Softbank & おうち割光セット

ソフトバンク「メリハリ無制限」発表、4G/5G両対応のシンプルプランで6,580円を3月提供開始

2020年12月22日

ソフトバンク新プラン「メリハリ無制限」

2020年12月22日、ソフトバンクは「新しい料金プランに関する発表会」と題してオンライン発表会を開催しました。

今後の料金プラン体系として「大容量プランはソフトバンク」「小~中容量プランはワイモバイル」そして「オンライン専用プランとしてソフトバンク・オンライン」の3つのブランド戦略となります。

メインとなるブランドはもちろん「ソフトバンク」ブランド、大容量プランを提供するブランドという位置づけになります。

そして、本日この「ソフトバンク」ブランドの新料金プランとして「メリハリ無制限」が発表されました。

この記事では、2020年12月22日に発表された「メリハリ無制限」プランについて説明しています。

ギガ無制限の「メリハリ無制限」
使い放題で正価6,580円

大容量ブランド「ソフトバンク・メリハリ無制限」

ギガ無制限で4G/5G統一プラン

ソフトバンク新プラン「メリハリ無制限」

ソフトバンクの大容量ブランドとして「メリハリ無制限」が発表されました。

プラン名の通り、従来の「メリハリプラン」をベースにデータ通信容量(ギガ)を通信量無制限とし、さらに4G/5Gの区別なく同一プランとなりました。

「メリハリ無制限」のリリース文は以下のリンクから参照することができます(PDFが開きます)。

“ソフトバンク”、データ容量無制限の4G/5G 共通の料金サービス「メリハリ無制限」を提供開始 | ソフトバンク

1人 新みんな家族割加入人数
2人 3人以上
メリハリ
無制限
基本プラン(音声通話):980円/月 6,580円
※データ通信量無制限
※テザリング容量30GB/月
※テザリングオプション無料
データプランプラン
メリハリ無制限:5,600円/月
割引 勝手に割引 -1,500円/月
※3GB/月以下の場合に割引
おうち割光セット -1,000円/月
※「ソフトバンク光」とのセット割
新みんな家族割 - -600円/月 -1,000円/月
合計 3GB/月超 5,580円/月 4,980円/月 4,480円/月
3GB/月以下 4,080円/月 3,480円/月 2,980円/月

従来のメリハリプランでは動画サービスを対象にギガ無制限でしたが、基本的なデータ通信容量は50GBまででした。

また、基本プランは4G通信プランであり、それに「5Gサービス利用料(1,000円)」を加算することで5G通信も利用できるプランとなっていました。

料金プランとしては少し複雑な従来の「メリハリプラン」でしたが、新プラン「メリハリ無制限」では「ギガ無制限」「4G/5G共通」とシンプルでわかりやすいプラン仕様となっています。

ココがおすすめ


料金プランはシンプルでわかりやすくなった

  • 月額6,580円
  • ギガ無制限
  • 4G/5G統一プラン

月額料金も6,580円、「家族」と「(光)回線」の割引のみ適用

ソフトバンク新プラン「メリハリ無制限」

従来のメリハリプラン(に限らずソフトバンクのプラン)は、あの手この手で安く見せようとしているのか、非常に複雑な割引サービスが適用され、いったい自分だといくらになるのかわかりにくい料金体系でした。

新プラン「メリハリ無制限」は月額6,580円(税抜き)です。

これに、「家族(複数回線)」「(光)回線」の条件で割引が適用されるのみ、正価6,580円が最安で4,480円(割引適用後)となります。

さらに、月間のデータ通信量が3GB/月以下の場合には「勝手に割」が適用され自動的に1,500円/月の割引が適用されます。

基本料金(正価) 6,580円
勝手に割 -1,500円
※3GB/月以下の場合に自動割引
新みんな家族割 2回線契約 -600円
3回線以上契約 -1,100円
おうち割光セット
※ソフトバンク光とセット割
-1,000円

ココがおすすめ


割引もシンプルになった

  • 契約回線数で割引(新みんな家族割)
  • 光回線契約で割引(おうち割光セット)
  • 3GB/月以下なら自動的に1,500円割引

ドコモ「5Gギガホプレミア」と「メリハリ無制限」を比較

ドコモ「プレミアプラン」

NTTドコモは2020年12月18日に一足先に大容量の新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」を発表しました。

今回ソフトバンクが発表した「メリハリ無制限」は、それの対抗プランとなります。

どちらも「ギガ無制限」「料金(ほぼ)同じ」のシンプルプランです。

ただし、「メリハリ無制限」が4G/5G統一プランであるのに対し、NTTドコモは4G向け「ギガホぷラミア」と5G対応「5Gギガホプレミア」の2つのプランに分かれています。

ドコモ「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」の詳細は以下の記事を参考にしてください。

「メリハリ無制限」VS「ギガホプレミア」

では、今回発表されたソフトバンク「メリハリ無制限」とすでに発表されているNTTドコモ「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」を比較してみます。

メリハリ
無制限
比較項目 5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
料金関係
6,580円/月 月額料金 4G:6,550円/月
5G:6,650円/月
↓おそらく・・
初期費用なし
解約費用なし
MNP転出手数料なし
手数料 初期費用なし
解約費用なし
MNP転出手数料なし
データ通信
無制限 データ通信 無制限
30GB/月
※オプション無料
テザリング 無制限
※オプション無料
3G対応/4G対応/5G対応 3G/4G/5G通信 4G対応/5G対応
音声通話
20円/30秒 音声通話 20円/30秒
準定額オプション+
※800円/月
5分かけ放題
オプション
5分通話無料オプション
※700円/月
定額オプション+
※1,800円/月
完全かけ放題
オプション
かけ放題オプション
※1,700円/月
割引関係
- - カード割引 -170円/月
※dカードお支払割
2回線:-600円/月
3回線以上:-1,100円/月
複数回線割引 2回線:-500円/月
3回線以上:-1,000円/月
-1,000円/月
※おうち割
ネット割引 -1,000円/月
※ドコモ光セット割
-1,500円/月 3GB/月以下の割引 -1,500円/月

プランと料金体系、ソフトバンクがシンプルでわかりやすい

ソフトバンク「メリハリ無制限」は「4Gも5Gも使える(ついでに3Gも使える)」というシンプルプラン1本の提供ですが、NTTドコモは4G通信専用の「ギガホプレミア」と5G通信もできる「5Gギガホプレミア」と分かれています。

「今は5Gエリアじゃないけど将来的には5G」という場合、「メリハリ無制限」であればエリア拡大すれば自動的に5G通信可能となりますが、NTTドコモの場合にはプラン変更が必要です。

まず、料金体系としてはソフトバンク「メリハリ無制限」の方がシンプルです。

また、契約時・解約時の手数料としてはNTTドコモ「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」がドコモ内・ドコモ外含めて手数料が撤廃されているの対し、ソフトバンクでは「ソフトバンクオンラインショップ」での手続きを前提として手数料無料となっています。

メリハリ
無制限
比較項目 5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
料金関係
6,580円/月 月額料金 4G:6,550円/月
5G:6,650円/月
↓おそらく・・
初期費用なし
解約費用なし
MNP転出手数料なし
手数料 初期費用なし
解約費用なし
MNP転出手数料なし
  • 月額料金は同レベル(6,500円程度)
  • ソフトバンクは「4G/5G共通プラン」でシンプル
  • どちらも契約時・解約時の手数料無料

データ通信、「シンプルなソフトバンク」と「テザリングのドコモ」

NTTドコモでは「4G/5Gプランが別」というちょっとわかりにくさが残ります。

5G通信もできる「5Gギガホプレミア」ではデータ通信量無制限ですが、4G通信専用の「ギガホプレミア」では60GB/月、という仕様になっています。

ソフトバンク「メリハリ無制限」は「4G/5Gどちらも使えてギガ無制限」とシンプル。

しかし、テザリングについてはNTTドコモが優れています。

5G通信プラン「5Gギガホプレミア」ではテザリング時でもデータ通信量無制限、4G通信プラン「ギガホプレミア」でも上限である60GB/月までテザリングでの利用ができます。

一方のソフトバンク「メリハリ無制限」はスマホでのデータ通信は無制限ですがテザリング時は30GB/月とかなり制限されます。

シンプルさではソフトバンク「メリハリ無制限」、テザリング容量ではNTTドコモ「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」、という見方となります。

なお、ソフトバンクでは従来「テザリングオプション500円/月」となっていましたが、メリハリ無制限からはテザリングオプション無料となります。

メリハリ
無制限
比較項目 5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
データ通信
無制限 データ通信 4G:60GB/月
5G:無制限
30GB/月
※オプション無料
テザリング 4G:60GB/月
5G:無制限
※オプション無料
3G対応/4G対応/5G対応 3G/4G/5G通信 4G対応/5G対応

音声通話の比較、どちらも同等

音声通話機能は両社同じ仕様です。

基本プランには無料通話は含まれず「20円/30秒」の従量課金となります。

無料通話はオプションとなり、どちらも「5分かけ放題」と「国内通話かけ放題」が提供されます。

メリハリ
無制限
比較項目 5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
音声通話
20円/30秒 音声通話 20円/30秒
準定額オプション+
※800円/月
5分かけ放題
オプション
5分通話無料オプション
※700円/月
定額オプション+
※1,800円/月
完全かけ放題
オプション
かけ放題オプション
※1,700円/月

割引サービスの比較、ソフトバンクのおうち割に注意

割引サービスはどちらも「家族複数回線契約での割引」と「光回線セットでの割引」が主軸となります。

複数回線割引についてはソフトバンク「新みんな家族割」の割引額が100円/月大きくなっていますが、これはNTTドコモの「dカードお支払割(170円/月)」をカバーする分と考えると、両社同等の割引となります。

メリハリ
無制限
比較項目 5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
割引関係
- - カード割引 -170円/月
※dカードお支払割
2回線:-600円/月
3回線以上:-1,100円/月
複数回線割引 2回線:-500円/月
3回線以上:-1,000円/月
-1,000円/月
※おうち割
ネット割引 -1,000円/月
※ドコモ光セット割
-1,500円/月 3GB/月以下の割引 -1,500円/月

ただし、注意点としては「光回線セット割引」の光回線側の適用条件です。

NTTドコモの「ドコモ光セット割」は光回線側(ドコモ光)での必須オプションがありませんが、ソフトバンク「おうち割」では光回線(ソフトバンク光)側に光電話オプション(500円/月)が必須となります。

このため、ソフトバンクでは「固定電話(光電話)はいらないんだけど・・・」という場合でも割引適用のために不要なオプション(光電話500円/月)を追加契約しないといけません。

ソフトバンクの新料金プランはどうなる?

3つのブランド(プラン)戦略

ソフトバンク新料金プラン戦略

ソフトバンクの新しい料金プラン戦略が発表されました。

ソフトバンクの3つのブランド戦略

  • オンライン専用プラン「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」
  • 小~中容量プラン「ワイモバイル・シンプル(S/M/L)」
  • 大容量プラン「ソフトバンク・メリハリ無制限」

ココがおすすめ

  • すべてのプランが「4G/5G対応」
  • ブランド(プラン)間の乗換手数料はすべて無料
  • シンプルなプラン
  • 割引サービスもわかりやすくなった

オンライン専用プラン「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」

ソフトバンク・新ブランド「ソフトバンク・オンライン(Softbank on LINE)」

新しいブランドサービスとして発表された「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」はNTTドコモの「ahamo(アハモ)」に対抗するプランとなっています。

ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)の特徴

  • 月額2,980円で20GB/月、LINE使い放題(データノーカウント)
  • 5分かけ放題標準
  • 4G/5G対応
  • オンライン専用プラン(Web/LINEアプリで手続き)

ソフトバンク・オンライン
基本料金 2,980円
基本データ容量 20GB/月
※LINEデータフリー
データ通信サービス 3G/4G/5G対応
※3G通信は2024年1月終了予定
音声通話 5分かけ放題
※5分超過後は20円/30秒の従量課金
無料通話オプション
  • スーパーだれとでも定額(完全かけ放題):1,000円/月
割引サービス なし

小~中容量プラン「ワイモバイル・シンプル(S/M/L)」

ワイモバイル新プラン「シンプルS/M/L」

「小~中容量プラン」として「シンプル(S/M/L)」プランがワイモバイルブランドで発表されました。

ワイモバイルの従来プラン「スマホベーシックプラン」の改訂版となります。

スマホベーシックプランとの違いは「無料通話はオプションになった(その分、安くなった)」という点です。

スマホベーシックプランでは標準で10分かけ放題がついていて、その分すこし料金高めの設定でした。

「電話はほとんど使わない」という人にとっては、無用のオプションです。

この分を(無料通話を)別途オプションとしたことで、電話をほとんど使わない人にとってもフィットするプランになっています。

シンプルプラン
S M L
基本料金 1,980円 2,980円 3,780円
基本データ容量 3GB/月 10GB/月 20GB/月
データ通信サービス 3G/4G/5G対応
※3G通信は2024年1月終了予定
音声通話 20円/30秒の従量課金
無料通話オプション
  • だれとでも定額(10分かけ放題):700円/月
  • スーパーだれとでも定額(完全かけ放題):1,700円/月
割引サービス
  • 家族割引:500円/月
  • おうち割:500円/月

大容量プラン「ソフトバンク・メリハリ無制限」

ソフトバンク新プラン「メリハリ無制限」

「大容量ブランド(プラン)」として発表されたのがソフトバンクブランドの「メリハリ無制限」です。

4G/5G統一プランで「データ通信無制限」、割引サービスも「家族で割引」「(光)回線セットで割引」とシンプルです。

先に発表されたNTTドコモ「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」と比較しても「より、シンプルでわかりやすい」プランになっています。

「4G/5G統一」のわかりやすさならソフトバンク「メリハリ無制限」、テザリングも活用ならNTTドコモ「5Gギガホプレミア」という棲み分けになる、と思います。

メリハリ無制限
基本料金 6,580円
基本データ容量 無制限
※テザリング30GB/月
※テザリングオプション無料
データ通信サービス 3G/4G/5G対応
※3G通信は2024年1月終了予定
音声通話 20円/30秒の従量課金
無料通話オプション
  • 準定額オプション+(5分かけ放題):800円/月
  • 定額オプション+(完全かけ放題):1,800円/月
割引サービス
  • 勝手に割引(3GB/月以下の場合に自動適用):-1,500円/月
  • 新みんな家族割:-600円/月(2回線の場合)/-1,100円/月(3回線以上の場合)
  • おうち割(光回線セット割):-1,000円/月

ブランド(プラン)間の乗換手数料は撤廃(無料化)

ソフトバンク「新しい料金サービスに関する発表会」

そして、新料金プラン戦略の3つのブランド(プラン)間の乗換手数料はすべて撤廃されました。

ブランド間の乗り換え時の以下の手数料(全手数料)は無料となります。

契約事務手数料 無料
※店舗での手続きも無料
解約手数料 無料
番号移行手数料 無料

まとめ、メリハリ無制限はシンプル良プランだが・・・

シンプルさならソフトバンク「メリハリ無制限」

2020年12月22日に発表されたソフトバンクの新大容量プラン「メリハリ無制限」は、従来までのプランに対し非常にシンプルでわかりやすく、また価格も安くなりました。

先に発表されているNTTドコモの大容量プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」と比較しても、「4G/5G統一プラン」という点でシンプルな設計となっています。

この点においてソフトバンク「メリハリ無制限」は非常に良いプランであり、またNTTドコモ「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」に対して優位性があります。

ドコモはテザリングで優位性

一方で、NTTドコモ「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」ではテザリング時のデータ通信容量も基本プランと同様に扱われます。

すなわち「ギガホプレミア(4Gプラン)ならテザリングも60GB/月使える」「5Gギガホプレミア(4G/5Gプラン)ならテザリングも無制限」というわけです。

この点において圧倒的にNTTドコモの「5Gギガホプレミア」は優れています。

ドコモの5Gプランは対応スマホに注意が必要

先述したように、NTTドコモの従来プラン「5Gギガホ」「5Gギガライト」ではiPhone X以前のモデルが利用できません。

まだまだ現役でも使われている「iPhone7」「iPhone8」などもNTTドコモ「5Gギガホ」「5Gギガライト」では利用できません。

この点については、おそらく新プラン「5Gギガホプレミア」でも同じ仕様だと思われます。

今後発表されるであろう、正式サービスの情報には注意が必要です。

ギガ無制限の「メリハリ無制限」
使い放題で正価6,580円

-Softbank & おうち割光セット

© 2021 格安スマホのマニュアル