docomo & ドコモ光セット割

ドコモ新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」を発表、ギガ増量で1,000円値下げ

2020年12月18日

ドコモ新料金プラン「プレミア」
2020年12月18日、NTTドコモは新料金プランを発表しました。

発表されたのは従来プラン「ギガホ」「5Gギガホ」に対する新プランで「ギガホプレミア」「5Gギガホプレミア」です。

特徴は「サービス変わらずでギガ増量と月額1,000円値下げ」です。

発表資料は以下のリンクから参照することができます(PDFファイルが開きます)。

新料金プランの導入について | NTTドコモ

この記事では、当日の新料金プラン発表内容および今後の料金プラン体系について説明していきます。



ドコモ新料金プラン「プレミア」発表

ドコモ新料金プラン「プレミア」

ドコモの料金戦略

ドコモ新料金プラン「プレミア」

NTTドコモは先日2020年12月3日に「今後の料金プラン戦略」と題して発表を行いました。

その内容は、「今後は以下の3つのブランド戦略」となります。

ブランド 特徴
Premier
プレミア
  • 小容量~無制限
  • フルサポート(店舗サポート・各種割引)
  • 家族でおトク

本日(2020/12/18)発表

New
ニュー
  • 中容量(~20GB)
  • シンプル・オンライン特化
  • 高コスパ

新料金プラン「ahamo(アハモ)」(2020/12/3発表済)

Economy
エコノミー
  • 小容量
  • 超低廉な料金

パートナー(MVNO事業者)と協業で今後発表

2020年12月3日の発表では、上記「New(ニュー)」に該当する「シンプル・オンライン特化・高コスパ」の料金プランとして「ahamo(アハモ)」が発表されました。

新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表 | NTTドコモ

ahamo(アハモ)に関する情報はコチラの記事を参考にしてみてください。

そして本日(2020年12月18日)の発表では、上記「Premier(プレミア)」に該当する新料金プランの発表となります。

具体的に言えば、現在の「ギガホ/5Gギガホ」「ギガライト/5Gギガライト」プランに該当する料金プランの見直し(新プラン)発表です。

発表内容のプレゼン資料は以下のリンクより参照することができます(PDFファイルが開きます)。

新料金プランの導入について | NTTドコモ

新料金プラン「Premier(プレミア)」の発表

ドコモ新料金プラン「プレミア」

発表の内容

  • 新料金プラン「ギガホプレミア」「5Gギガホプレミア」の発表
  • 新料金プラン「はじめてスマホプラン」の発表
  • ahamo(アハモ)への移行手続き簡略化のお知らせ

「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を提供開始 | NTTドコモ

「はじめてスマホプラン」を提供開始 | NTTドコモ

また、発表内容には含まれませんが、同日「他社乗換手数料(MNP手数料)の撤廃」についても報道資料がアップされています。

携帯電話番号ポータビリティ手数料の廃止 | NTTドコモ

「5Gギガホプレミア」ギガ無制限で1,000円値下げ

ドコモ新料金プラン「プレミア」

新料金プラン、どこがかわった?

5G通信ができる新しい料金プランとして「5Gギガホプレミア」が発表されました。

従来の「5Gギガホ」とのざっくり違いは以下の2点です。

新プラン「5Gギガホプレミア」はここが変わった

  • ギガ無制限になった
  • 月額料金が1,000円/月安くなった

5G対応新プラン「5Gギガホプレミア」ギガ無制限

新料金プラン「5Gギガホプレミア」はデータ通信料量が無制限となりました。

「5Gギガホプレミア」は現在の「5Gギガホ」の新プランとなり、3G/4G通信に加えて5G通信も可能な料金プランです。

現在「5Gギガホ」はデータ通信容量100GB/月ですがキャンペーンにより無制限、というサービスを提供しています。

これが、新プラン「5Gギガホプレミア」では標準でデータ通信料量無制限、となります。

特徴的なのは「テザリングによるデータ通信もギガ無制限」という点です。

ココがおすすめ

  • 新プラン「5Gギガホプレミア」はギガ無制限
    ⇒ 旧プラン「5Gギガホ」は100GB/月⇒キャンペーンで無制限
  • テザリングによるデータ通信も無制限
    ⇒ もうポケットWiFiは不要!?

月額料金も1,000円値下げ、割引サービスも適用

また、月額料金も1,000円安くなりました。

ただし、現行の「5Gギガホ」でも最初の6か月間は「5Gギガホ割(1,000円/月の割引)」が適用されます。

つまり、新プラン「5Gギガホプレミア」の料金の仕組みは現行プラン「5Gギガホ」の「5Gギガホ割」が「ずっと適用される」と同じ状態になった、ということになります。

割引サービス適用、小容量(3GB/月以下)なら自動割引

新プラン「5Gギガホプレミア」は従来プラン通り各種割引の対象となります。

家族での複数回線契約で「みんなどこも割り」が適用されます。

また、ドコモ光とのセット利用で「ドコモ光セット割」が適用されます。

加えて「5Gギガホプレミア」契約で月のデータ通信容量が3GB/月以下の場合には、自動的に月額料金が1,500円割り引かれます。

5Gギガホ
(現行プラン)
5Gギガホプレミアム
(新プラン)
基本データ容量 100GB 無制限 ~3GB
基本料金 7,650円 6,650円 5,150円
みんなドコモ割
※3回線以上
-1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
dカードお支払割 -170円 -170円 -170円
割引適用後 5,480円 4,480円 2,980円

ココがおすすめ

  • 月額料金が1,000円/月安くなった
  • データ通信容量3GB/月以下なら自動的に1,500円割引
  • 従来通り各種割引適用

新プランは2021年4月1日より提供開始、旧プランは新規受付終了

新プラン「5Gギガホプレミア」は2021年4月1日より提供開始となります。

これに伴い、現プラン「5Gギガホ」は2021年3月末で新規受付終了となります。

注意点としては、新プラン「ギガホプレミアム」「5Gギガホプレミアム」は新料金プランとして提供されるため、現在「ギガホ」「5Gギガホ」をご利用の方は4月1日以降に料金プラン変更をしないとギガ無制限も1,000円値下げも適用されません

「ギガホプレミア」ギガ倍増で600円値下げ

ドコモ新料金プラン「プレミア」

4G対応新プラン「ギガホプレミア」ギガ倍増

新料金プラン「ギガホプレミア」はデータ通信料量が60GB/月となり、月額料金も600円安くなりました。

「ギガホプレミア」は現在の「ギガホ」の新プランとなり、3G/4G通信が可能(5G通信は不可)な料金プランです。

現在「ギガホ」はデータ通信容量30GB/月ですがキャンペーンにより60GB/月、というサービスを提供しています。

これが、新プラン「ギガホプレミア」では標準でデータ通信料量60GB/月、となります。

ココがおすすめ

  • 旧プラン「ギガホ」は30GB/月⇒キャンペーンで60GB/月
  • 新プラン「ギガホプレミア」は標準で60GB/月

月額料金も600円値下げ、割引サービスも適用

また、月額料金も600円安くなりました。

新プラン「ギガホプレミア」は従来プラン通り各種割引の対象となります。

そのうえで、月額基本料金が600円安くなります。

また、「ギガホプレミア」契約で月のデータ通信容量が3GB/月以下の場合には、自動的に月額料金が1,500円割り引かれます。

ギガホ
(現行プラン)
ギガホプレミアム
(新プラン)
基本データ容量 30GB 60GB ~3GB
基本料金 7,150円 6,550円 5,050円
みんなドコモ割
※3回線以上
-1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
dカードお支払割 -170円 -170円 -170円
割引適用後 4,980円 4,380円 2,880円

ココがおすすめ

  • 月額料金が600円/月安くなった
  • データ通信容量3GB/月以下なら自動的に1,500円割引
  • 従来通り各種割引適用

新プランは2021年4月1日より提供開始、旧プランは新規受付終了

新プラン「ギガホプレミア」は2021年4月1日より提供開始となります。

これに伴い、現プラン「ギガホ」は2021年3月末で新規受付終了となります。

注意点としては、新プラン「ギガホプレミアム」「5Gギガホプレミアム」は新料金プランとして提供されるため、現在「ギガホ」「5Gギガホ」をご利用の方は4月1日以降に料金プラン変更をしないとギガ倍増も1,000円値下げも適用されません

「はじめてスマホプラン」FOMAからの移行でおトク

ドコモ新料金プラン「プレミア」

FOMAまたは他社3G契約者向けの低容量・定額プラン

「はじめてスマホプラン」はFOMA契約者、および他社での3G契約者が乗り換える場合に適用可能な料金プランとなります。

ココがおすすめ

  • 1GB/月の低容量
  • 5分かけ放題
  • 月額1,650円、「dカードお支払割」適用で1,480円

月額1,650円、「dカードお支払割」のみ適用可能

「はじめめてスマホプラン」は月額1,650円、割引サービスは「dカードお支払割(170円割引)」のみ適用可能で、適用時は月額1,480円となります。

「dカードお支払割」以外の割引サービス「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」は適用不可です。

ただし、家族で複数回線契約の場合の「みんなドコモ割」の契約回線スにはカウントされます。

「国内かけ放題」オプションも1,000円

「はじめてスマホプラン」は標準で「5分かけ放題」適用されています。

さらに月額1,000円で国内通話が通話時間に関係なく通話料無料となる「かけ放題」オプションを適用することができます。

ahamo(アハモ)への移行手続きが簡単になった

ドコモ新料金プラン「プレミア」

当日(2020年12月18日)の発表で、すでに12月3日に発表されている「ahamo(アハモ)」に関する移行手続きの簡略化も発表されました。

「ahamo(アハモ)」発表時には「システム改修が間に合わない」という利用により、ahamo(アハモ)提供開始(2021年3月予定)から2021年5月まではドコモユーザーも他社移行と同じ手続き(MNP手続き)が必要、と説明していました。

しかし、当日「早期のシステム改修の目処が立った」ということで、ahamo(アハモ)サービス開始当初からドコモユーザーは料金プラン変更としての手続きが可能、と発表しました。

新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表 | NTTドコモ

(発表外)MNP転出手数料が無料になった

また、2020年12月18日にNTTドコモは「他社転出(MNP)手数料を撤廃」を発表しています。

携帯電話番号ポータビリティ手数料の廃止 | NTTドコモ

現在、NTTドコモでは他社へ同番移行(MNP転出)する場合には「他社転出手数料」として3,000円を請求していました。

しかし、2021年4月1日以降はすべての料金プランについて「他社転出手数料を無料」としました。

手続きチャネル 現在 2021/4/1以降
ウェブ窓口(My docomo) 3,000円(税抜き) 0円
店頭(ドコモショップ)
コールセンター
(ドコモインフォメーションセンター)

(発表外)「ギガプラン上限設定オプション」の提供を開始

さらに、2020年12月9日、ドコモは従来プラン「ギガライト」「5Gギガライト」プランについて「上限1GB/月に設定できる機能」を発表しています。

「ギガライト」「5Gギガライト」は最小1GB/月から最大7GB/月まで1GB単位で従量課金となるプランで、以下の料金体系となっています。

使用データ量 月額料金
~1GB/月 1,980円
1GB/月~3GB/月 2,480円
3GB/月~5GB/月 2,980円
5GB/月~7GB/月 3,980円

このように毎月のデータ量従量課金で料金が決まる仕組みですが、今回「上限を1GB/月に設定」できるオプションを発表しています。

この機能により、データ通信量を確実に1GB/月に収めることができ、月額料金を1,980円固定とすることができます。

つまり「安くしたいけど、思わず使いすぎた(1GB/月を超えた)」ということを防止するオプションです。

「ギガプラン上限設定オプション」の提供を開始 | NTTドコモ

この機能は2021年3月1日より提供開始されます。

この機能により、最安1,980円で1GB/月のプランとすることができます。



ドコモはどうなる?今後の料金プラン戦略

ドコモ新料金プラン「プレミア」

料金プランの体系

2021年4月以降、ドコモが提供する料金プランは以下のようになります。

Premier
プレミア
  • ギガホプレミア/5Gギガホプレミア
    ⇒ 新料金プラン
  • ギガライト/5Gギガライト
    ⇒ 従来プラン/上限設定オプション付き
  • はじめてスマホプラン
    ⇒ FOMA/他社3G回線契約からの乗換
New
ニュー
  • ahamo(アハモ)
    ⇒ 月額2,980円で20GB/月と5分かけ放題
Economy
エコノミー
  • 未発表

なお、従来プランをご利用の方は継続して従来プランを利用することができます。

つまり、「ギガホ」「5Gギガホ」をご利用の方は「ギガホプレミア」「5Gギガホプレミア」にプラン変更しなければ、ギガ増量にもならないし月額料金も安くなりません。

サービス・割引の適用体系

また、新料金プランにおける各種サービス・割引適用の条件は以下のようになります。

ブランド プラン 店舗
サポート
みんな
ドコモ割
ドコモ光
セット割
dカード
お支払割
回線契約数
のカウント
Premier
プレミア
5Gギガホプレミア
ギガホプレミア
5Gギガライト
ギガライト

はじめてスマホプラン × ×
New
ニュー
ahamo(アハモ)

× × × × ×

「はじめてスマホプラン」は契約回線数にはカウントされる

「はじめてスマホプラン」への割引は「dカードお支払割(170円/月の割引)」のみ適用となりますが、一方で家族で複数回線契約の場合には「みんなドコモ割」の契約回線数にはカウントされます。

ココに注意


「はじめてスマホプラン」の割引適用の注意点

  • 「はじめてスマホプラン」は「みんなドコモ割」適用対象外
  • ただし、「みんなドコモ割」の契約回線数にはカウントされる

「ahamo(アハモ)」は割引適用なし、店舗サポートなし

ahamo(アハモ)は「デジタルネイティブ向け料金プラン」と位置付けられており、手続き・サポートはすべてオンライン(ネット)で行うプランとなります。

店舗(ドコモショップ)での手続き・サポートを受けることはできません。

また、各種割引サービスは適用対象外、ドコモの継続利用期間もリセットされます。

ココに注意


「ahamo(アハモ)」の注意点

  • 割引サービス適用なし
  • 契約回線数にもカウントされない
  • 店舗(ドコモショップ)でのサポートなし

「みんなドコモ割」の契約回線数を稼ぐなら

家族で複数回線契約がある場合に回線数に応じて割引してくれるのが「みんなドコモ割」です。

この場合、家族で3回線以上の契約がある場合に最大割引額1,000円が適用されます(2回線なら500円割引)。

このため、「小容量でいいけど回線契約数は3回線を確保したい」という場合には「ギガライト/5Gギガライト」に「上限設定オプション」を適用して「1,980円で1GB/月」とすることになります。

また、家族内にFOMA契約の方がいれば「はじめてスマホプラン」に契約変更すると良いでしょう。

さらに小容量なら「エコノミー」に期待

NTTドコモではahamo(アハモ)よりさらに低容量・低価格のプランを「Economy(エコノミー)」と位置付けています。

たとえば「月に1GB~3GBあれば十分!」という方向けのプランです。

そして「Economy(エコノミー)」はパートナー事業者(MVNO事業者)と協業して導入していく」と発表しています。

つまり、たとえば格安SIMの「OCNモバイルONE」など

まずは新料金プランへプラン変更しよう

2020年12月18日に発表された新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」は従来プランよりギガ増量して1,000円安くなりました。

しかし、これは「新料金プラン」であり、従来プラン「ギガホ」「5Gギガホ」とは別プランという位置づけです。

つまり、従来プラン「ギガホ」「5Gギガホ」をご利用の方は新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」へ料金プラン変更しないと「ギガ増量・1,000円安くなる」は適用されません

従来プラン「ギガホ」「5Gギガホ」をご利用の方は自動的にプラン変更されないため、忘れずにプラン変更してください。



まとめ、最新スマホ情報

20GB/月で足りるなら「ahamo(アハモ)」一択

auとソフトバンクも追随してくるかもしれませんが、現状「20GB/月で足りる!」という場合にはahamo(アハモ)一択となるでしょう。

月額2,980円で「20GB/月まで」「5分かけ放題」「海外でも使える」「4G/5G通信が使える」と、現時点ではもっともコスパの高い料金プランになっています。

一方で、「店舗サポートは受けられない」「各種割引適用されない」「キャリアメールは使えない」などの変更点もあり、注意は必要です。

「3GB/月」「電話はいらない」ならUQモバイル

また「月に20GBもいらない」「3GB/月あれば十分!」「電話はほとんど使わない、無料通話は不要!」という方はUQモバイル「スマホプラン(S)」が最安の選択となります。

UQモバイル「スマホプラン(S)」は月額1,980円で「3GB/月」「無料通話は別途オプション」という料金体系であり、条件が合えばahamo(アハモ)よりさらに月額1,000円安く使えます。

管理人

こんな人は「ahamo(アハモ)」よりUQモバイル「スマホプラン(S)」

  • Wi-Fiあるから月に3GBもあれば十分
  • 電話なんてほとんどかけない

2020/12/22追記:プラン改定でワイモバイル「シンプル(S)」もおすすめ

2020年12月22日にソフトバンクの「新しい料金サービスに関する発表会」が開催され、ソフトバンクの新ブランド・新料金プランが発表されました。

この中でUQモバイルのライバルであるワイモバイルブランドからも新料金プラン「シンプル(S/M/L)」が発表されました。

従来からのスマホベーシックプランでは「10分かけ放題」が標準装備でその分だけ月額料金が高くなっていましたが、今回発表の新プラン「シンプル(S/M/L)」より無料通話がオプション化され、その分の月額料金が安くなりました。

つまり、プラン的には「UQモバイル」と同じ仕様となりました。

さらに「シンプル(S/M/L)」なら「4G通信/5G通信標準対応」とパワーアップ。

「月に20GBもいらない」「3GB/月あれば十分!」「電話はほとんど使わない、無料通話は不要!」という方はワイモバイル新料金プラン「シンプル(S)」が最安かつ最新サービス対応の選択となります。

20GB/月以上使うなら「プレミア」、ただし楽天モバイルもアリ!?

そして「20GB/月以上は使う」「家族みんなでドコモなので割引必要」という場合は、本日発表の「プレミア」プランへプラン変更すると良いでしょう。

今までと同じ割引が適用され、さらに月額料金が1,000円安くなります。

注意点として、現プラン「5Gギガホ」「ギガホ」をご利用の方は、新プラン「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」へプラン変更しなければ安くならない、という点です。

また、自宅が楽天モバイル「UN-LIMIT V」の自社回線エリア内であれば、楽天モバイルも検討する価値があります。

楽天モバイル「UN-LIMIT V」は自社回線エリアなら「ギガ無制限」「Rakuten LINKで音声通話料金無料」と、ahamo(アハモ)や新プラン「プレミア」以上のサービスとなっています。

ただし、問題は自社回線エリアの狭さです。

楽天モバイルでは現在「プラン料金1年無料」「初期費用・解約費用・他社転出無料」なので、興味がある方は一度無料お試ししてみることをおすすめします。

管理人

こんな人は楽天モバイルを1年間無料お試し

  • 月に20GBじゃ全然足りない!
  • 自宅・行動範囲は楽天モバイルの自社回線エリア



-docomo & ドコモ光セット割

© 2021 格安スマホのマニュアル