UQモバイルでiPhoneを使う、機種ごとのまとめ

UQモバイルはauネットワークを利用した格安SIMです。そのため、auスマホであればそのままUQモバイルで使える!というのが大きなウリのひとつです。

そして、UQモバイルでiPhoneを使う場合の最大のメリットは「テザリングができる」こと。au系格安SIMの中で唯一UQモバイルだけがテザリング可能となっています(SIMフリー版でauVoLTE版SIM利用の場合)。

au版のiPhoneを使っている人が2年経って、そのままUQモバイルで使いたいという方のために、iPhoneをUQモバイルで使う場合の注意点をまとめました。


UQモバイル版iPhoneSE/6S

※本記事は、お手持ちのiPhoneをUQモバイルへ持込で使いたい方への情報をまとめています。

UQモバイルが販売しているiPhoneSE/iPhone6Sの情報はこちらの記事を参考にしてください。

UQモバイルで使えるiPhoneは?

動作確認済みのiPhone

まず、UQモバイルが正式に動作確認しているiPhoneの機種ごとのまとめは以下の通りです。
UQモバイルで使えるiPhone

見づらいのとちょっと補足して作成した表が以下です。

モデル SIMフリー版
SIMロック解除版
au版 docomo
SoftBank版
一部SIMロック解除必要 SIMロック解除必要
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6S Plus
iPhone 6S
iPhone 6 Plus ×
iPhone 6 ×
iPhone 5S ×
【凡例】

  • ◎:そのまま利用可能
  • ○:SIMロックを解除することで利用可能
  • ×:販売されていない、またはSIMロック解除ができないため利用不可

SIMフリー版iPhone

まず「SIMフリー版iPhone」とは、日本国内のアップルストアで販売されている(されていた)SIMフリー版のモデルです。アップルからはiPhone5S以降のモデルがSIMフリー版として販売されています。

また、ドコモ・au・ソフトバンクから購入したiPhoneも、SIMロックを解除することでこの「SIMフリー版iPhone」と同等の機能となります。

このSIMフリー版iPhone(SIMロック解除版を含む)は、iPhone5S以降のモデルにおいてそのままUQモバイルで利用することができます。

au版iPhone

auから購入したiPhoneも、SIMロックを解除すると「SIMフリー版」となり、iPhone5S以降のモデルでUQモバイルを利用可能ですが、一部auのSIMロックがかかったままの状態でもUQモバイルで利用可能です。

表の「au版/◎」に該当するモデルは、auのSIMロックがかかったままでUQモバイルで利用可能、それ以外のau版iPhoneはSIMロックを解除することで利用可能です。

ドコモ・ソフトバンク版iPhone

ドコモ・ソフトバンクから購入したiPhoneはSIMロックを解除することで、UQモバイルで利用可能です。

SIMカードの選び方

UQモバイルでは、お手持ちのiPhone用のSIMを選ぶ場合、非常にわかりやすい申込画面を用意しています。

この申込画面を参考にして、お手持ちのiPhoneに合ったSIMの選び方を説明します。

お手持ちのiPhoneの確認

まず、お手持ちのiPhoneの状態を確認します。

最初の「動作確認表」の「○」に該当するモデルであれば、SIMロックが解除されていることを確認してください。SIMロックが解除されていない場合はUQモバイルでは利用できません。

iPhone専用申込画面

UQモバイルでは、iPhone専用の申込画面を用意しています。

iPhone用SIM | UQモバイル

UQモバイルの「iPhone用SIM」メニューを使えば、お持ちのiPhoneに最適のSIMを簡単に選ぶことができます。
UQモバイル iPhone専用SIM

この表に該当する「お申込みはこちら」から申し込むと、SIMを間違えることなく申し込むことが可能です。

UQモバイルでiPhoneを使う場合の注意点

テザリングの問題

au系格安SIMではiPhoneでテザリングができない仕様となっています。

これは、UQモバイルなど格安SIM側の問題ではなく、回線を提供しているau側のネットワーク構成の問題です。Phoneでテザリングを行わない場合は問題とはなりませんが、必要な方には大きな問題です。

mineo(マイネオ)やIIJmioなど、au系格安SIMを提供している事業者のau系SIMではテザリングが利用できませんが、UQモバイルではなぜか一部の機種においてテザリングができてしまいます。

UQモバイルでiPhoneを利用する場合、テザリングが利用できるのは以下のモデルです。

  • iPhoneSE
  • iPhone6S/6S Plus
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5S

これら以外のモデルは、UQモバイルで利用する場合においてテザリングを利用できません

※ただし、テザリングが利用できる機種は今後拡大されるかもしれません

  • au格安SIMでは、iPhoneでテザリングはできない
  • UQモバイルでは一部のモデルを除き、テザリングはできない
  • ドコモ系格安SIMであれば、テザリングを利用可能

2018/9/4追記

iPhone6/6PlusでVoLTE通話ができない

iPhone6/6Plusでは、iOS8.3より高品質通話が可能な「au VoLTE」に対応しました。iPhone6/6PlusではiOS8.3以降にアップデートすることで、遅延の少ない聞き取りやすいVoLTE高品質通話(VoLTE HD)が利用できます。

このVoLTE高品質通話の機能をUQモバイルで利用するためには、「au VoLTE対応SIM(マルチSIM)」を使う必要があります。ただし、この「au VoLTE対応SIM(マルチSIM)」は一部の例外を除き、SIMフリースマホでなければ利用できないという特徴があります。
※一部例外とはiPhone8/iPhoneX

UQモバイルではiPhone6/6Plusが使えますが、UQモバイルが提供しているiPhone6/6Plus用のSIMは「au VoLTE対応SIM(マルチSIM)」ではなく「iPhone専用SIM」となります。

このため、iPhone6/6Plusは仕様的にはVoLTEに対応しているものの、UQモバイルで利用する場合においてはVoLTE通話ができません

VoLTE通話ができなくても3G通話ができる

VoLTEによる通話ができれば、今までよりも遅延の少ない高品質な通話が可能ですが、VoLTE(4G回線による通話)が使えなくても3G回線による通話は可能です。

VoLTEが使えないからといって、もちろん通話ができないわけではありません。

電話とデータ通信の同時進行はできない

ただし、auのネットワークはドコモやソフトバンクと違い、3G通信と4G通信の同時進行ができません。

ドコモやソフトバンクの回線は4G(LTE)によるデータ通信中に電話(3G通信)を使うと、データ通信も自動的に3G通信となり、同時進行が可能です。

auの回線は3Gによるデータ通信と音声通話の同時進行ができないため、データ通信中に電話を使うとデータ通信が止まってしまいます。

たとえば、Googleマップで場所を確認しながら電話する、などの使い方ができないわけです。

この問題はVoLTEで解決されます。データ通信も音声通話も4G(LTE)なので同時進行が可能、というわけです。

  • iPhone6/6PlusでVoLTE通話はできない
  • VoLTEが使えなければ、データ通信と音声通話の同時進行ができない
  • iPhone6S/6S Plus以降のモデルではVoLTE通話可能
  • ドコモ系格安SIMであれば、iPhone6/6Plus以降でVoLTE利用可能

一部モデルでMMS(キャリアメール)が利用できない

MMSとはいわゆる「携帯キャリアメール」です。

そもそも、格安SIMでは「携帯キャリアメール」など提供していませんが、大手キャリア(au・ソフトバンク)の「サブブランド」と言われるUQモバイルやY!mobile(ワイモバイル)ではMMSを提供しています。

UQモバイルは月額200円のオプションとして、Y!mobile(ワイモバイル)では無料オプションとして提供しています。

このMMS(携帯キャリアメール)ですが、メールの送信相手がガラケーの場合だと着信拒否される場合があります。これは、相手側(ガラケー)の迷惑メイルフィルターの初期値が「MMS以外は迷惑メール」という定義になっているからです。

なので、せっかく提供されるMMSを使えるものなら使いたいわけです。

UQモバイルでは月額200円のMMSをオプション契約したとしても、一部のモデルを除きiPhoneではMMSを利用できません。

UQモバイルでMMSを利用できるiPhoneは以下のモデルとなります。

  • iPhoneSE
  • iPhone6S/6S Plus
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5S

※テザリングができるモデルと一緒ですね、こちらも今後拡大されるかもしれません。

  • UQモバイルでは一部のiPhoneでしかMMS(携帯キャリアメール)を利用できない
  • しかし、そもそもが格安SIMでMMSを提供しているのはUQモバイルとY!mobileだけ!
  • ドコモ系格安SIMでMMSを提供しているところはありません

UQモバイルで使えるiPhoneのまとめ

動作確認機種(音声通話・データ通信等基本機能)

モデル SIMフリー版
SIMロック解除版
au版 docomo
SoftBank版
一部SIMロック解除必要 SIMロック解除必要
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6S Plus
iPhone 6S
iPhone 6 Plus ×
iPhone 6 ×
iPhone 5S ×
【凡例】

  • ◎:そのまま利用可能
  • ○:SIMロックを解除することで利用可能
  • ×:販売されていない、またはSIMロック解除ができないため利用不可

VoLTE/テザリング/MMSが利用できる機種

モデル SIMフリー版
SIMロック解除版
au版 docomo
SoftBank版
一部SIMロック解除必要 SIMロック解除必要
VoLTE テザリング
MMS
VoLTE テザリング
MMS
VoLTE テザリング
MMS
iPhone X × × ×
iPhone 8 Plus × × ×
iPhone 8 × × ×
iPhone 7 Plus × × ×
iPhone 7 × × ×
iPhone SE × × ×
iPhone 6S Plus
iPhone 6S
iPhone 6 Plus × × ×
iPhone 6 × × ×
iPhone 5S × × ×
【凡例】

  • ◎:VoLTE/テザリング/MMS利用可能
  • ×:VoLTE/テザリング/MMS利用不可

UQモバイルのお得なキャンペーン

最大13,000円キャッシュバックキャンペーン

UQモバイル公式最大13,000円キャッシュバックキャンペーン

現在、UQモバイルでは「最大13,000円キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

この特典は、ぴったりプラン・おしゃべりプランでの契約者を対象として、最大で13,000円の現金キャッシュバックがもらえるお得なキャンペーンです。

キャッシュバック額は契約プランによって変わり、以下の通りです。

プラン キャッシュバック金額
おしゃべりプラン(L)
ぴったりプラン(L)
13,000円
おしゃべりプラン(M)
ぴったりプラン(M)
11,000円
おしゃべりプラン(S)
ぴったりプラン(S)
10,000円
データ高速プラン + 音声通話 5,000円
データ高速のみ
データ無制限
なし

スマホセットでの契約でも、SIMのみ契約も、誰でも特典の対象となるお得なキャッシュバックキャンペーンです。

もちろん、auおよびau系格安SIMからのMNP契約においても適用されるキャンペーンです。

最大14,400円還元の適用条件

  • SIMのみ契約・スマホセット契約でも対象
  • 人気スマホ「iPhoneSE/6S」でのセット契約も対象
  • 新規や他社からの転入(MNP)はもちろん、auやau系格安SIMからの転入(MNP)でも対象
  • ただし、キャンペーン特設サイトからの申し込みが必要
  • つまり、だれでも貰えるキャンペーン

注意点としては「専用ページからのお申込み」という点で、以下のバナーからの申し込みにより「最大13,000円キャッシュバック」が適用される仕組みになっています。



投稿日:2016年12月8日 更新日:

Copyright© 格安スマホのマニュアル , 2018 All Rights Reserved.