最新スマホ情報

HUAWEI P10 lite発表、UQモバイル・ワイモバイルで実質108円、OCNモバイルONE最安6,800円

投稿日:2017年6月9日 更新日:

HUAWEI P10 liteカラーバリエーション
HUAWEIから最新型スマホ3機種が発表されました。

  • HUAWEI P10
  • HUAWEI P10 Plus
  • HUAWEI P10 lite

この中で「HUAWEI P10 lite」は昨年のベストセラーモデル「HUAWEI P9 lite」の後継機であり、今年に入ってからのモデルである「HUAWEI nova lite」の後継でもあります。どちらも高性能ながら非常にコスパの高いモデルとして今でも人気のあるスマホですが、その中で発表された「HUAWEI P10 lite」を見ていきます。


HUAWEI P10 lite 基本情報

本体基本スペック

HUAWEI P10 lite 基本スペック

名称 HUAWEI P10 lite
チップセット Kirin658 オクタコアCPU(4×2.1GHz + 4×1.7GHz)
OS Android 7.0 + EMUI5.1
ディスプレイ 5.2インチ FHD(1,080 × 1,920)
メモリー RAM:3GB/ROM:32GB
MicroSDスロット最大128GB
カメラ リアカメラ:200万画素、1.25μmピクセル
開口部F2.2、像画位相差AF+コントラストAF
電子式手振れ補正
フロント:800万画素、開口部F2.0、FF
バッテリー 3,000mAh(一体型)9V/2A急速充電
サイズ 高さ約146.5mm×幅約72.0mm×厚さ約7.2mm
質量 約146g
カラー サファイアブルー、プラチナゴールド、パールホワイト、ミッドナイトブラック
通信方式 FDD-LTE:B1/3/5/7/8/19/26(au VoLTE対応予定)
TDD-LTE:B41
2CA対応
WCDMA:B1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900Mhz
セカンダリーSIM:GSMの上記の周波数
通信速度 国内:受信時最大262.5Mbps、送信時最大50Mbps
その他 センサー:加速度、コンパス、ジャイロ、近接、環境光、指紋
Bluetooth V4.1 LTE
Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.0GHz)
Nano-SIM×2

特徴

旧モデル「HUAWEI P9 lite」や「HUAWEI nova lite」と性能比較すると、CPUは「Kirin650⇒Kirin655⇒Kirin658」と進化しています。

前モデル「nova lite」のKirin655でも通常利用には十分な性能であることから、よほどヘビーなゲームユーザーでなければ、「HUAWEI P10 lite」は十分な性能といえます。

また、P9 liteでは少々酷評されていたメモリー容量ですが、P9 liteのRAM2GB/ROM16GBからP10 liteではRAM3GB/ROM32GBと増量されています。

大きさ

大きさ、重さは昨年機種のP9 liteとほぼ同等、ディスプレイサイズも5.2インチ(FHD)と同等です。

ネットワーク

昨年モデルのP9 liteはドコモおよびソフトバンクのネットワークにはフル対応しながら、auネットワークには日対応であり、別モデル「HUAWEI P9 lite PREMIUM」としてUQモバイル専用スマホとしてau対応されています。

今回のP10 liteは最初からドコモ・ソフトバンク・auの国内ネットワークにフル対応です。しかも、au VoLTEにソフトウェアバージョンアップにて後日対応することをリリースしています。

UQモバイルでのP10 lite販売が「6月下旬」とアナウンスされていることから、6月中にはauネットワークに対応したソフトウェアバージョンアップが行われると思われます。

DSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)

P10 liteはnanoSIMのデュアルSIM構造となっています。

しかし、国内利用可能な4G/3gのSIMを刺すと、もう一方のSIM側はGSM(2G)での動作となります。つまり、国内での4G/3G同時利用はできません

価格・販売チャネル

想定価格として29,980円とアナウンスされています。

多くの格安SIM(MVNO)でのセット販売や、家電量販店でも販売を行うようで、SIMセットでも単体でも比較的入手しやすい状況です。

最安ではOCNモバイルONE(goo SIMSeller)での21,800円(gooポイントクーポン利用時)となっています。

P9 liteやnova liteが非常に安く販売されており、auネットワークへのこだわりがなければ前モデルのHUAWEI nova liteを選ぶのも十分にアリです。

HUAWEI P10 lite販売チャネル

HUAWEI P10 lite販売チャネル

UQモバイル(実質108円最安)

UQモバイルの新料金プラン「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」とのセット販売での購入ができます。

「ぴったりプランS/M/L」「おしゃべりプランS/M/L」すべての料金プランにおいて、実質108円で購入できます

「ぴったりプランS/M/L」「おしゃべりプランS/M/L」
分割払い(24回) 一括払い
頭金・一括代金 108円 33,804円
分割割賦金(24回) 1,404円 -
マンスリー割(24回) -1,404円 -1,404円
実質端末代金 108円

そしてさらに、現在UQモバイルでは最大13,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

キャンペーンを適用してスマホセットを購入することでさらにお得に「HUAWEI P10 lite」を購入することができます。


Y!mobile(ワイモバイル)(実質108円最安)

Y!mobile(ワイモバイル)の新料金プラン「スマホプラン」とのセット販売での購入ができます。

「スマホプランM/L」の料金プランにおける「新規・MNP(ソフトバンク以外)」において、実質108円で購入できます

ポイント

  • Y!mobile(ワイモバイル)では公式サイトのオンラインショップ以外に、Yahoo!JAPANが運営する「Yahoo!モバイル」と提携したオンラインショップを展開しており、「HUAWEI P10 lite 実質108円」はYahoo!モバイルでの新規・MNPでの販売価格となります。
  • Yahoo!モバイルでの販売は分割払いのみとなります
「スマホプランS」 「スマホプランM/L」
新規
MNP(ソフトバンク以外)
MNP(ソフトバンク) 新規
MNP(ソフトバンク以外)
MNP(ソフトバンク)
頭金 11,642円 11,642円 108円 11,642円
分割割賦金(24回) 864円 864円 864円 864円
月々割(24回) -432円 - -864円 -
実質端末代金 22,010円 32,378円 108円 32,378円

Y!mobile(ワイモバイル)の現在実施中のキャンペーン情報はこちらから。


OCNモバイルONE(最安6,800円)

販売終了

格安SIMとのセット販売「らくらくセット」で最安なのがOCNモバイルONEです。

3/1より「総決算セール」を開催しているOCNモバイルONEではキャンペーン価格として一括6,800円(税抜き)でセット販売中です。

現時点(2018/3/1時点)では、おそらく最安でしょう。


BIGLOBE(キャッシュバックで実質13,160円)

販売終了

BIGLOBEではセット販売で29,760円(1,240円×24回)ですが、現在「15,600円キャッシュバックキャンペーン」を実施中、さらに音声通話SIMとのセット購入であればGポイント1,000Gptが貰えるので、、実質16,600円割引で、実質は13,160円となります。

ただし、音声通話プランの1.1GBプランはキャンペーン対象外なので注意!

また、BIGLOBEモバイルではスマホセットの場合、端末代金は24回分割払いのみとなり一括払いはできません。

NifMo(キャッシュバックで実質最安5,667円)

NifMoでは、セット販売で一括26,667円(税抜き)、24回分割1,112円(税抜き)と発表されています。

NifMoでは最大21,000円のキャッシュバックキャンペーン中なので、最安では実質5,000円程度となります。

プラン キャッシュバック金額
データ通信専用タイプ
SMS対応タイプ
音声通話対応タイプ
3GBプラン 17,800円 20,000円
7GBプラン 17,800円 21,000円
13GBプラン 17,800円 21,000円

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioでの「HUAWEI P10 lite」販売価格は一括払い26,800円、24回分割払い1,200円(総額28,800円)です。


mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)での販売価格は27,600円です。

mineo(マイネオ)での発売日は「7月下旬」とアナウンスされており、HUAWEI P10 liteがau VoLTE対応後にAプラン(auプラン)およびDプラン(ドコモプラン)両対応の端末として発売されると想定されます。

※「HUAWEI P10 lite」はソフトウェアアップデートによりau VoLTE対応予定

mineo(マイネオ)では、現在月額基本料金を6か月間900円割引してくれるキャンペーンを実施中です。


exciteモバイル

exciteモバイルでは、一括払い27,800円(税抜き)となります。

分割払い(24回)では、月々1,158円となり総額27,792円となりますが、exciteモバイルでの分割払いはカード会社での分割の仕組みを使っており、カード会社ごとの規定の手数料が別途必要となります。

exciteモバイルではキャッシュバックキャンペーンを実施中、これによりSIMとのセット購入においてさらに若干お得に購入することができます。


イオンモバイル

イオンモバイルでの販売価格は29,980円です。定価販売ですね。しかし、新規加入者についてはSIM契約手数料とのセット割引のキャンペーンを実施中です。

本体価格29,980円と契約手数料3,000円の合わせて32,980円のところ、5,000円割引の27,980円でセット契約ができるキャンペーンです。

つまり、新規契約で実質本体26,980円となります。


DMMモバイル

DMMモバイルでは、一括払い26,800円となります。通話SIMもデータ通信SIMでも同額ですが、この機種「HUAWEI P10 lite」では分割払いは選択できません(一括払いのみ)。

DMMモバイルでは、新規加入時のセット購入だけではなく、すでにDMMモバイルをご利用の方の「追加購入・機種変更」でも同額で購入することができます。

販売形態 一括払い 分割払い
24回払い 実質価格
音声通話SIMセット 26,800円 - -
データ通信SIMセット
シェアSIM追加セット
機種変更・端末追加




-最新スマホ情報

Copyright© 格安スマホのマニュアル , 2018 All Rights Reserved.