楽天モバイルの050データSIMの仕組みを解説。Viberとは?なぜ無料通話ができるのか?

本記事は旧「楽天モバイル(MVNO)」に関する記事であり、現在(2020年4月8日以降)新規契約はできません。

楽天モバイルのSMS機能付データ通信SIMが「050データSIM Powered by Viber」というよくわからない名称に変更されています。

実態はSMS機能付データ通信SIMなので、「SMS機能は付いているけど音声通話はできません」というSIMなのですが、楽天が持つリソースの組み合わせにより「だけど050IP電話がとてもお得に使えるSIMでもありますよ」という内容になっています。

ここでは、楽天モバイル「050データSIM」の音声通話機能について解説します。

全国でギガ使い放題・通話し放題
料金3か月間無料・スマホ代もポイント還元

050データSIM Powered by Viberとは

データSIM(SMSあり)を改名

楽天モバイルの「050データSIM Powered by Viber」というSIM、何だかよくわからない名前ですが、実態は「データSIM(SMSあり)」が改名されたもので、SIMの機能は変わりません。

「080/090番号による音声通話はできないけど、SMS通信はできる」というSIMです。

050IP電話機能標準装備

加えて、050IP電話機能が標準で装備されています。「050データSIM」を契約すると、楽天グループの「楽天コミュニケーションズ」が管理する050IP電話番号をひとつ無料で貰えるサービスがあるわけです。

もちろん、IP電話に関する月額料金も無料です。

では、その050番号はどうやれば使えるのか?というと、こちらも楽天グループのアプリ「Viber」というアプリがIP電話アプリになります。

楽天グループ「Viberアプリ」とは

「Viber」というアプリはLINEと同じようなメッセージアプリです。Viber同士でのメッセージ通信・無料通話などの機能に加え、LINEでんわのように電話番号を持たせることで外線発信もできるアプリです。

この「電話番号を持たせる」機能を使って、貰った050番号によるIP電話の発信・着信が行えるようになります。

これらの機能はIP電話機能なので、通話機能が無いSIMであっても音声通話ができるようになります。

このように、通常の「データSIM(SMSあり)」に、050番号ひとつと、楽天Viberアプリを組み合わせることでIP電話による音声通話機能をパッケージした製品が「050データSIM Powered by Viber」になります。

もちろん、「音声通話なんて使わないよ!」という人はただの「データSIM(SMSあり)」なので、そのまま使えば良いわけです。

せっかくなので、050番号による音声通話も使ってみようか、という方は、貰った050番号を認証(使えるように)して、音声通話に利用することができます。


国内・海外でギガ使い放題・通話し放題

楽天モバイルを無料お試し

今なら3か月間月額料金無料、さらに初期費用・解約費用すべて無料


楽天「Viber」について

Viberの機能

Viberは楽天モバイルの「050データSIM Powered by Viber」のSIMを使わなくても使うことができます。LINEと同じメッセージアプリなので、スマホにアプリをダウンロードすればすぐに使えます。


国内・海外でギガ使い放題・通話し放題

楽天モバイルを無料お試し

今なら3か月間月額料金無料、さらに初期費用・解約費用すべて無料


楽天モバイル「050データSIM Powered by Viber」

楽天モバイルで使うViber

さて、楽天モバイルのSIMでなくても使える「Viber」ですが、楽天モバイルで使うとちょっと動作が変わってきます。

通常のViberで電話を掛けた場合、海外の通信事業者回線を利用した発着信となるため、着信時に電話番号が正しく通知されない場合があります。「非通知」と表示されたり「+81」という日本の国番号がついた番号が表示されたりします。

ですが、楽天モバイルのSIMで使うViberは、発信者電話番号がきちんと(完璧に)相手に通知されるようになります。

違いは完璧な発信者番号通知

これは、「Viber」の認証に使った電話番号が楽天モバイル発行の電話番号であれば、海外通信網を使わずに国内通信網・おそらく楽天コミュニケーションズの通信網を使ったIP電話通信を行っていると想像できます。

通話機能のない端末でも利用可能

iPadやタブレットなど、070/080/090番号での通話機能がない端末でも、Viberは利用可能です。

そして驚くほど安い通話料

Viberを使った050発信での通話料金は驚くほど安く設定されています。

050データSIM
Powered by Viber
050Plus(OCN) LaLa Call(mineo)
通話料金 携帯電話宛 9.98円/分 16円/分 18円/分
固定電話宛 3.05円/3分 8円/3分 8円/3分

携帯電話宛でも固定電話宛でも完全に番号通知が可能で、しかもViberの通話料金は非課税となります。
※Viberの通話料金は為替レートによる変動があります。

ただしViberクレジットの購入が必要(プリペイド)

Viber outを使った050番号での発信で発生する通話料金は、楽天モバイルから月単位で請求されるわけではありません。事前にViberアプリ内で「Viberクレジット」を購入しておく必要があります(プリペイド方式)。

「Viberクレジット」は050番号発信での通話料に使われるほか、Viberアプリ内でのスタンプ購入などに利用することもできます。

Viberクレジットの購入方法

Viber起動画面

Viberクレジットの購入は「その他」メニューから行います。

画面下のメニュー右端の「その他」から「その他」メニューを表示し、画面中央の「Viber OUT」をタップしてください。

Viberクレジット購入

クレジットの購入画面より、ご希望の額のクレジットを購入します。

購入できるクレジットは120円分($0.99)/600円分($4.99)/1,200円分($9.99)となります。Viberではクレジットも通話料もすべてドル決済であるため、為替レートによって価格は変動します。

もちろんViber同士の通話は無料

Viber同士の通話はアプリ間通話となり、完全に通話料無料となります。LINE同士の通話と同じです。

「Viber同士」とは、「050データSIM」で使っているViber同士だけではなく、通常のアプリとして(050データSIM以外で)使っているViberとも通話料無料です。

050番号発信でもViber無料キャンペーンは適用

そして、楽天モバイル発行の050番号を使ったViberで外線発信しても、現在キャンペーン中の「10分無料通話」は適用される、ということになります。

「10分無料通話」のトライアルキャンペーンは2016/12/20で終了しました。

まとめ

一般アプリのViberと、楽天モバイルのViberの違い

  • 「050データSIM」で使うViber(050番号)は完璧に発信者番号通知が可能
  • Viberキャンペーン10分無料が適用される 2016/12/20で終了
2016/12/14追記
Viber10分無料キャンペーンが2016/12/20 15:00までと告知されました。
【外部リンク:すべての国内通話が0円!携帯も固定電話にも!トライアル実施中! | Viber】


国内・海外でギガ使い放題・通話し放題

楽天モバイルを無料お試し

今なら3か月間月額料金無料、さらに初期費用・解約費用すべて無料


楽天モバイルシンプラン「UN-LIMIT」

楽天モバイル「UN-LIMIT」とは?

2020年4月8日より、楽天モバイルは「第四のキャリア」として自社設備による通信サービスの提供を開始しました。

「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」を提供する楽天モバイルと、「第四のキャリア」としての楽天モバイル、どちらも楽天モバイルという名称ですが、サービス内容は大きく異なります。

「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」を提供する楽天モバイルは他社設備(ドコモ・au)を借りて通信サービスを提供するいわゆるMVNOであり、格安SIMと呼ばれる形態です。

一方の「第四のキャリア」として「UN-LIMIT」を提供する楽天モバイルは電波の割り当てを持ち自社設備によって通信サービスを提供する、いわゆるMNOであり、ドコモ・au・ソフトバンクと同列サービスとなります。

現在の「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」利用者はどうなる?

すでに楽天モバイルではMVNOサービスとしての「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」は新規受付を停止しており、今後はMNOサービスとしての「UN-LIMIT」へ移行していきます。

楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)新規受付終了のお知らせ | 楽天モバイル

ただし、「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」のサービス終了時期についてはアナウンスされておらず、(当面は)今後の「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」を使い続けていくことができます。

なお、「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」は契約期間の縛りの無いプランなので、いつでも違約金等不要で「UN-LIMIT」へ乗り換えることができます。

新プラン「UN-LIMIT」の特徴

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT」は「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」のように選択できるプランではなく、たった一つのプランです。

特徴は「ギガ使い放題」と「楽天リンク(Rakuten LINK)アプリで通話無料・SMS無料」が「月額たったの3,278円」という点です。

UN-LIMITの「ギガ使い放題」

楽天モバイル「UN-LIMIT」は楽天モバイルが「第四のキャリア」として自社回線設備を使って展開するサービスです。

しなしながら、サービス開始直後の現時点においては楽天モバイルの自社回線エリアは首都圏や地方都市を中心にまだまだ限られたエリアでしかなく、全国のほとんどの自社回線エリア外では「パートナーエリア」としてau回線を借りてサービス提供しています。

つまり、現在の楽天モバイル「UN-LIMIT」には楽天モバイルの自社回線設備による「自社回線エリア」とau回線を借りて提供している「パートナーエリア」があります。

現時点では、国内のほとんどのエリアが「パートナーエリア」となります。

楽天モバイル「UN-LIMIT」では、「自社回線エリアではギガ使い放題(上限なし)」「パートナーエリア(au回線)では毎月5ギガ、超過後でも1Mbpsで使い放題」というサービス内容になっています。

UN-LIMITの「楽天リンク(Rakuten LINK)アプリ」

楽天モバイル「UN-LIMIT」の最大の特徴は、スーパーアプリ「楽天リンク(Rakuten LINK)」による通話料無料・SMS送受信無料のサービスがあります。

楽天モバイルが提供するアプリ「楽天リンク(Rakuten LINK)」を利用することで、電話番号による音声通話もSMS送受信も完全無料となるのです。

もちろん、LINEなどのアプリ間通話ではなく、相手が他社(ドコモ・au・ソフトバンクなど)の携帯電話であっても電話番号による音声通話が通話料無料・SMS送信無料です。

音声通話の利用が多い人にとって、この「通話料無料」のサービスは非常に魅力的です。

「UN-LIMIT」なら海外でも使える

楽天モバイル「UN-LIMIT」は日本国内において自社回線エリアとパートナーエリア(au回線)があることは先述した通りです。

今後、自社回線エリアが拡大することで、その拡大分のパートナーエリアは自社回線エリアに置き換わっていきます。

さらに、楽天モバイル「UN-LIMIT」では海外66の国・地域においても「海外パートナーエリア」としてサービス展開しています。

海外利用の追加オプション料金などなしに、海外パートナーエリアでも毎月2ギガまでのデータ通信が可能です。

さらに、海外パートナーエリアでも楽天リンク(Rakuten LINK)アプリを利用すれば、国内と同様に電話番号による音声通話の発信・着信が可能、発信の場合の通話料金はもちろん無料です。

これだけ揃って月額3,278円

このように、「ギガ使い放題」「通話料・SMS完全無料の楽天リンク(Rakuten LINK)アプリ」「海外でもそのまま使える」という独自サービスをそろえて、月額たったの3,278円で利用できるのが楽天モバイル「UN-LIMIT」です。

スーパーホーダイとUN-LIMITの比較

楽天モバイルのMVNO(ドコモ・au回線)サービス「スーパーホーダイ」と、第四のキャリアとしてのMNOサービス「UN-LIMIT」を比較してみましょう。

まず、両プランの概要は以下のようになります。

UN-LIMIT スーパーホーダイ
プランS プランM プランL プランLL
月額基本料金 3,278円 3,278円 3,980円 5,980円 6,980円
割引 楽天会員割(※2) 1年間無料
※キャンペーン
12ヶ月間毎月1,500円割引
ダイヤモンド会員割(※3) 12ヶ月間500円割引(会員ランクがダイヤモンドの月)
月額基本料金(割引後) 1年目
※楽天会員割適用後
3,278円 1,628円 2,480円 4,480円 5,480円
2年目以降 3,278円 3,980円 5,980円 6,980円
音声通話 通話料無料
※Rakuten LINK利用時
10分かけ放題(10分超過後は11円/30秒)
データ通信 高速通信 無制限(自社エリア)
5GB(パートナーエリア)
2GB 6GB 14GB 24GB
低速通信 1Mbps使い放題(回線混雑時は300Kbps)
※アプリで高速・低速切り替え可能
翌月繰越 ギガ繰越不可 余った高速通信(ギガ)の翌月繰越可能
契約形態 契約期間の縛りナシ(契約解除料もナシ)

※価格は税抜き表示

「UN-LIMIT」はたった一つのプランのみ

「スーパーホーダイ」が月間の使えるギガによって「S/M/L/LL」という4つのプランに分かれているのに対し、「UN-LIMIT」はたった一つのプランしかありません。

「UN-LIMIT」の月額料金は3,278円/月で、スーパーホーダイ(S)と同額に設定されています。

「UN-LIMIT」自社回線エリアならギガ無制限

「UN-LIMIT」プランを理解するには、「自社回線エリア」と「パートナーエリア」を知る必要があります。

楽天モバイルが自社設備で展開するエリア「楽天モバイル自社回線エリア」と、自社回線エリアがカバーできない部分をau回線を借りて展開する「パートナーエリア」です。

「UN-LIMIT」プランは、自社回線エリアではギガ無制限、パートナーエリア(au回線)でも毎月5ギガまで、5ギガ超過後でも1Mbpsの高速通信が使い放題という内容になっています。

プラン・料金・割引特典はシンプル

「スーパーホーダイ」はギガの容量に応じて4つのプランがあることに加え、が楽天会員を対象とした割引により1年目・2年目・3年目以降の月額料金が大きく変わり、少し複雑なプランになっています。

半面、楽天のヘビーユーザーにとってはお得感の高いプランです。

一方「UN-LIMIT」は「自社回線エリアではギガ使い放題」「パートナーエリア(au回線)でも月5ギガ、超過後でも1Mbps使い放題」で月額3,278円とシンプルなプランです。

月額料金の支払いに対して1%相当の楽天ポイントが付与されるのは「スーパーホーダイ」と同じですが、スーパーホーダイほど楽天会員に対する特典を強化していません。

つまり、「楽天ヘビーユーザーなら最初の2年間はスーパーホーダイがお得」なプラン体系になっています。

通話が多いなら「UN-LIMIT」でRakuten LINK(通話料無料)

「スーパーホーダイ」には標準で「10分かけ放題」のサービスがあります。最初の10分間の通話料は無料で10分超過後は11円/30秒の従量課金となります。

音声通話の利用が多い人にとって、スーパーホーダイは非常に魅力的なプランですが、「UN-LIMIT」はその上を行きます。

「UN-LIMIT」をご利用であれば、楽天モバイルが提供するスーパーアプリ「楽天リンク(Rakuten LINK)」を利用することで、国内・海外でも通話料無料・SMS無料のサービスを利用することができます。

もちろん、LINEなどのアプリ間通話ではなく電話番号を使った通話・SMSなので、相手が他社(ドコモ・au・ソフトバンク)であっても楽天リンク(Rakuten LINK)により無料通話・無料SMSとなります。

通話の多い人には楽天リンク(Rakuten LINK)はスーパーホーダイを超えて非常に魅力的なサービスです。

低速通信でも速い!使い放題!

「スーパーホーダイ」の最大の特徴は「低速時でも1Mbpsで使い放題」です。

このサービスは、「低速なら200Kbps~300Kbps」が標準の格安SIMの中では衝撃的なサービスでした。

実際、「スーパーホーダイ」の利用者は「スーパーホーダイ(S)」を月額1,628円(割引適用後)で契約し、低速1Mbpsで動画をたくさん見る人が多いようです。

「UN-LIMIT」は楽天モバイル自社回線エリアならギガ使い放題、パートナーエリア(au回線)でも月5ギガを超過しても1Mbpsで使い放題です。

どちらも「ギガ使い果たしても1Mbpsで使い放題」ですが、実際の通信速度には大きな差があります。

「スーパーホーダイ」はMVNOサービスとしてドコモ・au回線を利用していることから、「1Mbps」といってもお昼・夕方の通信の混雑時には200Kbps程度しか速度が出ない場合が多いです。

一方の「UN-LIMIT」のパートナーエリアでの5ギガ超過後は、お昼・夕方の通信混雑時であってもきちんと1Mbpsの速度がでます。

スーパーホーダイのご利用の方で、お昼・夕方の速度低下に悩まされている方にとっては、この「本当に1Mbpsで使えるUN-LIMIT」は快適性が向上するサービスと言えます。

キャンペーンで1年間無料

「UN-LIMIT」の料金体系は「スーパーホーダイ」のように楽天会員のランクによって大きく割引されるような特典がありません。

「スーパーホーダイ」なら楽天ヘビーユーザーは月額1,628円(割引適用後)で2年間使えてしまいます。

しかし、「UN-LIMIT」も現在キャンペーンにより「月額料金(3,278円/月)が1年間無料」のキャンペーンを実施しています。

さらに乗り換え時に必要となる初期費用(3,300円)も、後日楽天ポイントで全額還元されます。

つまり、現在の「UN-LIMIT」は「1年間無料でお試しできるプラン」ということになります。

もちろん、「UN-LIMIT」は「スーパーホーダイ」同様に契約期間の縛りがなく、いつでも違約金無料で解約することができます。


国内・海外でギガ使い放題・通話し放題

楽天モバイルを無料お試し

今なら3か月間月額料金無料、さらに初期費用・解約費用すべて無料


楽天モバイルの基本情報

楽天モバイルの料金体系やさまざまなサービスを説明しています。

全国でギガ使い放題・通話し放題
料金3か月間無料・スマホ代もポイント還元

格安スマホプランとセットでおすすめの光回線

安くて速いフレッツ光コラボ2選

人気の格安スマホプラン(アハモ・povo・LINEMO・UQモバイル・ワイモバイル)とのセット利用にぴったりの「安くて速いフレッツ光コラボ」2選をご紹介します。

シンプル料金体系で月額料金最安級(月額1,000円ほど安い)フレッツ光コラボです。

最低利用期間なし・違約金なしの「enひかり」

enひかり

  • 最低利用期間なし・違約金なし
  • v6プラスとTransixが選べる
  • v6プラス固定IPアドレス対応
  • ahamo/UQモバイルとのセット割

戸建てマンション
新規
工事費
16,500円
月額
料金
4,620円/月3,520円/月
v6プラス
オプション
v6プラス:198円/月
※Transixも選べる
v6プラス固定IPアドレス:770円/月
割引ahamo/UQモバイルセット割「勝手に割り」
※110円/月のセット割引
契約最低利用期間なし
違約金なし

工事費無料で最安の「GMO光アクセス」

  • 基本工事費無料
  • 最低利用期間なし・違約金なし
  • 月額料金最安級
  • v6プラス無料・v6プラス対応ルーターも無料
  • v6プラス簡単接続

戸建てマンション
新規
工事費
無料無料
月額
料金
4,818円/月3,773円/月
v6プラス
オプション
v6プラス無料
v6プラスルーター無料レンタル
契約最低利用期間なし
違約金なし
※キャンペーン適用により

最速!最安!縛りなし!「enひかりクロス」

enひかりクロス「最速10Gbps・最安5,700円」

  • 最速10Gbpsのフレッツ光クロス
  • 最低利用期間なし・違約金なし
  • v6プラスとクロスパスが選べる
  • ahamo/UQモバイルとのセット割
  • 工事費無料キャンペーン!

戸建て
新規
工事費
16,500円
工事費無料キャンペーン実施中
月額
料金
6,270円/月
v6プラス
オプション
v6プラス:無料(標準装備)
※クロスパスも選べる
v6プラス固定IPアドレス:770円/月
割引ahamo/UQモバイルセット割「勝手に割り」
※110円/月のセット割引
契約最低利用期間なし
違約金なし

2016年12月7日

© 2021 格安スマホのマニュアル