Softbank & おうち割光セット

SoftBank on LINE(ソフトバンク・オンライン)月額2,980円で2021年3月提供開始、20ギガにLINE使い放題

2020年12月22日

ソフトバンク・新ブランド「ソフトバンク・オンライン(Softbank on LINE)」

2020年12月22日、ソフトバンクは「新しい料金プランに関する発表会」と題してオンライン発表会を開催しました。

今後の料金プラン体系として「大容量プランはソフトバンク」「小~中容量プランはワイモバイル」そして「オンライン専用プランとしてソフトバンク・オンライン」の3つのブランド戦略となります。

目玉はオンライン専用プラン「ソフトバンク・オンライン」です。

現在、ソフトバンクの実質子会社である「LINEモバイル」との協業により、ソフトバンクの1ブランドとしてLINEアプリを活用したオンライン(ネット)専用のプランとなります。

この記事では、2020年12月22日に発表された「ソフトバンク・オンライン」について説明しています。

ギガ無制限の「メリハリ無制限」
使い放題で正価6,580円

ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)「ネット専用プラン」

オンライン専用ブランド「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)

ソフトバンク新料金プラン「オンライン専用ブランド」

ソフトバンクでは今後の料金プラン戦略として「オンライン専用ブランド」「小~中容量ブランド」「大容量ブランド」と3つのブランド戦略を進めていきます。

ソフトバンクのブランド戦略

  • オンライン専用ブランド(ソフトバンク・オンライン)
  • 小~中葉量ブランド
  • 大容量ブランド

その中で、新しいブランドがオンライン専用ブランド「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」です。

2,980円で20GB/月と5分かけ放題、さらにLINE使い放題

ソフトバンク・新ブランド「ソフトバンク・オンライン(Softbank on LINE)」

新ブランド「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」は「デジタルネイティブ世代をターゲット」としており、手続きなどを店舗サービスを利用せずネットで完結できる方を対象としたブランドとなります。

ソフトバンク・オンライン特設サイト | ソフトバンク

基本的な料金プランは以下のようになります。

基本使用料 2,980円/月
データ容量 20GB/月 + 「LINE使い放題(ノー・カウント)」
※ソフトバンク同等の回線品質
超過時の通信速度 最大1Mbps
利用可能なネットワーク 3G/4G/5G
音声通話 5分かけ放題
※5分超過後は20円/30秒従量課金
※+1,000円/月で国内完全かけ放題オプション

月額2,980円で20GB/月、さらに「LINE使い放題」

「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」の月額料金は2,980円/月、その中に20GB/月までの高速データ通信容量が付与されます。

20GB/月を超過した場合の通信速度も1Mbpsと比較的高速で、低速通信であっても標準動画の視聴は十分できるほど速度になっています。

また、「LINE使い放題」となっており、20GB/月のデータ通信容量以外にLINEアプリ利用時のデータ通信量はカウントフリー(ギガを消費しない)で提供されます。

3G/4G通信に加えて5G通信も標準対応

「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」は4G通信に加えて標準で5G通信にも対応します。

また、資料上は「4G/5G利用可」と記載されていますが、質疑応答では「特に3G通信を使えなくする予定はない」との回答があることから、実質的には「3G/4G/5G通信利用可能」となります。

ただし、ソフトバンクでは2024年1月には3G通信サービスを終了する、とアナウンスしています。

3Gサービス終了のご案内 | ソフトバンク

eSIMでのサービス提供も予定

「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」では通常のSIMカードによる提供に加え、eSIMでのサービス提供も予定している、ということです。

最近の新型スマホはiPhone12シリーズなどeSIM対応のスマホも増えてきています。

eSIMであれば、ネットでの申し込み・本人確認が完了すると(仕組み的には)即eSIM情報ダウンロード可能となり、つまり契約・即利用開始が実現します。

現に、すでにeSIM対応そして即時本人確認(eKYC)対応している楽天モバイルでは「契約・即利用開始」が実現できています。

「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」でもeSIM対応によるオンラインサービスの向上が期待できます。

5分かけ放題コミ、さらに国内通話完全かけ放題にもできる

「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」の音声通話は「5分かけ放題」標準装備となります。

「1回で5分までの通話料金が無料、5分超過後は20円/30秒」の無料通話です。

また、1,000円/月のオプションを加えることで、国内通話完全かけ放題にすることもできます。

なお、ソフトバンクやワイモバイルでは「留守番電話(無料)」が無料で使えるサービスを提供していますが、「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」での提供予定は不明です。

ソフトバンクと同一ネットワーク品質

ソフトバンク・新ブランド「ソフトバンク・オンライン(Softbank on LINE)」
発表会で強調していたのが「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)はソフトバンクと同じネットワーク、同じ回線品質です!」という点です。

「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」はソフトバンクと実質子会社のLINEモバイルが合体したようなサービスです。

そうなると「LINEモバイルってお昼・夕方は遅くて使い物にならない!」という声が出てくるでしょう。

この点について、「ソフトバンク・オンラインはLINEモバイルではない」「ソフトバンクと同じネットワークを使ったサービス」を強調、つまり「お昼・夕方の通信混雑時でも遅くならない」ということを強調していました。

手続きはウェブとLINEアプリ

ソフトバンク・新ブランド「ソフトバンク・オンライン(Softbank on LINE)」

「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」はオンライン(ネット)専用プランです。

契約手続きやサポートはすべてネット上で行うことを前提としており、実店舗でのサービス利用はできません。

契約・解約などの手続きはすべてウェブまたはLINEアプリから行うことを前提としています。

ソフトバンクのブランド間手数料を撤廃

ソフトバンク「新しい料金サービスに関する発表会」

ソフトバンクではすでに契約プランの契約解除料を0円~1,000円程度とし、さらに「将来的に無料とする」とアナウンスしていました。

また、2020年12月上旬には「ソフトバンク内でのブランド変更時手数料は撤廃する」ともアナウンスしています。

今回発表されたすべてのブランド(プラン)の間での手数料はすべて撤廃(無料化)されました。

ソフトバンク内
※ブランド間手数料
契約事務手数料 契約時の最初に必要(従来3,000円)
契約解除手数料 解約時の違約金なし
※つまり契約期間の縛りがない、ということ
転出(MNP)手数料 ブランド(プラン)変更時の番号移行手数料なし
※同じソフトバンク内の変更なので当たり前

LINEモバイル(MVNO)は新規受付終了

今回発表された「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」はソフトバンクがLINEを吸収合併(2021年3月予定)することを前提に、ソフトバンクがLINEのリソースを活用して提供されるブランド(プラン)です。

当社によるLINEモバイル株式会社の完全子会社化および吸収合併に向けた検討に関するお知らせ | ソフトバンク

そして、この「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」の提供開始により、現在のLINEモバイル(MVNO)は新規受付を終了するとのことです。

ただし、既存契約者向けへサービスは継続提供するようで、その旨の説明がLINEモバイルより発表されています。

「LINEモバイル」のサービス継続に関しまして | LINEモバイル

「ソフトバンク・オンライン」まとめ

ソフトバンク・新ブランド「ソフトバンク・オンライン(Softbank on LINE)」

本日(2020年12月22日)の発表会および質疑応答での情報をまとめると「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」の情報は以下のようになります。

基本使用料 2,980円/月
データ容量 20GB/月 + 「LINE使い放題(ノー・カウント)」
※ソフトバンク同等の回線品質
超過時の通信速度 最大1Mbps
利用可能なネットワーク 3G/4G/5G
音声通話 5分かけ放題
※5分超過後は20円/30秒従量課金
※+1,000円/月で国内完全かけ放題オプション
手続き ウェブ・LINEアプリから手続き
※実店舗サービスは利用不可
手数料 契約事務手数料 ソフトバンク内でのブランド(プラン)変更時:無料
新規・他社からの乗換:不明
番号移行手数料 ソフトバンク内でのブランド(プラン)変更時:無料
他社への乗換:不明
契約解除手数料 ソフトバンク内でのブランド(プラン)変更時:無料
解約時・他社への乗換:不明

「キャリアメールアドレスはどうなる?」「Yahoo!JAPAN連携できる?」など、詳細な情報は不明、おそらくソフトバンク内でも提供開始となる2021年3月までドタバタで詳細を詰めているのでしょう。



ソフトバンク・オンラインをahamo(アハモ)と比較

当然ながら、本日(2020年12月22日)発表された「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」はドコモの「ahamo(アハモ)」対抗プランです。

ソフトバンク・オンラインとahamoの共通点

  • 月額2,980円で20GB/月
  • 5分かけ放題コミ
  • ネット専用プラン

では、この両者を少し詳しく比較してみましょう。

ソフトバンク・オンラインとahamoの全体像

SoftBank
on LINE
比較項目 ahamo(アハモ)
料金関係
2,980円/月 月額料金 2,980円/月
↓おそらく・・
初期費用なし
解約費用なし
MNP転出手数料なし
手数料 初期費用なし
解約費用なし
MNP転出手数料なし
データ通信
20GB/月
LINE使い放題(データフリー)
データ通信 20GB/月
3G対応/4G対応/5G対応 4G/5G通信 4G対応/5G対応
1Mbps 低速通信 1Mbps
不明だがおそらく不可 × 速度切替 × 不明だがおそらく不可
不明だがおそらく不可 × ギガの繰越 × 不明だがおそらく不可
不明 追加チャージ 1GB=500円
不明だがおそらく不可 × 海外データ通信 82の国・地域で可能
音声通話
5分かけ放題
※超過後は20円/30秒
音声通話 5分かけ放題
※超過後は20円/30秒
完全かけ放題
※1,000円/月
音声通話
オプション
完全かけ放題
※1,000円/月
割引関係
なし × 複数回線割引 × なし
なし × ネット割引 × なし

では、比較項目ごとに詳しく見ていきましょう。

料金・手数料比較、(当然だけど)どちらも安い

ahamo(アハモ)とソフトバンク・オンラインの料金・手数料等の比較です。

SoftBank
on LINE
比較項目 ahamo(アハモ)
料金関係
2,980円/月 月額料金 2,980円/月
↓おそらく・・
初期費用なし
解約費用なし
MNP転出手数料なし
手数料 初期費用なし
解約費用なし
MNP転出手数料なし

月額料金はどちらも(当然ですが)2,980円/月で同額です。

手数料体系は(たぶん)どちらも無料

ドコモはahamo(アハモ)発表時に「ahamo(アハモ)はブランドではなくプランです!」と強調していました。

ソフトバンクは「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)はネット専用のブランドです!」と強調していました。

ブランドでもプランでもどうでもよいのですが・・・

ドコモのahamo(アハモ)は「ドコモ内ではプラン変更なので手数料はありません」「(ドコモ外の)新規・乗換については手数料無料」「解約時手数料・他社転出手数料無料」と発表しています。

つまり、ドコモ内プラン変更でも新規または他社からの転入、そして解約時・他社転出時もすべての手数料が無料と発表されています。

ahamo(アハモ)はすべての手数料が無料

一方のソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)は「ブランドです!」と強調したうえで「ソフトバンク内のブランド変更においてはすべての手数料を撤廃」と発表しましたが、新規・他社からの転入時、および解約・他社転出時の手数料については言及しませんでした(不明です)。

ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)の手数料は不明(ブランド間のみ全無料)

おそらくですが、ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)でも新規・他社転入時も手数料無料、解約時・他社転出時の手数料も無料、とahamo(アハモ)に合わせてくると思われます。

「海外でも使えるahamo」と「LINEデータフリーのソフトバンク・オンライン」

データ通信の仕様についてもどちらもほぼ同等です。

高速通信が20GB/月で超過後でも比較的速い1Mbpsとなっています。

SoftBank
on LINE
比較項目 ahamo(アハモ)
データ通信
20GB/月
LINE使い放題(データフリー)
データ通信 20GB/月
3G対応/4G対応/5G対応 4G/5G通信 4G対応/5G対応
1Mbps 低速通信 1Mbps
不明だがおそらく不可 × 速度切替 × 不明だがおそらく不可
不明だがおそらく不可 × ギガの繰越 × 不明だがおそらく不可
不明 追加チャージ 1GB=500円
不明だがおそらく不可 × 海外データ通信 82の国・地域で可能

ソフトバンク・オンラインはLINEデータフリー

ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)はLINEとの協業であることから、LINEデータフリーとなります。

LINEアプリで消費するデータ容量は20GB/月に含まれません(消費しません)。

ただし、LINEアプリの通信量はさほど多く消費されるものでもなく、あまり意味がないようにも思えます。

ahamo(アハモ)は海外でも使える

ahamo(アハモ)の20GB/月には海外82の国・地域での利用分も含まれています。

つまりahamo(アハモ)は海外ローミングサービス標準装備、という特徴があります。

一方のソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)では海外利用についての言及がありませんでした。

ahamo(アハモ)は追加チャージも安い

ahamo(アハモ)は20GB/月で足りない場合には「1GB=500円」という激安で追加チャージすることができます。

「安い!」と人気のUQモバイルやワイモバイルでも「500MB=500円」なので、ahamo(アハモ)の追加チャージはこれらの半額という安さです。

一方のソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)では追加チャージ料金についての言及はありませんでした。

ahamo(アハモ)の「4G/5G通信」は要注意!?

ソフトバンク・オンラインは「3G/4G/5G通信可能」ですがahamo(アハモ)では「4G/5G通信可能」となり3G通信(FOMA)は利用できません

この点について、よほど山奥や海上に出ない限りドコモの3G回線(FOMA)利用のメリットはないため、「4G/5G利用可能(3G利用不可)」でもあまり問題となりません。

ただし、ドコモでは従来プランでの「5Gギガホ・5Gギガホライト」においてすでに3G通信をサービス停止しています。

この影響から、ドコモではiPhoneX以前のスマホなど一部スマホにおいて利用不可(圏外になる)という現象が起きており、ドコモでも正式に「5Gサービスで利用できないスマホ」を公開しています。

ahamo(アハモ)の通信仕様(SIMカード仕様)が「5Gギガホ・ギガライト」と同じであれば、例えば以下のような人気スマホはahamo(アハモ)では利用できない可能性があります。

  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 6S/6S Plus
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 5S/5C

これらのiPhoneはahamo(アハモ)では利用できない可能性が高く、ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)へ流れる可能性もあります。

音声通話はどちらも同じ

SoftBank
on LINE
比較項目 ahamo(アハモ)
音声通話
5分かけ放題
※超過後は20円/30秒
音声通話 5分かけ放題
※超過後は20円/30秒
完全かけ放題
※1,000円/月
音声通話
オプション
完全かけ放題
※1,000円/月

音声通話についてはどちらも全く同じです。

標準で「5分かけ放題」を装備、さらに月額1,000円で国内通話完全かけ放題にできるオプションあり、という仕様です。

どちらも割引はなし!

ahamo(アハモ)もソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)もどちらも割引サービスは適用されません。

SoftBank
on LINE
比較項目 ahamo(アハモ)
割引関係
なし × 複数回線割引 × なし
なし × ネット割引 × なし

ソフトバンク・オンラインとahamo(アハモ)どちらを選ぶ?

比較の様に、ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)もahamo(アハモ)も同じようなプランです。

ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)はahamo(アハモ)対抗プランの後出しプランなので、当然です。

では、どちらのプランが良いか?というと「どちらでも良いのでは?」と思います。

ただし、以下の注意点があり、今後の詳細情報に注意が必要です。

現時点での情報としてahamo(アハモ)をおすすめしたい人は以下の人です。

ahamo(アハモ)をおすすめしたい人

  • 海外旅行にたまに行くならahamo(アハモ)
  • エリアの広さや通信品質重視ならahamo(アハモ)

また、ソフトバンクオンラインをおすすめしたい人は以下の人です。

ソフトバンク・オンラインをおすすめしたい人

  • LINEヘビーユーザーならソフトバンク・オンライン
  • iPhone Xより前のスマホを使いたいならソフトバンク・オンライン(たぶん)

ただし、現時点ではどちらのプランも最終的な情報が公開されておらず(たぶん、ぎりぎりまで検討する?)、サービス開始の3月ぎりぎりまで待つべきでしょう。

海外でも使えるahamo(アハモ)

ahamo(アハモ)なら82の国・地域でも使える、20GB/月の中に海外利用分も含まれているので、海外旅行に行く人はahamo(アハモ)が便利です。

ソフトバンクでもメインブランドでは海外ローミングサービスを提供していますが、ソフトバンク・オンラインで利用できるかどうかは現時点で不明です。

LINEヘビーユーザならソフトバンク・オンライン

ほぼ同じプランの中での違いとして、ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)なら「LINEデータフリー」という違いがあります。

よってLINEヘビーユーザーならソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)となります。

ただし、LINEアプリでのデータ通信量はどれだけ使ってもあまり消費することはなく、とんでもないヘビーユーザーでなければメリットはないでしょう。

この点について「LINEのどのサービスがデータフリーなの?」という点については本日の発表では言及されておらず、たとえば音楽サービスなどもカウントフリーになる以外ではあまりメリットではありません。

iPhoneに注意!

先述したように、現在ドコモの5G通信サービスでは少し古い以下のiPhoneは利用できません。

  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 6S/6S Plus
  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 5S/5C

もし、ahamo(アハモ)が現在の5G通信サービスと同じ仕様(5Gギガホ・5Gギガライト)であれば、amaho(アハモ)でも同様にiPhone X以前のモデルは利用できないことになります。

もし、これらのiPhoneをご利用でahamo(アハモ)でも使いたい、という方は、今後のahamo(アハモ)の対応スマホ情報に注意です。



ソフトバンクの新料金プランはどうなる?

3つのブランド(プラン)戦略

ソフトバンク新料金プラン戦略

ソフトバンクの新しい料金プラン戦略が発表されました。

ソフトバンクの3つのブランド戦略

  • オンライン専用プラン「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」
  • 小~中容量プラン「ワイモバイル・シンプル(S/M/L)」
  • 大容量プラン「ソフトバンク・メリハリ無制限」

ココがおすすめ

  • すべてのプランが「4G/5G対応」
  • ブランド(プラン)間の乗換手数料はすべて無料
  • シンプルなプラン
  • 割引サービスもわかりやすくなった

オンライン専用プラン「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」

ソフトバンク・新ブランド「ソフトバンク・オンライン(Softbank on LINE)」

新しいブランドサービスとして発表された「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」はNTTドコモの「ahamo(アハモ)」に対抗するプランとなっています。

ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)の特徴

  • 月額2,980円で20GB/月、LINE使い放題(データノーカウント)
  • 5分かけ放題標準
  • 4G/5G対応
  • オンライン専用プラン(Web/LINEアプリで手続き)

ソフトバンク・オンライン
基本料金 2,980円
基本データ容量 20GB/月
※LINEデータフリー
データ通信サービス 3G/4G/5G対応
※3G通信は2024年1月終了予定
音声通話 5分かけ放題
※5分超過後は20円/30秒の従量課金
無料通話オプション
  • スーパーだれとでも定額(完全かけ放題):1,000円/月
割引サービス なし

小~中容量プラン「ワイモバイル・シンプル(S/M/L)」

ワイモバイル新プラン「シンプルS/M/L」

「小~中容量プラン」として「シンプル(S/M/L)」プランがワイモバイルブランドで発表されました。

ワイモバイルの従来プラン「スマホベーシックプラン」の改訂版となります。

スマホベーシックプランとの違いは「無料通話はオプションになった(その分、安くなった)」という点です。

スマホベーシックプランでは標準で10分かけ放題がついていて、その分すこし料金高めの設定でした。

「電話はほとんど使わない」という人にとっては、無用のオプションです。

この分を(無料通話を)別途オプションとしたことで、電話をほとんど使わない人にとってもフィットするプランになっています。

シンプルプラン
S M L
基本料金 1,980円 2,980円 3,780円
基本データ容量 3GB/月 10GB/月 20GB/月
データ通信サービス 3G/4G/5G対応
※3G通信は2024年1月終了予定
音声通話 20円/30秒の従量課金
無料通話オプション
  • だれとでも定額(10分かけ放題):700円/月
  • スーパーだれとでも定額(完全かけ放題):1,700円/月
割引サービス
  • 家族割引:500円/月
  • おうち割:500円/月

大容量プラン「ソフトバンク・メリハリ無制限」

ソフトバンク新プラン「メリハリ無制限」

「大容量ブランド(プラン)」として発表されたのがソフトバンクブランドの「メリハリ無制限」です。

4G/5G統一プランで「データ通信無制限」、割引サービスも「家族で割引」「(光)回線セットで割引」とシンプルです。

先に発表されたNTTドコモ「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」と比較しても「より、シンプルでわかりやすい」プランになっています。

「4G/5G統一」のわかりやすさならソフトバンク「メリハリ無制限」、テザリングも活用ならNTTドコモ「5Gギガホプレミア」という棲み分けになる、と思います。

メリハリ無制限
基本料金 6,580円
基本データ容量 無制限
※テザリング30GB/月
※テザリングオプション無料
データ通信サービス 3G/4G/5G対応
※3G通信は2024年1月終了予定
音声通話 20円/30秒の従量課金
無料通話オプション
  • 準定額オプション+(5分かけ放題):800円/月
  • 定額オプション+(完全かけ放題):1,800円/月
割引サービス
  • 勝手に割引(3GB/月以下の場合に自動適用):-1,500円/月
  • 新みんな家族割:-600円/月(2回線の場合)/-1,100円/月(3回線以上の場合)
  • おうち割(光回線セット割):-1,000円/月

ブランド(プラン)間の乗換手数料は撤廃(無料化)

ソフトバンク「新しい料金サービスに関する発表会」

そして、新料金プラン戦略の3つのブランド(プラン)間の乗換手数料はすべて撤廃されました。

ブランド間の乗り換え時の以下の手数料(全手数料)は無料となります。

契約事務手数料 無料
※店舗での手続きも無料
解約手数料 無料
番号移行手数料 無料



まとめ、2月いっぱいまでは情報収集!

ドコモがahamo(アハモ)を発表してかなり激震が走りました。

当然、au・ソフトバンクが同等プランを出してくるのは当然のこと、今回ソフトバンクが「ソフトバンク・オンライン(SoftBank on LINE)」を発表しましたが、auも年明け早々に対抗プランを発表しそうです。

すでに発表されているahamo(アハモ)にしてもソフトバンク・オンラインにしても、まだ詳細のサービスが確定していません。

両社(ドコモ・ソフトバンク)の発表時の登壇者も、質疑応答での詳細質問には「未定」「お客様の声を聴きながら・・・」など回答せず、たぶんサービス導入の3月までどたばたで詳細を検討していくと思われます。

よって、auのプランを待ちながら、サービス開始の3月までは(2月いっぱいは)情報収集をしっかりするべき、そのうえで最終的なプラン選択するのが良いでしょう。

ギガ無制限の「メリハリ無制限」
使い放題で正価6,580円



-Softbank & おうち割光セット

© 2021 格安スマホのマニュアル