!

格安スマホプランとセットでおすすめの光回線

安くて速いフレッツ光コラボ2選

人気の格安スマホプラン(アハモ・povo・LINEMO・UQモバイル・ワイモバイル)とのセット利用にぴったりの「安くて速いフレッツ光コラボ」2選をご紹介します。

シンプル料金体系で月額料金最安級(月額1,000円ほど安い)フレッツ光コラボです。

最低利用期間なし・違約金なしの「enひかり」

enひかり

  • 最低利用期間なし・違約金なし
  • v6プラスとTransixが選べる
  • v6プラス固定IPアドレス対応
  • ahamo/UQモバイルとのセット割

戸建てマンション
新規
工事費
16,500円
月額
料金
4,620円/月3,520円/月
v6プラス
オプション
v6プラス:198円/月
※Transixも選べる
v6プラス固定IPアドレス:770円/月
割引ahamo/UQモバイルセット割「勝手に割り」
※110円/月のセット割引
契約最低利用期間なし
違約金なし

工事費無料で最安の「GMO光アクセス」

  • 基本工事費無料
  • 最低利用期間なし・違約金なし
  • 月額料金最安級
  • v6プラス無料・v6プラス対応ルーターも無料
  • v6プラス簡単接続

戸建てマンション
新規
工事費
無料無料
月額
料金
4,818円/月3,773円/月
v6プラス
オプション
v6プラス無料
v6プラスルーター無料レンタル
契約最低利用期間なし
違約金なし
※キャンペーン適用により

-92 ホームルーター
-

© 2021 格安スマホのマニュアル