縛りナシ!違約金ナシ!の新プラン

新プランの説明はこちら

「LINEモバイル」はLINE使い放題で格安SIMで唯一年齢認証可能

LINEモバイル

LINEモバイルは日本で最も利用者の多いSNS「LINE」を提供するLINE株式会社が、ドコモのネットワークを利用して提供する格安SIMのブランドとしてスタートしました。

その後、2018年3月に実質ソフトバンクの傘下となり、それまでのドコモ回線に加えてソフトバンク回線も提供、さらに現在ではau回線も提供、どの大手キャリアからも安心して乗り換えることができる格安SIMになりました。

LINEモバイルのサービスの特徴は「SNSカウントフリー」サービスです。LINEやTwitterをはじめ、多くのSNSや動画・音楽サービスが安いプランでも使い放題にできるサービスです。

LINEモバイルの特徴

  • SNSカウントフリー
    ⇒LINEやTwitter・Facebookなどのヘビーユーザーは超お得!
  • LINE年齢認証(ID検索)ができる
    ⇒格安SIMではLINEモバイルだけ!
  • ドコモ・au・ソフトバンクの回線を選べる
    ⇒どのキャリアからも安心して乗り換えできる!

この記事では、これらのLINEモバイルの特徴をはじめとして、LINEモバイルの契約から使いこなしまでを説明しています。

SNS使い放題!

今なら5か月間基本料金が半額!

LINEモバイルはSNS使い放題

LINEモバイルはSNSヘビーユーザー向け

LINEモバイルの最大の特徴は「SNS使い放題」ができることです。

人気のSNSのLINEをはじめ、TwitterやFacebookなどのSNSを利用する場合の通信データ容量が無料通信となり、少ないデータ容量(安い料金プラン)でもSNSをたくさん楽しめる仕組みです。

逆に言えば、SNSをあまり使わない人にはLINEモバイルのメリットはあまりありません。

LINE使い放題

LINEモバイル「LINEフリープラン」
まず、LINEアプリのトークや通話が無料通信となるのがLINEフリープランです。

LINEのチャットやトークなど、どれだけ使ってもデータ通信容量が消費されることはない、LINEヘビーユーザーにはお得なプランです。

音声通話SIMでも、月額1,200円でLINEアプリ使い放題となります。

LINEアプリのトークや通話が無料通信

Twitter/Facebook/Instagramも使い放題

LINEモバイル「コミュニケーションフリープラン」
LINEに加え、「Twitter/Facebook/Instagram」利用時のデータ通信容量もカウントしない(カウントフリー)プランが「コミュニケーションフリープラン」です。

FacebookやInstagramにどれだけ写真をアップロードしても、通信にかかる通信費は無料となります。

さらにLINE MUSICもカウントフリー

LINEモバイル「MUSIC+(プラス)プラン」
そして、さらにLINE MUSICまでもカウントフリーとなるプランが「LINE MUSIC+(プラス)プラン」です。

「LINE MUSIC」とはLINEが提供している月額300円からの音楽配信サービスです。

この「LINE MUSIC」を楽しむ場合に必要となる音楽データの通信費が無料となるのが「LINE MUSIC+(プラス)プラン」です。もちろん、LINE/Twitter/Facebook/Instagramのデータ通信も無料です。

LINE MUSIC | LINE

カウントフリーの対象となるSNS

このように、LINEモバイルには3つのプランがあり、カウントフリーの対象となるSNSサービスが異なってきます。

プランごとにまとめると、以下のようになります。

SNSサービス LINEフリープラン コミュニケーション
フリープラン
LINE MUSIC+
プラン
LINEアプリ トーク
通話
画像・動画送受信
タイムライン
Twitterアプリ タイムライン
ツイート(画像)
DM
×
Facebookアプリ タイムライン
画像・動画
コメント
お知らせ
×
Instagramアプリ タイムライン
画像・動画
アクティビティ
DM
×
LINE MUSIC 音楽・音声の視聴
歌詞・文章
音楽保存
楽曲検索
× ×

ご自分が良く利用しているSNSが対象となるプランで、データ通信容量は一番小さい(一番安い)プランを検討すると良いでしょう。

LINE年齢認証が可能

LINEモバイルではすべてのプランで「LINEアプリの通信が無料(カウントフリー)」となっています。

そして、もうひとつの強みが「LINE年齢認証(ID検索)ができる」という点があります。

LINEの年齢認証は基本的に大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と連携した認証機能となっており、格安SIMではこの認証機能を利用できません。

LINEモバイルは自社で契約情報を持っているため、格安SIMでは唯一、年齢認証を行うことができます。これは、LINEモバイルが提供しているすべてのプラン・SIMタイプで可能です。

データ容量を使いきってもSNSは高速

LINEモバイルではデータ通信容量を使いきってしまうと通信速度が200Kbpsに速度制限されます。

速度制限された状態においても、LINEなどのカウントフリー対象機能では高速通信が行われます。

追加チャージも安い

データ通信容量を使いきってしまっても、カウントフリー機能は高速通信できますが、やはり高速通信容量を追加したい場合でも格安SIMでは比較的安い料金(500円/500MB)で追加できます。

追加したデータ通信容量は翌月の末日まで使えるので安心です。

初月の料金と賢いプランの選び方

LINEモバイルの初月(利用開始月)は一律料金

LINEモバイルでは、初月(利用開始月)の利用料金が面白い設定になっています。

どの料金プランを選んでも、どのデータ容量を選んでも、SIMのタイプにより以下の一律料金となります。

LINEモバイルの初月料金

  • データSIMなら500円
  • データSIM(SMS付き)なら620円
  • 音声通話SIMなら1,200円

どのプランを選んでも、どのデータ容量を選んでも、利用開始月の月額料金は上記の一律料金が適用されます。

この料金は、各SIMタイプ(データ・データ(SMS付き)・音声通話)の一番安い料金に合わせた料金設定です。

LINEモバイルは初月(利用開始月)にプラン変更ができる

LINEモバイルでは、利用開始した月に翌月以降の料金プラン変更が可能です。プラン変更をすると、翌月の1日から新しい料金プランが適用されます。

SIMタイプの変更は新しいSIMの発行が必要となるためSIMカード変更となりますが、「LINEフリー・コミュニケーションフリー・LINE MUSIC+」の各プランと、それぞれのデータ容量については、いつでも初月(利用開始月)でもプラン変更が可能です。

LINEモバイルの賢いプランの選び方

この「初月の料金は一番安いプラン」「初月でも次月以降の料金プラン変更ができる」という点から、LINEモバイルの賢いプランの申し込み方は以下のようになると思います。

LINEモバイルの賢いプランの選び方

  • できるだけ月初から使い始める
    ⇒料金は一律のため、月初めから使うとお得!
  • 「LINE MUSIC+」や「コミュニケーションフリー」プランを選ぶ
    ⇒高いプランでも初月は最低料金

LINEポイントが貯まる

毎月の利用料金の1%がLINEポイントとして還元されます。

貯まったLINEポイントはLINEスタンプなどLINEアプリ内コンテンツでの利用が可能です。

LINE Payでも支払可能

LINEモバイルの申し込み時には支払用のクレジットカードが必要ですが、LINEのサービス「LINE Pay/LINE Payカード」で契約・支払することも可能です。

LINE Payで契約する場合には、LINE Payカード登録またはLINE Payへのクレジットカード登録が必要。

LINE Payカードで契約する場合には、LINE Payカードへのクレジットカードの登録または十分な残高チャージが必要です。

LINEの友達へデータプレゼント

LINEモバイルを使っている友達へ、データ通信容量をプレゼントしたり、プレゼントしてもらったりできます。

iPhoneも利用可能

LINEモバイルはドコモのネットワークを使ったサービスなので、ドコモのスマホもiPhoneもそのまま利用できます。もちろん、SIMフリー版も利用可能。

ただし、LINEモバイルではドコモの3G通信専用端末は利用できないため、利用できるiPhoneは以下の通りです。
※すべてドコモ版またはSIMフリー版

  • iPhone5S
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone6S/6S Plus
  • iPHone7/7 Plus

持込端末の保証サービス

いままで大手キャリアで使っていたスマホをそのままLINEモバイルで使う場合や、自分で購入したSIMフリー・スマホなどの万が一の場合を保証してくれる「持込端末保証サービス」があります。

破損・水没などの場合でも少しの自己負担で交換・修理の対応をしてくれるサービスです。もちろん、iPhoneも保証(修理のみ)してくれます。

さらにソフトバンク回線も提供

2018年7月2日より、LINEモバイルは今までのドコモ回線に加えてソフトバンク回線サービスを開始しました。

実質的にソフトバンク子会社となったことから、料金プラン的にはドコモ回線と同じですが、高品質(速い)でサービスも充実しています。

このソフトバンク回線サービスの開始により、今後LINEモバイルをご利用になる場合には、ドコモ回線よりもソフトバンク回線の方がおすすめとなります。

LINEモバイルの注意点

おすすめのLINEモバイルですが、他社比較での注意点も述べておきます。

3G通信はできない

LINEモバイルではデータ通信においては、4G(LTE)通信サービスのみを提供しており、3G通信サービスを提供していません。

そのため、4G(LTE)通信ができないちょっと旧型の3G専用スマホなどはご利用できません。

※音声通話での3G通信(FOMA音声通話)は可能です。

高速通信・低速通信の切り替えができない

多くの格安SIMで提供されている「高速通信・低速通信の切り替え」がLINEモバイルではできません。

LINEモバイルの低速通信は200Kbpsながら安定した速度と「バースト機能」により、かなり快適に使えるのですが、残念ながら高速・低速切替は今後に期待です。

データ通信SIMでも本人確認書類必要

多くの通信事業者では、音声通話SIMでは契約時に顔写真つきの本人確認証明(運転免許証など)が必要ですが、データ通信SIMでは不要としています。

LINEモバイルでは、データ通信SIMでも音声通話SIM同様の本人確認証明が必要です。

これは、LINE年齢認証やLINE Payでの送金サービスなど、LINEモバイルが通話・通信機能以外にもさまざまなサービスを提供しているためです。

一部のMVNOからのMNPができない

LINEモバイルは上位ネットワーク(MVNE)にOCNの回線を使っています。

そのため、一部のOCN系回線を提供しているMVNO(OCNモバイルONEやNifMoなど)からLINEモバイルへのMNP転入はできません。

LINEモバイルMNP転入ができないMVNOリスト
【引用:LINEモバイルよくある質問・ヘルプ】

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンク回線対応

トリプルキャリア

LINEモバイルでは、申し込み時に「ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線」から、お好きな回線を選んで契約することができます。

どの回線を選んでも、料金プラン・料金やオプションサービスは同じです。

では、これらの回線をどう選べば良いのでしょうか?

LINEモバイルのおすすめはソフトバンク回線

まず、LINEモバイルでのおすすめ回線はずばり「ソフトバンク回線」です。

現在のLINEモバイルは実質的にソフトバンクの子会社となっており、ドコモ・auの回線よりもソフトバンク回線のほうがより快適に利用できる状況です。

また、LINEモバイルではスマホセットとして人気の「iPhone6S」を販売していますが、この「iPhone6S」はソフトバンク回線とのセット契約のみが可能、となっています。

LINEモバイルを新たに契約する人で、特にスマホセットでの契約を考えている方、まずはソフトバンク回線を選ぶことをおすすめします。

ドコモ・auのスマホを持ち込んで乗り換える人

一方、現在ドコモ・auをご利用の方で、ご利用中のスマホをそのままでLINEモバイルへの乗り換えを検討している方は、ドコモやauの回線を選ぶと良いでしょう。

知っておくべきドコモ・au・ソフトバンク「回線の違い」

まず音声通話SIMでの音声通話(090/080番号通話)に関するサービスの違いです。

音声通話SIMオプション

ソフトバンク回線 ドコモ回線 au回線
留守番電話 月額無料 - -
留守番電話プラス 月額300円 月額300円 月額300円
グループ通話 月額200円 - 月額200円
迷惑電話ストップ 月額100円 月額無料 月額100円
転送電話 月額無料 月額無料 月額無料
国際電話 月額無料 月額無料 月額無料
国際ローミング - 月額無料 -
10分かけ放題 月額800円
割込通話 月額200円
通話明細 月額100円
ソフトバンク回線は留守番電話サービス無料

注目すべきは、ソフトバンク回線は無料で留守番電話が使える、という点。

通常留守番電話サービスは月額200円から300円ほどの有料オプションサービスとなるのが一般的ですが、ソフトバンクやワイモバイルでは有料オプションを提供しながらも、簡易版の留守番電話が無料で使える仕組みになっていて、LINEモバイルのソフトバンク回線でも同様に無料の留守番電話サービスが使えます。

有料版との違いは録音できるメッセージの時間が短いことと、録音できるメッセージ件数が少ないことで、以下のように違いがあります。

ソフトバンク回線の留守番電話サービス
サービス名 月額料金 録音件数 保存期間
留守番電話 月額無料 30件 3日間
留守番電話プラス 月額300円 100件 1週間

データ通信容量の扱い

LINEモバイルでは、毎月のデータ容量を使い切らない場合には余ったデータ容量を「プレゼント」したり「データ容量の繰り越し」をしてくれたりします。

ソフトバンク回線 ドコモ回線 au回線
データプレゼント 可能 可能 可能
データ容量の繰り越し 可能 可能 可能

「データプレゼント」は、自分の余ったデータ容量をLINEモバイルを使っているお友達(や家族など)へプレゼントできる機能があります。

また、データ通信容量が余っても自動的に次の月の月末までは繰り越してつかうことができます。

データ容量の追加購入

毎月のデータ容量を使い切ってしまった場合には速度を戻すためにデータ容量を追加購入することになります。

ソフトバンク回線 ドコモ回線 au回線
容量と金額 500円/0.5GB
1,000円/1GB
500円/0.5GB
1,000円/1GB
3,000円/3GB
500円/0.5GB
1,000円/1GB
追加購入可能な回数 10回/月まで 3回/月まで 10回/月まで

LINEモバイルではドコモ・au・ソフトバンクのすべての回線でギガ単価(1GBあたりの金額)が1,000円となっています。

LINEモバイルの料金体系

初期費用

LINEモバイルでは回線契約を行いSIMカードを発行してもらうたびに「SIMカード発行手数料」と「ウェブ登録事務手数料」が必要です。

「SIMカード発行手数料」は、回線契約を行いSIMカードを発行してもらうたびに必要で、400円が請求されます。

「ウェブ登録事務手数料」も回線契約ごとに3,000円必要ですが、2回線目以降は少し安くなります。

費用項目 料金 説明
SIMカード発行手数料 SIMカード発行のたび 400円 SIMカードを発行する時に必要です。
ウェブ登録事務手数料 1回線目 3,000円
2回線目以降 0円 音声通話SIMカードの場合
500円 データ通信SIM(SMS付)の場合
1,000円 データ通信SIMの場合

このように、LINEモバイルに最初に契約する場合には必ず3,400円が必要で、2回線目以降ではSIMカードによってウェブ契約事務手数料が割引される、ということになります。

月額基本料

LINEフリープラン

LINEアプリ使い放題(カウントフリー)のプランです。

SIMタイプ 月額料金 データ容量 追加チャージ
データ通信SIM 500円 1GB 500MB/500円
1GB/1,000円
3GB/3,000円
※翌月末日まで有効
データ通信(SMS付)SIM 620円
音声通話SIM 1,200円
全てのプランでLINE年齢認証が可能

コミュニケーションフリープラン

LINE/Twitter/Facebook/Instagramが使い放題(カウントフリー)のプランです。

SIMタイプ 月額料金 データ容量 追加チャージ
データ通信(SMS付)SIM 1,110円 3GB 500MB/500円
1GB/1,000円
3GB/3,000円
※翌月末日まで有効
音声通話SIM 1,690円
データ通信(SMS付)SIM 1,640円 5GB
音声通話SIM 2,220円
データ通信(SMS付)SIM 2,300円 7GB
音声通話SIM 2,880円
データ通信(SMS付)SIM 2,640円 10GB
音声通話SIM 3,220円
全てのプランでLINE年齢認証が可能

MUSIC+(プラス)プラン

「コミュニケーションフリープラン」の内容に加えて、「LINE MUSIC」の利用におけるデータ消費が使い放題(カウントフリー)のプランです。

SIMタイプ 月額料金 データ容量 追加チャージ
データ通信(SMS付)SIM 1,810円 3GB 500MB/500円
1GB/1,000円
3GB/3,000円
※翌月末日まで有効
音声通話SIM 2,390円
データ通信(SMS付)SIM 2,140円 5GB
音声通話SIM 2,720円
データ通信(SMS付)SIM 2,700円 7GB
音声通話SIM 3,280円
データ通信(SMS付)SIM 2,940円 10GB
音声通話SIM 3,520円
  • 全てのプランでLINE年齢認証が可能
  • LINE MUSICの利用には別途チケットの購入が必要です

プランの変更

LINEモバイルでは、契約のSIMタイプ(データ通信(SMS付)SIM/音声通話SIM/データ通信SIM)が同じであれば、LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・LINE MUSIC+プランのどのプランへも月単位でプラン変更可能です。プラン変更と同時に、月のデータ容量の変更も可能です。

プラン変更の反映は、マイページからの変更手続きの翌月1日から反映されます。

ただし、LINEフリープランの「データ通信SIM」は他のプランにはありません。よって、LINEフリープランの「データ通信SIM」だけは他のプランへ変更または他プランからの変更ができません。

初月(利用開始月)無料

LINEモバイルでは、利用開始月の月額基本料金は無料です。

通話・通信料金

費用項目 料金 説明
通話料金 国内通話20円/30秒
SMS(ショートメッセージ) 送信 3円/通
受信 無料
追加チャージ 500MB/500円
1GB/1,100円
3GB/3,000円
購入翌月末まで有効

通話オプション

通話もできる「音声通話」プランに追加できる通話機能用オプションです。
※データ通信専用では利用できません。

通話サービス 月額料金
留守番電話サービス 300円/月
割込通話サービス 200円/月
転送電話サービス 0円/月

その他オプション料金

オプションサービス 料金 説明
i-フィルター 無料 不正サイト・詐欺サイトなどへのアクセスを防ぐ
端末保証サービス 450円 LINEモバイルで購入したスマホの保証サービス
持込端末保証サービス 500円 自分で用意した持込端末の保証サービス

事務手数料

事務手続き 手数料 説明
SIMカードサイズ変更 3,000円
MNP転出 3,000円

解約規定

通常プラン 音声通話SIM 最低利用期間 12ヶ月
違約金 9,800円
データ通信SIM
データ通信(SMS付)SIM
最低利用期間 なし
違約金 なし

LINEモバイルのオプションサービス

i-フィルター

LINEモバイルでは、利用者が18歳未満の場合には無料で「i-フィルター」を提供しています。

i-フィルターは未成年者が巻き込まれやすいネットトラブルに対する安全機能の提供を目的としたサービスで、有害サイトへのアクセスを遮断してくれるサービスです。「アクセス遮断」だけではなく、遮断されたアクセス状況の監視も可能なサービスです。

LINEモバイルのお得な情報

キャンペーン情報

LINEモバイルが現在実施中のお得なキャンペーン情報は、こちらの記事でご紹介しています。

LINEモバイルで購入できるおすすめスマホ

セットで購入できるスマホ情報




SNS使い放題!

今なら5か月間基本料金が半額!

2016年12月15日

Copyright© 格安スマホのマニュアル , 2019 All Rights Reserved.